本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



パ・リーグ「4番打者」点検!楽天・浅村は納得の◎、期待値の高かったジョーンズは…
ファンの期待を一身に背負い、試合を決める働きを求められる「4番打者」。その重責を担うパ・リーグの6人は、果たして期待に応えられているのか。ここまでの試合で見せたインパクトや、打率、本塁打、打点といったスタッツをもとに、彼らのパフォーマンスを査定しよう。...
別窓で開く

「大河、下向くなよ!」伸び悩む平沢大河にマリーンズファンが抱く歯がゆさと期待
プロ5年目を迎えた平沢大河(ロッテ)。右ヒジ痛の影響もあり二軍スタートとなった今季は、ここまで8試合に出場して20打数2安打、打率.100(7月7日試合終了時点)と苦しんでいる。 3日の巨人戦では2番・遊撃で出場。無死一塁で迎えた第1打席は、変化球が止めたバットに当たり三塁ゴロ。2死一、三塁の好機で...
別窓で開く

【今週のパ・リーグ展望】怪我から復帰の千賀が絶好調・楽天と対決! ロッテは本拠地で西武相手に巻き返せるか
●ソフトバンク−楽天(PayPayドーム)【予告・予想先発】7日(火)千賀滉大−弓削隼人8日(水)ムーア−涌井秀章9日(木)バンデンハーク−塩見貴洋10日(金)東浜巨−則本昂大11日(土)板東湧梧−岸孝之12日(日)石川柊太−石橋良太 首位の楽天が敵地に乗り込んで3年連続日本一のソフトバンクとの6連...
別窓で開く

史上初の同一カード6連敗に山岡泰輔の負傷離脱…オリックスはこの苦境をローテ再編で打開できるか
6月23日からZOZOマリンスタジアムに乗り込み、ロッテと6連戦を行ったオリックスが、まさかの同一カード6連敗を喫した。 開幕とともに話題になった超攻撃型打線は25日から組み替えられ、開幕ローテーション入りを果たしたK-鈴木とルーキーの村西良太は僅か1試合でファームに降格。...
別窓で開く

「心の中で“お願い”と叫んでいた」レアードの決勝アーチでロッテが7年ぶりの8連勝&史上初の“6タテ”を達成!
ロッテ6−5オリックス/6月28日/ZOZOマリン 千葉ロッテマリーンズは28日、本拠地ZOZOマリンスタジアムでオリックス・バファローズと対戦し、6対5と接戦に勝利。ロッテはオリックスとの6連戦で史上初めての“6タテ”を達成した。...
別窓で開く

【27日の公示】オリックス山岡泰輔が左脇腹の故障で抹消。代わって新外国人T・ヒギンスが登録
27日のプロ野球の公示が発表され、オリックスは開幕投手の山岡泰輔の出場選手登録を抹消した。 山岡は26日、ZOZOマリンスタジアムでのロッテ戦に先発登板。ロッテ1番の荻野貴司を中飛に打ち取り、2番角中勝也に2球投じたタイミングで左脇腹に違和感を訴え、緊急降板していた。 27日午前、山岡は「左内腹斜筋...
別窓で開く

【今週のパ・リーグ展望】西武はソフトバンク相手にCSのリベンジを果たせるか。日本ハムは新人・河野に期待
開幕第2週を迎えたパ・リーグでは、これまで例にない同一カード6連戦が始まる。各カードの注目ポイントを整理しておこう。●西武−ソフトバンク(メットライフ)【予告・予想先発】23日(火) 高橋光成−ムーア24日(水) 今井達也−石川柊太25日(木) 本田圭佑−バンデンハーク26日(金) ニール−東浜巨2...
別窓で開く

プロ野球の開幕カード&日程発表!西武とヤクルトは本拠地15連戦、巨人は神戸で7年ぶりの主催ゲームも
日本野球機構は6月1日、19日から始まるセ・パ両リーグの試合日程を発表した。新型コロナウイルス感染拡大により、当初予定されていた3月20日の開幕から約3ヵ月遅れでの“幕開け”を迎えるにあたり、対戦カード、球場ともにいくつかの変更がなされている。 セ・リーグの開幕カードは巨人−...
別窓で開く

【若手有望株ランキング:1〜10位】“怪物”佐々木をはじめ19年ドラフト組やファームの首位打者がトップ10入り
未来のプロ野球を担う若手有望株は誰か。将来性、潜在能力、ポジションを考慮しながら2020年のプロスペクト(若手有望株)・ランキングを作成した。1〜10位は、将来メジャーにも通用しそうなスターの大器が集まった。...
別窓で開く



<前へ123456789次へ>