本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



欧米で感染拡大“サル痘”に警戒!同性愛を含む性行為が原因か…
(画像)Diana Shilovskaya / shutterstock天然痘に似た発疹が出る「サル痘」が欧米で広がっている。アフリカのリスやネズミなどが感染源で、噛まれるなどして体液に触れると人にも感染するという。...
別窓で開く

中国CDC、上陸の可能性あるサル痘の迅速な特定に自信示す
国務院共同予防・抑制メカニズムは9日午後3時に記者会見を行いました。同会見で中国疾病予防コントロールセンター(CDC)ウイルス病研究所の許文波所長は、中国は感染の疑いがある患者の臨床サンプルに対し、サル痘ウイルスのPCR検査とモニタリングを実施することで、中国に上陸する可能性があるサル痘の感染例を速...
別窓で開く

「熊はどうやって撮ってるの?」「着ぐるみに決まってんじゃん」評論家もコメントに困る“修行映画”のディープな世界
 みうらさん独自の視点で見いだされ、世に広く面白がられた『わさお』『シベ超』『ペキフー』といった映画の数々。そこに到達するため、みうらさんは多くの“修行映画”を乗り越えてきた……。「映画秘宝」誌での長期連載が単行本化するタイミングで、2人が語る「そこがいいんじゃない!」としか言えない映画の数々。...
別窓で開く

28カ国で同時多発的な感染を確認…「サル痘」世界的流行への違和感
 アフリカの一部の国での風土病だった「サル痘」の感染が、突然それ以外の28カ国で確認された。しかも5月7日の英国での報告から6月2日までの短期間で、だ。ところが、世界保健機関(WHО)は「ウイルスのさらなる拡大が起こる恐れが高い」としながらも、「入院に至るケースは少なく感染が世界的に広がるリスクは中...
別窓で開く

「なぜデマは真実よりも速く、広く、力強く伝わるのか?」SNSに潜むウソ拡散のメカニズムを、世界規模のリサーチと科学的研究によって解き明かした全米話題の1冊『デマの影響力──なぜデマは真実よりも速く、広く、力強く伝わるのか?』がついに日本に上陸した。ジョナ・バーガー(ペンシルベニア大学ウォートン校教授...
別窓で開く

コロナを凌駕する最大致死率11%!国内流入必至の「サル痘」でヤバイのは「49歳以下の日本人」
 主にアフリカの西部や中部の熱帯雨林地帯で流行してきた動物(げっ歯類)由来の「サル痘」感染が、欧米や中東などの地域を中心に急拡大している。 6月4日、欧州疾病予防管理センター(ECDC)は、アフリカ以外の27カ国での感染確認数が10日前の3倍超にあたる760件に達したと発表。...
別窓で開く

ASTROが4年ぶりの来日公演で計4万人を動員「いつかMJさんも一緒に、ドームで会いましょう!」
韓国のボーイズグループ・ASTROが、約4年ぶりの日本単独ライブ『ASTRO 2022 JAPAN CONCERT<The 3rd ASTROAD to JAPAN [STARGAZER]>』を千葉・幕張メッセで開催し、2日間で約4万人を動員した。...
別窓で開く

原因不明の「小児急性肝炎」 〜欧米を中心に報告が増加
東京都医師会副会長で感染症担当、「角田外科消化器科医院」院長の角田徹氏が5月31日、ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」に出演。小児の急性肝炎について解説した。※画像はイメージです小児の急性肝炎 〜劇症肝炎になれば肝移植するしかない飯田浩司アナウンサー)今回は小児の急性肝炎に...
別窓で開く

ウイグル自治区の収容所で“消える”25,000人の行方
英語圏の主流新聞は、中国政府による臓器収奪の調査結果を報道しているが、日本ではそこまで報道されてはいない。ウイグル人弾圧と関連して、現在も続く中国の生体臓器移植ビジネス。中国分析のベテランジャーナリストであるイーサン・ガットマン氏が指摘するのは、自由主義社会にも“共謀”するグループがいるという事実。...
別窓で開く

ASTRO 4年ぶり来日公演で4万人熱狂 チャウヌ「感慨深いです」 ジンジンはドームで再会の野望も
韓国のボーイズグループ ASTROが3・4日の両日、千葉・幕張メッセ 国際展示場9〜11ホールで約4年ぶりとなる日本単独ライブ『ASTRO 2022 JAPAN CONCERT<The 3rd ASTROAD to JAPAN [STARGAZER]>』を開催し、2日間で約4万人を熱狂させた。...
別窓で開く


[ who ] の関連キーワード

astro ウイグル cdc