本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



なぜ佐々木朗希は「投げづらい」球場で完全試合をできたのか。19奪三振記録保持者の野田浩司が解説
 高卒3年目の佐々木朗希(ロッテ)が、今シーズン3試合目の登板となった4月10日のオリックス戦(ZOZOマリンスタジアム)で、28年ぶり、史上16人目の完全試合を達成した。 そればかりか、従来の9連続奪三振を大幅に更新する「13連続奪三振」、1995年の野田浩司(オリックス)に並ぶ日本タイ記録の「1...
別窓で開く

「不快な思いをさせてしまった」ボール判定に“土下座”の日ハム伊藤大海が謝罪。千賀滉大は「ベテランなった時に流されてほしい」と反応
4月16日、ZOZOマリンスタジアムでロッテと対戦した日本ハムは、11対4と快勝。今季3度目の先発登板となった伊藤大海が、5回3失点でシーズン初勝利を挙げたものの、試合中に取った“土下座ポーズが話題を集めている。【PHOTO】全勝で金メダル!侍ジャパンの激闘をベストショットで一挙公開! ...
別窓で開く

「佐々木朗希の105球」を現地で観たファン、観られなかったファン、それぞれの“あの一日”
 これほどまでに「プレーボールから見ときゃよかった……ZOZOマリンで……」と後悔した日はない。 言うまでもなく佐々木朗希・完全試合のことである。《スポーツのニッチなところを押さえる》というモットーを胸に活動しているので、週末の昼は「今日はどのスポーツを観ようかな」という選択に迫られる。...
別窓で開く

声優界随一のサイクリスト・野島裕史が、自転車をテーマにお届けしているTOKYO FMの番組「サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン」。4月10日(日)の放送は、野島裕史のサイクルコラム「エクストリームスポーツ」をお届けしました。...
別窓で開く

阪神園芸の職人技も! 赤星憲広が教える甲子園球場での外野守備
野球は、球場によって環境が全く違うスポーツ。球場の状態はもちろん、その土地特有の現象や観客もプレーに影響してくると、阪神タイガースで不動のセンターだった赤星憲広氏は語ります。今回は、球場の特徴や地理による環境の違いについて、対策法も交えながら解説します。※本記事は、赤星憲広:著『中堅手論』(ワニブッ...
別窓で開く

山之内すす?、ウェービーな“イケメンウルフヘア”に「えっぐー!!!!」「大人やん」と注目集まる
山之内すず、雰囲気一変のウルフヘアを公開 モデルで女優の山之内すずが、4月15日に自身のInstagramを更新。ハンサムなヘアスタイルを披露し、「まじイケメン」「クールで素敵です」とネット上で反響を呼んでいる。...
別窓で開く

唐田えりか 再起賭けるプロレスラー役に苦戦…5キロ増量もダメ出し連発
4月上旬、東京近郊の道場に若い女性たちが集まってきた。そのなかに白のニット帽にカーキのブルゾンというカジュアルな服装の唐田えりか(24)が。この数日前には黒のコートとデニムに身を包んだ剛力彩芽(29)の姿があったーー。「2人はNetflixのドラマ『極悪女王』で伝説のプロレスラーを演じるためのトレー...
別窓で開く

「それに、僕はオリックスOBですから(笑)」佐々木朗希が“抜けなかった”19奪三振記録 野田浩司氏が語る期待感と正直な気持ち
「19奪三振という記録は同じですけど、僕は160球以上投げてヒットもフォアボールも食らってますからね。完全試合で19奪三振した佐々木君はレベルが全然違いますよ。ただ記録というのは破られるものですけど、実際に抜かれたらちょっと寂しい気持ちにはなるかもしれませんね。...
別窓で開く

“佐々木と渡部”の奇妙なジンクスが話題! 過去の悲劇まで掘り返されて…
4月10日、『千葉ロッテマリーンズ』の佐々木朗希投手が、完全試合の偉業を達成。これをキッカケに、対戦相手である『オリックス・バファローズ』の外野手・渡部遼人選手との関係が話題になっているようだ…。「ロッテ」の本拠地である『ZOZOマリンスタジアム』で行われた一戦。今季3度目の登板となった佐々木投手は...
別窓で開く

—[17の閃光〜佐々木朗希物語〜]— ◆大記録を達成した夜は“令和の怪物”も眠れなかった さすがの“令和の怪物”も眠りにつくことができなかった。4月10日、ZOZOマリンスタジアムでのバファローズ戦。佐々木朗希投手が完全試合を達成した。1994年の槇原寛己(巨人)以来、28年ぶり。21世紀に入って初...
別窓で開く