本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



中国・上海市のロックダウン トップの発言を撤回できない「権威国家のリスク」
経済アナリストのジョセフ・クラフトが5月17日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。中国・上海市のロックダウンについて解説した。政協全国委、新年茶話会を開催(北京=新華社記者/鞠鵬)= 2020(令和2)年12月31日 新華社/共同通信イメージズ中国、上海市のロックダウン 〜オ...
別窓で開く

G7外相会議が共同声明で「香港」「新疆」に言及…中国側は猛反発
G7=主要7カ国の外相が共同声明を発表し、香港や新疆ウイグル自治区に言及したことに対し、中国が強く反発している。中国外交部の趙立堅(ちょう・りっけん)報道官は16日の定例記者会見で、「(G7の共同声明は)中国政府の厳正なる立場と客観的事実を無視したものであり、中国に対する著しい内政干渉だ。...
別窓で開く

WHO事務局長に勧められても「ゼロコロナ」政策を変換できない「中国の事情」
慶應義塾大学総合政策学部准教授の鶴岡路人が5月12日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。中国のゼロコロナ政策について解説した。...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■改革が骨抜きになった東証再編「週刊東洋経済」(2022年4月9日号)2022年4月4日...
別窓で開く

ボン・ジョヴィの「イッツ・マイ・ライフ」で士気を上げながらロシア軍の攻撃に備えるウクライナの人々 「音楽の力を過小評価してはいけない」「なんというパワフルな動画なんだ」
アメリカのロックバンド、ボン・ジョヴィが2000年にリリースしたヒット曲「イッツ・マイ・ライフ」。日本ではなかやまきんに君のネタで聴いたことがある人が多いのではないでしょうか。大音量の「イッツ・マイ・ライフ」で士気を上げながらロシア軍の攻撃に備えるウクライナの人々が話題を呼んでいます。...
別窓で開く

男女差が大きいロシア人の平均寿命 男性は68.2歳でプーチン氏は?
2022年2月24日にロシアがウクライナに軍事侵攻。当初2日間で戦闘が終わりウクライナが降伏するという分析もありましたが、ウクライナ軍の頑強な抵抗などがあり、首都キーウ(キエフ)をはじめとする主要都市を陥落させるには至っていません。...
別窓で開く

「時の人」ゼレンスキー大統領の登場で、世界のリーダーの「変身」に注目(井津川倫子)
ロシアによるウクライナに対する軍事侵攻が続くなか、ウクライナのへの注目度が日に日に高まっています。国民と共に戦う姿勢を崩さず、SNSを駆使して連日のように熱いメッセージで国民を鼓舞するウクライナのゼレンスキー大統領。ウクライナ侵攻前は31%にまで落ち込んでいた支持率が91%にまで跳ね上がったという報...
別窓で開く

防空壕で「レット・イット・ゴー」を熱唱するウクライナの少女に心動かされる世界中の人々
ロシアの軍事侵攻がいまなお続いているウクライナの防空壕で、避難していた人々を前に「レット・イット・ゴー(Let It Go)」を熱唱する少女の姿に、世界中の人々が心を動かされているようです。https://twitter.com/Ankita20200/status/1500496884255051...
別窓で開く

「プーチン氏の命令に従っただけ」…ロシア操縦士たちが次々と「降伏」
ロシアがウクライナに侵攻してから11日目となる6日(現地時間)、ウクライナ軍の捕虜となったロシアの操縦士たちが「助けてほしい」と懇願する動画がSNSを通じて拡散している。英メディア“デイリー・ミラー”によると、ウクライナ軍は最近、ロシア戦闘機9機を撃墜し生存した操縦士たちを捕らえた。...
別窓で開く

20時間以上歩き続けてウクライナからポーランドに避難したアメリカ人が話題 「1日も早くこの悪夢が終わって欲しい」「これが現実だとはいまだに信じられない」
20時間以上歩き続けてウクライナからポーランドに避難したアメリカ人が注目を集めています。https://twitter.com/PoliticsJOE_UK/status/1498726546969960450注目を集めたのは、米ペンシルベニア州ピッツバーグ出身の自称“アマチュア・ジャーナリスト”、...
別窓で開く