本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「美しい歌だ」「涙を誘う」 リトアニアでウクライナ民謡を300人が歌う動画に心揺さぶられる人多数
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、ロシアのウクライナへの軍事侵攻により、近隣諸国へ避難した人は480万人以上にのぼり、ウクライナ国内で避難生活をしている人を含めた総避難者数は1100万人を超えています。リトアニアの写真家ネリンガ・レカシウテが、YouTubeでウクライナの民謡「Cher...
別窓で開く

暦から“運の流れ”を知る! 4月6〜30日「今日の全体傾向は?」
1000年以上も前から人々の生活と共にあった「暦(こよみ)」。日々の営みを支え続けてきた古来の知恵を現代風に読み解き、今を生きる私たちにも役立つように解説しました。教えてくれたのは、運命学研究家・C.I.さんです。いつ、何を行うか。「よいタイミング」を知る。どんな日にも宝石のカットのように多面的な意...
別窓で開く

「ロシアの傀儡政権と話をする準備ができている」 独財務大臣の開戦前ウクライナ支援反対発言に失望の声
2022年2月24日にロシア軍が開始したウクライナへの軍事侵攻は、防御側の頑強な抵抗により、未だに主要都市の陥落に至っておらず、一部ではウクライナ軍が反撃に転じていると報道されています。そんな中、ウクライナの独立系英語メディア『キーウ・インディペンデント(The Kyiv Independent)』...
別窓で開く

ロシア・ウクライナ4回目停戦交渉を『大きな進展』と見るのは“早計”……鶴岡路人・慶応大准教授
国際安全保障とヨーロッパ政治が専門の慶應義塾大学総合政策学部准教授・鶴岡路人が30日、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』生出演。終了したばかりのロシア・ウクライナの4回目停戦交渉について解説した。...
別窓で開く

「Tシャツ」ではなく「長袖姿」は日本向け?! ゼレンスキー大統領の国会演説、海外メディアはどう見たか?(井津川倫子)
ロシアの侵攻を受けているウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領が日本の国会で演説して話題を集めています。ゼレンスキー氏はこれまで、米国、英国、ドイツ、カナダ、イタリアなどの議会でオンライン演説をしており、各国向けの演説内容が注目を浴びてきました。無精ひげとグリーンのブルゾン姿で、前方をしっか...
別窓で開く

ロシアの『古い形の戦争』を『新しいデバイス』で目撃する新しい形の戦争 〜ウクライナ侵攻
イギリスに滞在している慶應義塾大学教授で国際政治学者の細谷雄一氏がが3月16日、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』(朝6時〜)に出演。ウクライナへの侵略を続けるロシアに対し、ヨーロッパ各国のリアルな動きや今後の見立てを語った。...
別窓で開く

「ロシアという名のソ連」のような状況 〜ウクライナ危機
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月11日放送)に外交評論家・内閣官房参与の宮家邦彦が出演。ロシアとウクライナの外相会談について解説した。2022年2月7日、モスクワでの記者会見に臨むロシアのプーチン大統領(ロイター=共同) 写真提供:共同通信社ロシアとウクライナの外相が会談 〜...
別窓で開く

ウクライナ情勢を見て中国が台湾侵攻する可能性は低い
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月10日放送)にキヤノングローバル戦略研究所・主任研究員の伊藤弘太郎が出演。中国の習近平主席の、フランス・マクロン大統領、ドイツ・ショルツ首相とのオンライン会談について解説した。...
別窓で開く

最後に笑うのはメーガン妃?! コロナ復帰後の英エリザベス女王が「どうしても会いたい」のは誰?(井津川倫子)
新型コロナウイルスに感染したと診断されて療養していた英国のエリザベス女王が、無事公務に復帰して元気な姿を披露しました。復帰後、初の面会相手に選んだのは、「イケメン」で知られるカナダのジャスティン・トルドー首相。190センチのトルドー氏を、満面の笑顔で見上げていたエリザベス女王でしたが、報道によると、...
別窓で開く

韓国市民団体、ウクライナ青年たちの要請受けてSNSで反戦キャンペーン「STOP PUTIN STOP WAR」を実施
韓国のサイバー外交使節団「VANK」は3日、ロシアのウクライナ侵攻を世界の人と共に阻止するため「海外の反戦世論を一つに集めるキャンペーン」を展開することを明らかにした。キャンペーンは「STOP PUTIN STOP WAR」というタイトルのポスター2枚を韓国語、英語、フランス語、イタリア語の4つの言...
別窓で開く


[ with ロシア ] の関連キーワード

putin エリザベス リトアニア ウクライナ stop
ロシア war 慶応大