本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



大谷翔平の放出にエンジェルスが「前向き」との報道! 本人は「どこにいても変わらない」と強調も、メッツとパドレスはすでに接触済み
急転直下、球界最高の偉才に関する動向が慌ただしくなっている。 米紙『New York Post』の名物記者ジョエル・シャーマンは現地時間7月28日、ロサンゼルス・エンジェルスが大谷翔平のトレードについて他球団のオファーを検討していると報じた。【動画】ピンチで見せた圧巻の奪三振ショー! 大谷翔平の気迫...
別窓で開く

鈴木誠也の“サイ・ヤング賞3度”カーショウからの連続安打に賛辞! 米記者は「セイヤ・スズキは再建の柱だ」と最敬礼
現地時間7月9日、シカゴ・カブスの鈴木誠也は、敵地で行なわれたロサンゼルス・ドジャース戦に「4番・右翼」で先発出場。チームは2対4と敗戦したものの、サイ・ヤング賞を3度獲得しているクレイトン・カーショウから2打席連続ヒットを記録するなど、4打数2安打と出色のパフォーマンスを見せた。...
別窓で開く

“ベースボールの吟遊詩人”ロジャー・エンジェルとの「終の別れ」。データではなく野球人生の機微を描き続けた不世出のコラムニストの生涯<SLUGGER>
史上最も愛された野球ライターの一人で、老舗雑誌『The New Yorker』で長年健筆を振るったロジャー・エンジェルが亡くなった。101歳の大往生で、同誌のデビッド・レムニック編集長は「人は誰も永遠に生き続けることはできない。しかし、彼ならばできるのではないかとすら思わせた」と追悼している。...
別窓で開く

若き天才打者ソトの放出をナショナルズが検討中?史上最大級のビッグトレードは本当に実現するのか<SLUGGER>
8月2日のトレード期限まではまだ2か月以上あるが、球界では早くも大物選手の移籍の噂でもちきりになっている。とりわけ注目を集めているのが、23歳の“現役最強打者”ホアン・ソト(ナショナルズ)の動向だ。“最後の4割打者”テッド・ウィリアムズとも比較される天...
別窓で開く

大谷は2年連続MVPなるか、ダルビッシュは初のサイ・ヤング賞?現地記者5人のアウォード予想<SLUGGER>
いよいよ開幕を迎えた2022年のメジャーリーグ。SLUGGERでは、5人の現地記者にMVPとサイ・ヤング賞受賞者予想に加え、「最も興味深い選手」も挙げてもらった。各記者の回答をさっそく見ていこう。...
別窓で開く

エンジェルスは果たしてプレーオフに進出できるのか?ライバル球団のビートライターを含む現地記者5人が大予想!<SLUGGER>
マイク・トラウトと大谷翔平——。MVPを計4度獲得しているスーパースターがいるにもかかわらず、なかなか勝てないエンジェルス。今季こそはプレーオフ進出を果たせるのか。ロサンゼルスの地元紙で活躍する記者2人に同地区のライバルでもあるマリナーズとレンジャーズのビートライターに加え、『New York Ti...
別窓で開く

「エンジェルスに不当な利益をもたらす」MLBが導入を勧める“大谷ルール”に米記者が異論!「違和感を覚える」
現地時間3月22日にMLBと選手会が合意した“新ルール”は、さまざまな反響を呼んでいる。 話題となっているのは、一度降板した投手が、DHとして試合に継続して出続けられるという新たなルールだ。昨夏のMLBオールスターにおいて、大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)が&ldquo...
別窓で開く

MLBが導入を決意した“大谷ルール”は「エンジェルスの大きな後押しに」。地元紙が「願いは叶った」とレポート
二刀流が生み出した新ルールが小さくない話題となっている。 現地時間3月22日、MLBと選手会は労使協定を巡る会議において、今季からDHを使わずに試合に出場した投手が降板後も、DHとしてプレーを継続できる新規定を設けることで暫定合意した。米紙『New York Post』などが一斉に報じた。...
別窓で開く

MLBが“オオタニルール”導入へ! 「議論になるだろう」と語った名将マッドンの見解は?「彼は真の二刀流選手だから」
二刀流で一大フィーバーを巻き起こしたサムライは、ついには球界をも変えさせた(!?)。 現地時間3月22日、日刊紙『New York Post』をはじめとする複数の米メディアは、MLBと選手会が、今季から両リーグで導入されるDH制において、DHを使わずに試合に出場した投手が降板後もプレーを継続できる新...
別窓で開く

MLB14球団を渡り歩いた後、アメリカ代表で金メダルを目指す“究極のジャーニーマン”【東京五輪】
MLB史上最多14球団を渡り歩いた37歳のジャーニーマンが、今度はアメリカ代表のユニホームを着て金メダルを目指している。7月31日のオープニングラウンド韓国戦で、3番手として登板したエドウィン・ジャクソンだ。 この日、0.2回を無失点に抑えて勝利に貢献したジャクソンの数奇なキャリアは、米紙『New ...
別窓で開く



<前へ123次へ>