本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ティファニー×ダニエル・アーシャム×ウィルソン?の限定バスケットボール
ティファニーは、ダニエル・アーシャムとの第2弾コラボレーションを発表いたします。ダニエル・アーシャムがデザインし、ウィルソン?とのパートナーシップにより制作された限定バスケットボールがポップアップストアにて発売いたします。...
別窓で開く

「『ザ・ラストダンス』とは全く違う」名手マジックが自身のドキュメンタリーに言及「ピッペンは気に入ってくれるだろう」<DUNKSHOOT>
往年の名選手マジック・ジョンソンは、今年の4月22日(現地時間)から『Apple TV+』で4部構成のドキュメンタリー『They Call Me Magic』が配信を予定している。そのプロモーション活動に際し、2020年に話題となったドキュメンタリーとの比較を行なっている。...
別窓で開く

国際アスリートになるために必要な4つのこと。女子バスケの名門・桜花学園出身の山田愛が語る
近年、野球やサッカーのように、バスケットボールも海外でプレーする、または志す選手が増えている。その時に多くの選手が直面するのが「言葉の壁」だ。高校時代に名門・桜花学園で活躍し、現在は海外でのプロ契約を目指して活動している山田愛さんに、海外で戦ううえで必要な4つのポイントや、おすすめの勉強法を語っても...
別窓で開く

バスケで海外を渡るなら…必須となるのは「語学」と「メンタリティ」。異国で挑戦を続ける山田愛の見解
近年、野球やサッカーのように、バスケットボールも海外でプレーする、または志す選手が増えている。その時に多くの選手が直面するのが「言葉の壁」。今回は、高校時代に名門・桜花学園で活躍し、現在は海外でのプロ契約を目指して活動している山田愛さんに、自身の経験談を語ってもらった。...
別窓で開く

ウェバー、アデルマン、グリフィス…殿堂入り式典に登壇した3人の“サクラメント民”の地元愛<DUNKSHOOT>
現地9月11日(日本時間12日、日付は以下同)にマサチューセッツ州スプリングフィールドで行なわれた今年の殿堂入り式典には、カリフォルニア州の州都サクラメントにあるフランチャイズでプレー、または指揮を執ったメンバーが3人も登場した。 まずはクリス・ウェバー(元サクラメント・キングスほか)。...
別窓で開く

東京五輪で注目!世界の女子バスケ事情を、海外チーム参戦を目指す“桜花出身”山田愛がリポート
5人制の銀メダルの快挙、3人制の決勝トーナメント進出と、日本の女子バスケットボール界が盛り上がった東京オリンピック。今大会の女子代表の活躍でバスケットボール自体に注目が集まり、とても嬉しく思います。...
別窓で開く

バスケ女子日本代表がアメリカに敗戦。五輪6連覇中の絶対女王から第1Qでリード奪うも、中盤に失速【東京五輪】
7月30日、バスケットボール女子日本代表(FIBAランキング10位)は東京五輪の予選ラウンド第2戦でアメリカ(同1位)と対戦。優勝候補を相手に粘りの戦いを見せたが、69−86で敗れた。 今大会、金メダル獲得を目標に掲げる日本は、初戦で強豪フランス(同5位)を撃破。迎えたこの日の相手は、五輪50連勝中...
別窓で開く

ウォーレス、ピアース、ウェバーの殿堂入りを現地メディアが先行報道!ドラフト外からは史上初の快挙に<DUNKSHOOT>
5月15日(日本時間16日、日付は以下同)、コネチカット州アンカスビルにあるモヒガン・サン・アリーナにて、2020年のバスケットボール殿堂入りを決めたメンバーたちの式典が行なわれた。...
別窓で開く

女性初のNBA指揮官を務めたベッキー・ハモンが胸の内を吐露「変化を好まない人々もいる」<DUNKSHOOT>
ベッキー・ハモン(サンアントニオ・スパーズ)、ジェニー・ブーセック(ダラス・マーベリックス)、ナンシー・リーバーマン(元サクラメント・キングス)、ナタリー・ナカセ(元ロサンゼルス・クリッパーズ)……。NBAでは、これまで複数のチームで女性がアシスタントコーチ(AC)を務め...
別窓で開く

“弟”コビーのプレゼンターは“神様”ジョーダン!2020年の殿堂入り式典が5月に開催<DUNKSHOOT>
年に一度行なわれる祭典のひとつがバスケットボール殿堂の式典だ。昨年は新型コロナウイルスの影響で開催が延期されていたが、2020年の殿堂入りメンバーの式典が5月16日にモヒガン・サン・アリーナで開催されることが発表された。 式典と言えば殿堂入りする人物はもちろん、彼らを紹介するプレゼンターを誰が務める...
別窓で開く