本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「失礼しちゃうわ!」東京・新宿2丁目のオネエがブチまけた「サル痘は男色コミュニティーで蔓延」への怒り
 ついにアフリカ以外の地域(ブラジル、スペイン、ペルー、インドなど)でも死亡者が確認され始めた「サル痘」。このサル痘を巡っては、欧米での感染確認が相次いだ当初から「感染は男色コミュニティーを中心に広がっている」と指摘されてきた。...
別窓で開く

タイ洞窟遭難事故をヴィゴ・モーテンセンら主演で映画化! Prime Video『13人の命』ロン・ハワード監督ほか記者会見レポート
『13人の命』© 2022 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.2018年6月、タイ北部のタムルア洞窟に閉じ込められた12人の地元サッカーチームの少年たちとそのコーチの救出劇は、世界的に報道されたので、ご記憶の方も多...
別窓で開く

アダルトショップで強盗と性的暴行 かぼちゃのフェイスマスクが逮捕のきっかけに
盗みを働くだけでも重大な犯罪だが、とある国では強盗に加え性犯罪まで犯した男がいる。 アメリカ・ワシントン州で、54歳の男が2軒のアダルトショップで強盗を働き、うち1つの店で従業員に性的暴行を加えた事件の裁判が行われたと海外ニュースサイト『The Daily Chronicle』と『Law &...
別窓で開く

山崎雅弘氏×内田樹氏が対談。なぜこの国はこんなに人を粗末に扱うのだろうか?
コロナ・パンデミックで日本政府の後手後手の対応に怒りを覚えた人は多いだろう。失政により多数の死亡者を出しても、為政者が責任を取ることもなく、政策の見直しを迫られることもない。コロナに限らず、長時間労働に長引く低賃金、外国人技能実習生への冷酷な仕打ちなど、この国では、人の命があまりにも軽んじられていな...
別窓で開く

視力を失った同居犬を避けていた猫、次第に鳴き声でガイドするように(米)<動画あり>
アメリカのある家で飼われている盲目の犬は猫と一緒に暮らしているが、目が見えなくなってから猫の居場所を確認することができず猫を踏んでしまうようになった。大きな犬に頻繁に踏まれた猫は次第に犬を避けるようになったが、ある時から犬が近くにやってくると鳴き声を上げて自分の場所を知らせるように変化した。...
別窓で開く

メーガン妃が41歳に 王室メンバーの祝福メッセージに称賛の声「いつも通り優雅!」
メーガン妃が41歳の誕生日を迎えたことで、ウィリアム王子夫妻とチャールズ皇太子夫妻が祝福の言葉と写真を公開した。王室を離脱し離れて暮らすメーガン妃にメッセージを送る王室メンバーに対し、フォロワーからは称賛の声があがっている。米カリフォルニア州に暮らすメーガン妃が誕生日を迎えた現地時間4日、今年も英王...
別窓で開く

検査難民生んだ悪名高い受診目安を“復活”なんて…医療4学会の緊急声明に大ブーイング!
(患者に寄り添うのが医師ではないか?(自宅療養中の女性患者を診る医者)/(C)共同通信社)〈この国はいつから病気になっても病院に行けなくなったんだ〉〈自己責任ってことなんだろうな〉──。オミクロン株の派生型「BA.5」による第7波が拡大を続ける中、日本感染症学会などによる“異例の呼びかけ”にネット上...
別窓で開く

米、サル痘で緊急事態宣言=国内で6600人以上感染
 【ワシントン時事】米政府は4日、感染が広がっている天然痘に似た症状の感染症「サル痘」について、公衆衛生上の緊急事態を宣言した。米疾病対策センター(CDC)によると、3日時点で米国内の感染者は6600人以上に上っている。 世界保健機関(WHO)は7月23日、サル痘を「国際的に懸念される公衆衛生上の緊...
別窓で開く

巡回展もラスト!福岡アジア美術館「バンクシーって誰?展」
2022年12月17日(土)〜2023年3月26日(日)の期間、福岡アジア美術館(福岡県福岡市)で「バンクシーって誰?展」を開催。本展覧会は、巡回展となっており、これまでに東京、名古屋、大阪で32万人以上を動員。福岡の地でラスト展示を飾ります。...
別窓で開く

 【ソウル時事】ペロシ米下院議長は台湾訪問を終えた3日付で声明を発表し、中国が台湾による世界保健機関(WHO)などの国際会議参加を阻んでいると批判した上で、「世界の指導者らが台湾を訪問して繁栄する民主主義に敬意を表し、協力関係の継続を確認することは、誰であれ妨げることができない」と強調した。...
別窓で開く


[ who ] の関連キーワード

video prime ハワード バンクシ アジア