本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロッテ“チバユニ”大リニューアル! 安田尚憲「力強さを感じさせるユニホームだと思います」
千葉ロッテマリーンズは、2022年シーズンが球団の千葉移転30周年にあたることを契機として、ALL FOR CHIBAユニホームをリニューアルすると発表した。...
別窓で開く

2021プロ野球 「劇的すぎたサヨナラシーン」5選
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、2021年のプロ野球で特に印象に残った「サヨナラ打」にまつわるエピソードを紹介する。【プロ野球ロッテ対ソフトバンク】9回、サヨナラ本塁打を放ったロッテ・岡大海=2021年10月15日 ZOZOマリンスタジアム 写真提供:産経...
別窓で開く

「下剋上ができるのはロッテしかいない」ロッテのCSファイナルステージ進出にファン歓喜!ぺこぱ松陰寺からも祝福の声
プロ野球パ・リーグのクライマックスシリーズ・ファーストステージ第2戦が11月7日、ZOZOマリンスタジアムで行なわれ、リーグ2位のロッテとリーグ3位の楽天が対決。試合は4−4で引き分け、第1戦で先勝したロッテがファイナルステージ進出を決めた。 ロッテのファイナルステージ進出に、ファンから期待の声が続...
別窓で開く

25年ぶり優勝に名参謀・水本勝己ヘッドの存在。「勝つ喜び」を忘れたオリックスを変えた術とは
オリックスが10月27日、1996年以来、25年ぶりのリーグ優勝を果たした。2年連続最下位からの、大躍進の背景には中嶋聡監督を支える参謀の存在があった。「僕の仕事は、福良(淳一)ゼネラルマネジャー(GM)を支え、チームに化学反応を起こすこと」。宮田隆・GM補佐がチームの変化に期待感を示したのは、今年...
別窓で開く

故障を乗り越えて大輪の花を咲かせた5球団競合右腕・佐々木千隼の決意<SLUGGER>
Perfumeの『FLASH』が、ZOZOマリンにこの男が登場する合図だ。静かなイントロから徐々に盛り上がっていく曲調が、自然と球場のムードを盛り上げる。今や、彼がマウンドに上がればマリーンズファンはチームの勝利を確信するまでになった。「8回の男」として定着した佐々木千隼のことだ。 今シーズンの佐々...
別窓で開く

ロッテが母の日に着用したピンクユニフォームをオークション販売!ヒーローの柿沼ほか対象は16選手
千葉ロッテマリーンズは6月1日、5月9日の母の日、対オリックス戦(ZOZOマリンスタジアム)で、選手たちが実際に着用したピンクユニフォームを、マリーンズオンラインストアにて、メモラビリア商品としてオークション販売することを発表した。 対象となる選手は以下の16名。...
別窓で開く

【パ・リーグ第2節展望】シーズン初勝利を目指すロッテに立ちはだかる楽天・岸。王者ソフトバンクは開幕6連勝なるか?
開幕シリーズは昨季覇者のソフトバンクが3連勝の好スタートを切った。王者の底力に他球団は驚かされたかもしれないが、まだシーズンは始まったばかり。今日から始まる第2節は、前節で負け越したオリックス、日本ハム、ロッテいずれもがホームで戦う。つまり、本拠地に戻って仕切り直しの3連戦となるわけである。どう巻き...
別窓で開く

オリックス山岡泰輔が8500万円で契約更改!「頑張れるような金額で、納得した」〈SLUGGER〉
12球団で最後まで契約更改交渉が遅れていたオリックスの山岡泰輔投手が27日、大阪市内の球団施設で初の契約更改交渉を行い、1500万円減の8500万円(推定)でサインした。コロナ禍で下交渉の遅れなどから越年し、キャンプ地への移動(30日)の3日前という異例の更改となった。...
別窓で開く

「自分は思い切ってやるだけ」ロッテの2年目・藤原恭大が攻守に躍動!チームも接戦を制し、単独2位浮上
ロッテ4−3オリックス/11月7日/ZOZOマリン ロッテがオリックスに逆転勝利。CS出場を争う西武との直接対決を前に、単独2位に浮上した。 1回表に4番モヤの二塁打で先制したオリックスに対し、ロッテが反撃したのは4回。二死一、二塁とオリックスの先発・榊原翼を攻め、打席には2番藤原恭大。初球をとらえ...
別窓で開く

いよいよ大詰め!ロッテ・西武・楽天が三つ巴で争うCS枠を勝ち取るのは一体どのチーム?
パ・リーグのCS争いが熾烈を極めている。 3年ぶりのリーグ優勝を決めたソフトバンクへの挑戦権をめぐり、ロッテ・西武・楽天の3チームが激しい争いを繰り広げている。11月1日を終えた時点で、2位・ロッテと3位・西武のゲーム差は1.5、西武と4位・楽天のゲーム差が1。2.5ゲーム差に3チームがひしめく状況...
別窓で開く