本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



かつての“天才卓球少女”前田美優、15歳で訪れた転機 「不思議な光景」と「新たな価値観」とは
福原愛さん、石川佳純に次ぐ“愛ちゃん3世”として名を馳せていた天才少女は、今、Tリーガーとしてプレーしている。日本生命レッドエルフに所属する前田美優(まえだみゆ・24歳)のことだ。前田は、全日本選手権混合ダブルスで、世界選手権金メダルの吉村真晴/石川佳純ペアを下したことがあるダブルス巧者だ。...
別窓で開く

「選手は五輪に命懸け。今の私はコメントが毎回勝負」【平野早矢香に聞く】(第4話/全5話)
写真:平野早矢香氏/撮影:田口沙織今、平野早矢香に、東京五輪について聞きたい。ロンドン五輪で日本女子卓球界初の五輪銀メダルを獲得、日本中に卓球フィーバーを巻き起こした。そして自身はリオ五輪代表に入れなかったことを契機に、現役引退を決めた。五輪への思いは人一倍強いはずの平野氏は今、延期された東京五輪、...
別窓で開く

水谷隼を追い詰めた試合の裏側 笠原弘光が明かす“じゃんけん研究事件”の真相
写真:笠原弘光(シチズン時計)/提供:笠原弘光“水谷世代”笠原弘光(シチズン時計)は、早稲田で大学日本一を勝ち取り、関東学生リーグでは前人未到の54勝2敗という成績を残した。ただ、その2敗を喫した相手が水谷隼(木下グループ)。笠原の前にはいつも“同世代の怪物”水谷が立ちはだかっていた。大学卒業後、笠...
別窓で開く

「試合のない今、大切な二つのこと」【私のホカバ時代・平野早矢香】(第3話/全5話)
写真:平野早矢香氏/撮影:田口沙織「先の試合の見えない現在、選手にとって大切なことは」そう質問すると、平野早矢香氏は今、そのことを考え続けているのだろう、その答えは熱を帯びていた。平野早矢香氏に聞く全5回連載の第3回目は、自身の現役時代の経験から導いた、平野氏らしい誠実なアドバイスをお届けする。...
別窓で開く

最近は「卓球ジャパン!」の鬼と呼ばれて【平野早矢香に聞く】(第1話/全5話)
写真:平野早矢香氏/撮影:田口沙織氏テレビの向こうから、柔らかな表情で的確な言葉を紡いで解説をする平野早矢香氏。現役時代を知らない世代からすると「なぜ、鬼?」と不思議に思うかもしれない。ロンドン五輪銀メダリスト、全日本優勝5回。現役時代は鬼気迫る表情でプレーし、その勝負強さも相まって、“卓球の鬼”と...
別窓で開く

伊藤美誠と平野美宇の微笑ましい動画をITTF公開 海外ファンから「可愛すぎる」の声
写真:2014年グランドファイナル優勝の伊藤美誠・平野美宇/撮影:YUTAKA/アフロスポーツ国際卓球連盟(ITTF)は、公式インスタグラムで伊藤美誠(スターツ)と平野美宇(日本生命)の“みうみま”コンビの微笑ましい過去動画をアップした。可愛すぎると絶賛の声動画では平野と伊藤がラケットのグリップを使...
別窓で開く

住まい探しに失敗...? 行き倒れたスーモが路上で発見される
突然だが、こちらの画像をご覧いただきたい。道端にぬいぐるみが落ちている。天を仰ぎ見る緑色の物体。どこかで見たこと、ないだろうか。丸いボディ、目はまんまる...。そう、物件情報サイト「SUUMO」のマスコットキャラクター「スーモ」くんだ(ちなみに公式サイト「スーモの部屋」によると「10030歳のオスー...
別窓で開く

道を歩いていたら行き倒れたスーモに遭遇 保護した話に心温まる?
 突然ですが皆さんに質問です。もしある日突然目の前に「誰もが知っているあの子」が行き倒れていたらどうしますか?そんな場面に遭遇してしまった人との心温まる交流がTwitter上で話題となっております。 “発見者”は横浜市在住のフィンランド音楽事業家のYutaka Shiomiさん。近くを歩いていたとこ...
別窓で開く

【今週の日本の卓球】男女ナショナルチーム、合宿を再開へ
写真:石川佳純(全農)/提供:ittfworld卓球界は、再開に向け動き出している。日本卓球協会は、6日、男女ナショナルチームの合宿を22日から再開することを明らかにした。一方で、世界卓球団体戦・釜山大会は、2021年に再延期することを大会組織委員会に求めると国際卓球連盟が発表した。6月1日週にあっ...
別窓で開く

「人生、後悔したくなかった」青森山田“三枚看板”町飛鳥の決意<前編>
東京五輪代表内定の丹羽孝希と中高大チームメート、インターハイ団体3連覇、全日本卓球選手権シングルス準優勝、岡山リベッツ所属のTリーガー。プロ卓球選手・町飛鳥(鹿児島県体育協会)を形容する言葉の数々だ。町は、青森山田の同級生である丹羽孝希、吉田雅己とともに常に卓球界の第一線で活躍してきた。...
別窓で開く


[ yutaka ] の関連キーワード

ittf ジャパン