本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「残念である」大谷翔平のトレード断念にヤンキース専門サイトは悔恨の念!?「我がチームは本気のオファーを出していた」
現地時間8月2日に迫ったトレード・デッドラインに向け、メジャーリーグでは移籍に関する話題が錯綜。そのなかでひと際話題となったのは、ロサンゼルス・エンジェルスが大谷翔平を今夏は放出しない見込みだというニュースだった。 米紙『New York Post』の敏腕ジョン・ヘイマン記者が伝えたところによれば、...
別窓で開く

「なんら衝撃的ではない」米移籍専門サイトが大谷翔平の“残留”に見解!ヤンキースらのオファーも「どれだけ真剣だったか分からない」
今夏は残留が決定的となったようだ。現地時間8月1日、米紙『New York Post』は、ロサンゼルス・エンジェルスは大谷翔平を8月2日(現地時間)の期限までにトレード放出せず、チームに残す方針を固めたと報じた。 同紙の敏腕記者ジョン・ヘイマン氏のレポートによれば、大谷の獲得には水面下でニューヨーク...
別窓で開く

大谷翔平、決定的となったエンジェルス残留はなぜ? ヤンキースらが動いた舞台裏「オオタニを去らせたくはなかった」
今夏の“エポックメーキングなトレード”は実現しないようだ。 現地時間8月1日、米紙『New York Post』は、ロサンゼルス・エンジェルスは大谷翔平を8月2日(現地時間)の期限までにトレード放出せず、残留させる方針を固めたと報じた。...
別窓で開く

トレードの可能性は限りなくゼロ。——大谷翔平の残留報道に失望の声殺到「望みが消えた…」「ヤンキースのユニ着てる大谷も見たかった」
トレードの可能性が取りざたされていたロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平。現地時間8月1日、米紙『New York Post』の敏腕記者ジョン・ヘイマン氏によって、トレードの望みが無くなったことが伝えられた。 トレード期限となる米東部時間2日午後6時(日本時間3日午前7時)を前に同記者は、「ヤンキー...
別窓で開く

大谷翔平か、ジャッジか? MVPを巡る議論が白熱! 米記者のヤンキース主砲推挙に異論噴出「オオタニはルース以外に比較できない」
「もうくだらない、でっち上げられたような議論はやめにしよう。アーロン・ジャッジはアメリカン・リーグのMVPだ」 これは、米紙『New York Post』などに寄稿する敏腕記者ジョン・ヘイマン氏が現地時間7月29日に投稿したツイートだ。彼はシーズン後半戦に突入したメジャーリーグで話題となっているテー...
別窓で開く

“ベースボールの吟遊詩人”ロジャー・エンジェルとの「終の別れ」。データではなく野球人生の機微を描き続けた不世出のコラムニストの生涯<SLUGGER>
史上最も愛された野球ライターの一人で、老舗雑誌『The New Yorker』で長年健筆を振るったロジャー・エンジェルが亡くなった。101歳の大往生で、同誌のデビッド・レムニック編集長は「人は誰も永遠に生き続けることはできない。しかし、彼ならばできるのではないかとすら思わせた」と追悼している。...
別窓で開く

若き天才打者ソトの放出をナショナルズが検討中?史上最大級のビッグトレードは本当に実現するのか<SLUGGER>
8月2日のトレード期限まではまだ2か月以上あるが、球界では早くも大物選手の移籍の噂でもちきりになっている。とりわけ注目を集めているのが、23歳の“現役最強打者”ホアン・ソト(ナショナルズ)の動向だ。“最後の4割打者”テッド・ウィリアムズとも比較される天...
別窓で開く

大谷は2年連続MVPなるか、ダルビッシュは初のサイ・ヤング賞?現地記者5人のアウォード予想<SLUGGER>
いよいよ開幕を迎えた2022年のメジャーリーグ。SLUGGERでは、5人の現地記者にMVPとサイ・ヤング賞受賞者予想に加え、「最も興味深い選手」も挙げてもらった。各記者の回答をさっそく見ていこう。...
別窓で開く


<前へ12次へ>