本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



オンライン会議や動画視聴によって増えている「イヤホン難聴」はどう予防する?
 コロナ禍で“おうち時間”が長くなり、動画視聴や音楽鑑賞、オンライン会議などで、イヤホンを1日中つけているという人も多いのではないでしょうか。そのため、耳に不調をきたす「イヤホン難聴」が増えているようなんです。 フィリップス製の最新補聴器の発表会に登壇していた産業医で内科医の森勇磨さんは、「ズーム会...
別窓で開く

「母を返して…私の血液と腎臓を提供します」ウイグル人女性の叫び
中国分析のベテランジャーナリストであるイーサン・ガットマン氏によって指摘された、中国政府によるウイグル人弾圧と関連する、臓器移植ツーリズムに参加する日本人の存在。中国本土の生体臓器ビジネスとの関わりを絶つために、まずは“知る”ことから始めてほしい。それが、これまでの死者(そして生きている者)に意味を...
別窓で開く

10歳少女、母親の口論相手を射殺 母親が渡したバッグに入っていた銃を使用
母娘が関わる事件が起きることは珍しくはないが、とある国では幼い娘が母親の口論相手を殺害する事件が起きた。 アメリカ・フロリダ州で、10歳の娘が母親(年齢不明)と口論していた41歳の女性Aを射殺し、少女と母親の両方が罪に問われていると海外ニュースサイト『FOX 13』と『NBCNews』、『New Y...
別窓で開く

病院に向かう途中の車内で出産した女性、通勤途中の消防隊員に助けられる(マレーシア)
今月1日、マレーシア在住のある母親が病院に向かう車の中で第4子となる男児を出産した。予定日は2週間以上先だったという母親は、突然の陣痛を感じてすぐに夫の運転する車で病院に向かったが、渋滞のため立ち往生した。そんな中、偶然にも通勤途中で近くを通った消防隊員が夫妻のもとに駆けつけ出産を手伝ったという。...
別窓で開く

■ウクライナ危機、円安、インフレ住宅資材はさらなる高騰の恐れ 世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス感染症の流行を「パンデミック」だと表明したのは2020年の3月のことだった。瞬く間に国際社会や経済を混乱に陥れたコロナ禍だが、少しずつ収束の兆しを見せつつある。その一方、ロシアがウクライナに侵攻、...
別窓で開く

米大学社交クラブの闇 飲酒を強要された新入生が脳に障がい、家族が映像公開<動画あり>
米ミズーリ大学(University of Missouri)の男子学生社交クラブ(フラタニティー)会館で昨年10月、当時18歳の男子学生が大量に酒を飲まされて放置され、脳に損傷を負った。このほど家族が「社交クラブへの入会儀式と称し、いじめやしごきである“ヘイジング(hazing)”が行われた」と上...
別窓で開く

動物に噛まれた患者の80%が「犬に噛まれた」=韓国
韓国で、動物に噛まれた患者のうち80%が犬に噛まれたケースと集計された。11日、疾病管理庁の‘2021年度国内狂犬病咬傷(こうしょう)患者発生監視現況’資料によると、疾病管理庁の狂犬病発生監視システムで受け付けられた咬傷患者は2019年670件、2020年302件、2021年130件だった。...
別窓で開く

自分たちの健康や権利を守り合える未来に! 知っておくべき「SRHR」の重要性
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「SRHR」です。生きる上で大切なテーマ。選択権はあくまで自分に。SRHRとは「Sexual and Reproductive Health and Rights」の略で、「性と生殖に関する健...
別窓で開く

欧米で感染拡大“サル痘”に警戒!同性愛を含む性行為が原因か…
(画像)Diana Shilovskaya / shutterstock天然痘に似た発疹が出る「サル痘」が欧米で広がっている。アフリカのリスやネズミなどが感染源で、噛まれるなどして体液に触れると人にも感染するという。...
別窓で開く

中国CDC、上陸の可能性あるサル痘の迅速な特定に自信示す
国務院共同予防・抑制メカニズムは9日午後3時に記者会見を行いました。同会見で中国疾病予防コントロールセンター(CDC)ウイルス病研究所の許文波所長は、中国は感染の疑いがある患者の臨床サンプルに対し、サル痘ウイルスのPCR検査とモニタリングを実施することで、中国に上陸する可能性があるサル痘の感染例を速...
別窓で開く


[ who ] の関連キーワード

マレーシア srhr ウイグル cdc