本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



バスケ女子日本代表がW杯メンバーを発表!東京五輪銀メダリスト6人に渡嘉敷ら新戦力が加入<DUNKSHOOT>
日本バスケットボール協会は8日、9月22日からオーストラリアで開催される「FIBA女子バスケットボールワールドカップ2022 」に臨む日本代表メンバーを発表した。 悲願の世界一、そして24年パリ五輪の出場権をかけた戦いに挑む12名は以下の通りだ(※年齢・所属は9月8日現在)。...
別窓で開く

「ピストンズは新たなオールスターバックコートデュオを手にした」元NBA選手も絶賛するカニングハム&アイビーはチームを再建に導けるか<DUNKSHOOT>
今年のドラフトで1巡目全体5位指名権を持っていたデトロイト・ピストンズは、ジェイデン・アイビーを指名した。パデュー大出身のガードはインディアナ州生まれながら、父ジャヴィン・ハンターはミシガン州デトロイト出身。母ニール・アイビーは2005年にWNBAデトロイト・ショックでプレーした経験を持つ元選手と、...
別窓で開く

町田瑠唯のWNBA1年目は全試合出場で平均2.6アシスト。ミスティックス指揮官は「ルイはシーズンを通じて成長した」<DUNKSHOOT>
バスケットボール女子日本代表の司令塔、町田瑠唯がプレーするWNBAは現地時間8月17日からプレーオフがスタート。 町田の所属するワシントン・ミスティックスは、第4シードのシアトル・ストームとの1回戦シリーズ初戦を83−86で惜敗。 後がない状態(ファーストラウンドは2勝先取)で迎えた本日の第2戦。...
別窓で開く

ウィザーズが改称25周年記念、復刻ユニフォームを発表!八村塁が“神様”ジョーダンと同じ装いに<DUNKSHOOT>
現地時間8月11日、ワシントン・ウィザーズが新シーズンに着用する「クラシック・エディション・ユニフォーム」を発表した。 現チーム名への改称25周年を祝う記念行事の一環として制作され、ウィザーズは2022−23シーズンの一部の試合で同ユニフォームや当時のロゴがデザインされたコートなどを採用し、節目の年...
別窓で開く

「自分の出来ることを精一杯やっていきたい」町田瑠唯が初のWNBAプレーオフに向けて意気込み<DUNKSHOOT>
今年2月にアメリカの女子プロバスケットボールリーグ、WNBAのワシントン・ミスティックスと契約を結んだ日本代表の町田瑠唯。 史上4人目となる日本人WNBAプレーヤーとなった町田が所属する同リーグは、全12チーム(東西6チームずつ)で構成。レギュラーシーズン36試合を戦い、成績上位の8チームがプレーオ...
別窓で開く

【NBAドラフト候補】ロケッツからの3位指名が有力視。デューク大出身のイタリア系エース、パオロ・バンケロとは<DUNKSHOOT>
今年のNBAドラフトは、現地時間6月23日にブルックリンのバークレイズ・センターで開催される。 各メディアの予想で上位指名候補に挙げられているのは、オーバーン大のジャバリ・スミス、ゴンザガ大のチェット・ホルムグレン、そしてデューク大のパオロ・バンケロ。いずれも大学のフレッシュマン(1年生)たちだ。...
別窓で開く

「ついにダブル・ルイが対面!」NBA八村塁とWNBA町田瑠唯の共演に日米ファンが反応「2人の対比がおもしろい」<DUNKSHOOT>
日本のバスケットボール界が誇る“2人のルイ”が、ワシントンDCで再会を果たした。 6月9日、ともにワシントンDCに本拠地を置くNBAのウィザーズとWNBAのミスティックスが球団SNSを更新。男女それぞれの日本代表の主軸である八村塁と町田瑠唯が同地の施設で対面した様子を伝えた。...
別窓で開く

「あの舞台が本当に恋しい」カリーが3年ぶりのプレーオフへ意気込み「自分たちが何者なのか示したい」<DUNKSHOOT>
現地時間4月2日にサンフランシスコのチェイス・センターで行なわれたユタ・ジャズ戦。ホームのゴールデンステイト・ウォリアーズは第4クォーター途中の16点ビハインドを6本連続の3ポイントで一気に挽回して111−107で逆転勝利を収めた。 この勝利によって、ウォリアーズは2018−19シーズン以来、3シー...
別窓で開く

殿堂入りのジノビリが語った“キャリア初期の挑戦”「シャックを越えてダンクしようとは思わなかった」<DUNKSHOOT>
現地時間4月2日、「ネイスミス・メモリアル・バスケットボール・ホール・オブ・フェイム」(以降、殿堂)が、今年に殿堂入りする13名を発表した。...
別窓で開く

欧米では“陰謀説”も…。モスクワ勾留中の“世界最高女子バスケ選手”ブリトニー・グライナーの今<DUNKSHOOT>
アメリカと日本が対戦した、昨年の東京五輪女子バスケットボール決勝戦で、ゲームハイの30得点をマークしてアメリカを優勝に導いた、センターのブリトニー・グライナー。身長162cmの日本のガード町田瑠唯と、203cmのサイズを誇るグライナーの、41cm差のマッチアップも話題となった。...
別窓で開く