本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



1/17付週間シングルランキング1位はなにわ男子の「初心LOVE(うぶらぶ)」
7人組男性グループ・なにわ男子(なにわだんし)のデビューシングル「初心LOVE(うぶらぶ)」が、週間1.0万枚を売り上げ、2022年1月11日発表の最新「オリコン週間シングルランキング」で、1位を獲得。初登場の2021/11/22付以来2ヵ月ぶりに返り咲いた。以降10位までのランキングとあわせご紹介...
別窓で開く

《タッキー政権の失策》ジャニーズから国民的アイドルが絶滅した本当の理由「キンプリ平野&永瀬がカギを握っている」——2021年BEST5
2021年(1月〜12月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。ジャニーズ部門の第3位は、こちら!(初公開日 2021年9月11日)。*  *  * かつて、ジャニーズは国民的アイドルの宝庫だった。SMAPやTOKIO、V6、嵐など、地上波ゴールデンタイムに冠番組を持ち、メンバ...
別窓で開く

麗奈、母校の生徒達の夢をのせた「僕らの明日」MVを今夜22時プレミア公開
麗奈の新曲「僕らの明日」のMusic Videoが、本日1月10日22時よりYouTubeでプレミア公開される。麗奈は、YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」が昨年開催したオーディションプログラム「THE FIRST TAKE STAGE」の第1回グランプリアーティストで、本日2n...
別窓で開く

冷食・アイス市場活性化へキャンペーン 「フローズン・アワード」No.1商品詰合せをプレゼント 日本アクセス
日本アクセスは「第9回フローズン・アワード」総選挙№1商品プレゼントキャンペーンを1月7日から2月28日まで実施している。昨年末に実施した「フローズン・アワード」冷食・アイス総選挙の結果を活用した初の消費者キャンペーンで、冷食・アイスのさらなる市場活性化を支援する。...
別窓で開く

『愛の不時着』『梨泰院クラス』『賢い医師生活』…「韓国」が世界で通用する「ドラマ」を生み出し続けられる“決定的理由”
 動画ストリーミングサイト「Netflix」で世界90カ国の視聴回数1位を記録した『イカゲーム』をはじめ、世界からの支持を集める韓国ドラマ。予算が潤沢なわけでもなければ、世界的なスター俳優がいるわけでもないにもかかわらず、韓国ドラマはなぜ世界を制することができたのだろうか。...
別窓で開く

今年ブレーク必至「新・黄金世代女優」厳選5人 福原遥、茅島みずき、莉子ら“Z世代”が大躍進
 最近の連ドラや映画では、1998年生まれの広瀬すずや上白石萌音、2000年生まれの浜辺美波ら、若手女優の活躍が目立つ。新たな「黄金世代」になりそうな、1998年生まれ(22年に年女の寅年)から2000年代前半生まれの世代のなかで、注目の5人を選んだ。...
別窓で開く

音楽界はボーイズグループが百花繚乱!? 2022年、要注目のアーティストたち
3人の音楽賢者が大予測。2022年の音楽シーンは、このアーティストに注目!ツールやメッセージなど発信力が台頭のカギに。時代のアイコンとなりうる新しい才能が次々登場する音楽シーン。「近年では、2020年に史上最年少でグラミー賞主要4部門を制覇したビリー・アイリッシュが象徴的ですが、彼女の成功により、自...
別窓で開く

aiko『Love Like Rock vol.9』1年9カ月越しに終結 Zepp Tokyoラストライブとなった最終公演のレポート到着
aikoがライブハウスツアー『Love Like Rock vol.9』のファイナル公演を12月22日に東京・Zepp Tokyoで開催。そのオフィシャルレポートが到着した。本ツアーは2019年10月から2020年3月にかけて行われる予定だったが、2020年3月7日・8日のツアーファイナル2公演が新...
別窓で開く

韓ドラ人気を専門家が分析 『冬ソナ』から継承される“不屈の精神”と“けれん味演出”の妙、転機となった『シグナル』の功績
第4次韓流ブームを生み出した昨年の『愛の不時着』や『梨泰院クラス』に続き、今年も『イカゲーム』や『地獄が呼んでいる』が世界的にヒットし、韓国ドラマの勢いが止まらない。かつての韓流は一定層のブームだったが、いまや若い世代も巻き込みブームを超え、ひとつのジャンルとして定着している。...
別窓で開く

「今年もらったボーナスは一桁万円です」エイベックス社員の“悲痛な叫び” 松浦勝人会長は“車・美食・NFT”の自由すぎるセレブ生活《質問状にYouTubeで生回答》
 12月28日朝8時、エイベックス株式会社代表取締役会長の松浦勝人氏(57)がYouTubeで生配信を行った。タイトルは《【緊急配信】もう我慢の限界です、全ていいます。そして訴えます。》だ。 松浦氏は取材班の一員である若手記者に電話をかけ、「質問に今から答えましょうか、答えますね」と語りはじめた。...
別窓で開く