本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



チョコレートで誘い、46歳男が9歳少女を強姦 顔を殴られ少女は歯が全て抜け落ちる
加害者が姑息な方法で子どもに声をかけ、危害を加える事件は多くの国で発生しているが、とある国ではお菓子で誘惑し、少女をレイプした男がいる。 ロシア・オムスクで46歳の男が9歳の少女をレイプ。男はチョコレートをあげると言って誘い出し、少女は殴られ全ての歯を失ったと海外ニュースサイト『Mirror』と『T...
別窓で開く

二枚舌外交を極める尹錫悦 米中二股にいら立つバイデンの「お仕置き」のタイミング
「米国側に戻る」と言いながら、中国に忖度し続ける尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領。露骨さを増す二枚舌外交に米国は苛立つ。通貨危機の足音が聞こる今、韓国観察者の鈴置高史氏が「米国のお仕置き」を予測する。■「親米路線」を疑うNYT鈴置:9月18日、NYT(ニューヨーク・タイムズ)が尹錫悦大統領の単独会見...
別窓で開く

兵隊を置いて司令官クラスの士官たちが逃げてしまったロシア軍
慶應義塾大学総合政策学部准教授の鶴岡路人が9月14日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ゼレンスキー大統領が「東部と南部で6000平方キロメートル以上を解放した」と発表したウクライナ情勢について解説した。...
別窓で開く

クリミア半島「取り戻す」ゼレンスキー大統領発言でロシアの反発増大か 専門家が分析
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科教授・土屋大洋(つちや・もとひろ)が8月25日(木)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。ロシアによるウクライナ侵略について、戦争が長引いている背景について分析した。...
別窓で開く

フィンランド企業が合成開口レーダー衛星をウクライナに提供 天候を問わずに地上観測が可能
ウクライナは、2022年8月18日にフィンランドの人工衛星企業ICEYEから、合成開口レーダー(SAR)衛星の画像提供の契約を締結。ICEYEが運用する衛星群21基のうち1基はウクライナ政府が自由に使用できるように譲渡され、そのほかの衛星群からのレーダー衛星画像を受信することができるようになるとして...
別窓で開く

ロシアのスパイか、亡くなった幼児の名前を使い35年間を過ごした夫婦が逮捕(米)
亡くなった幼児の名前を使って35年間を過ごしたアメリカ人夫婦が、なりすましの罪で起訴された。米政府の行き過ぎた捜査を批判している夫婦だが、彼らはロシアのスパイである可能性も指摘されており、捜査関係者によると「KGBの制服らしい姿の夫婦の写真」など多くの証拠が見つかったという。『CBS News』など...
別窓で開く

缶に舌が挟まってしまった野生のシロクマ 民家を訪れ助けを求める(露)<動画あり>
今月20日、1頭の野生のシロクマが北極圏にある民家を訪れた。このシロクマは舌がコンデンスミルクの缶に挟まって抜けなくなってしまったので助けを求めに来た様子だった。普段は人に近づくことのないシロクマだったが、獣医チームにより無事に缶を取ってもらうことができたと『Metro』などが伝えている。...
別窓で開く

東京都への人口流入回復&人流の「都心回帰」本格化! これからの住宅需要、賃料どうなるか?...専門家がいち早く解説【2】(中山登志朗)
コロナ禍によって最も大きな変革を遂げた東京都——。テレワークの実施率を高水準に維持し、毎日出社しなくても効率よく業務を遂行できる次世代型の働き方にいち早く対応したのは都内に本社を置く各企業です。そして、DX:デジタル・トランスフォーメーションを推進して、コロナ後を見据えた事業のあり方を変革することを...
別窓で開く

「ロシアは仕方なくウクライナを侵攻した」と言う日本の言論者がいるのはなぜか
ジャーナリストの佐々木俊尚が7月6日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢について解説した。2022年4月27日、議会関係者との会合で演説するプーチン大統領=ロシア・サンクトペテルブルク(タス=共同) 写真提供:共同通信社NATO全加盟国がフィンランドとスウェーデ...
別窓で開く

女王シフィオンテクがウクライナ支援のチャリティーマッチを開催。戦場にいる元31位スタコフスキも参加<SMASH>
女子テニス世界ランク1位のイガ・シフィオンテク(ポーランド)が自身の公式インスタグラム(@iga.swiatek)で、ウクライナ支援を目的としたチャリティーマッチを母国ポーランドで開催すると発表した。 今年2月に始まったロシアのウクライナ侵攻は依然として収束の兆しが見えず、スポーツ界にも大きな影響を...
別窓で開く