本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



PCを入れられ仕事で使える!2021年定番化したタフで機能的なアウトドアブランドのバックパック5選
【2021年人気アイテム総まとめ】徐々に以前の生活スタイルが戻ってきている昨今。ビジネスシーンでは変わらず両手のあくバッグパックが人気で、街を歩く人を眺めているとスーツを着ている人でもバックパックを合わせている人を多く見かけます。しかも従来はビジネス系ブランドのが多かったのですが、アウトドアブランド...
別窓で開く

積載量大幅アップ!キャンプ道具をたくさん運べるルーフボックス6選
「冷え込みに備えて」「もしかしたらこれがあると便利かも」なんて具合にあれこれ増えがちなキャンプ道具。クルマへの積載に悩みませんか?大きく動かないように積載しないと山道で崩れて危険だし、後ろが見えづらいほど積載するのも危険。空いた席にぎっしり積みがちですが、それはそれでシートの角度調整がうまくできず窮...
別窓で開く

収納スペースまで考え抜かれたルーフトップテントで遊びの達人に!
大自然を気軽に楽しむキャンプ慣れした達人のようで、そのカッコ良さに憧れる人も多いルーフトップテント。その魅力を満喫でき、カヤックや自転車を積載できるスペースを確保したルーフトップテント「Thule Tepui Foothill(スーリーテプイ フットヒル)」(37万4000円)が新登場。...
別窓で開く

見た目は使い勝手のいいデイパックだけどサステナブル仕様!
アウトドアはもちろん、仕事でもプライベートでも使用する機会がグッと増えたデイパック。気分や服装に合わせながら使えるように、いくつも持っている…という人も少なくないのでは。丈夫な作りで長持ちするように作られているデイパックですが、次の購入を考えるときは、ぜひサステナブル(持続可能な)素材を選んでみては...
別窓で開く

使い勝手もデザインもいいカメラバッグって普段使いもしたくなるよね
デザイン性と機能性を兼ね備えたスウェーデン発のバッグ・ラゲッジブランド・THULE(スーリー)より、人気のカメラバッグ「Thule Covert DSLR Backpack(スーリー コバート)」をアップデートさせた新作が登場。カメラ収納部を取り外して独立したスリングバッグとしても使える仕組みを新た...
別窓で開く

簡単展開&見晴らし抜群!スーリーが本気を出した「ルーフトップテント」
【アウトドア銘品図鑑】クルマのベースキャリアに取り付けるルーフトップテント。いかにも冒険者のクルマって感じがして憧れます。でもカタログを見ると、ベースキャリアの最大積載量は50〜100kgで大人1〜2人分。テントを載せたら明らかに限度を超えてしまいます。これらのことからルーフトップテント導入を躊躇し...
別窓で開く

コスパも使い勝手もサイズも絶妙!毎日使いたくなるTHULEのデイパック
バックパックを使い分けていると、物の入れ替えが面倒だったり、部屋の収納が圧迫されたりと、何かと不便。「いろんなシーンに通用するバッグパックがあればいいのに!」なんて思ったりしますよね。スウェーデンのブランド、THULE(スーリー)のデイパックシリーズ「Thule EnRoute Backpack」(...
別窓で開く

薄マチで2WAY、交通系ICカードポケットもあるし防水で頼もしい!
1942年、深い森に囲まれたスウェーデンで生まれたTHULE(スーリー)。品質、安全性、デザイン、そして使い心地に徹底したこだわりを持ち、厳しい製品テストを繰り返すことで実用性を厳しく検証するTHULEから、アーバン防水バックパック「Thule Paramount(スーリーパラマウント)」コレクショ...
別窓で開く

クルマがあればどこでも泊まれる本格ルーフトップテント
車の上に設置して利用するテント、“ルーフトップテント”。車1台あればどこでも宿泊できることから、ひそかな憧れを抱くキャンパーも多いのではないでしょうか。スウェーデン発のカーキャリアメーカー・THULE(スーリー)のルーフトップテントは、北欧らしい洗練されたデザインも魅力的。...
別窓で開く

スーツケースみたいにガバッと開くから収納しやすいぞ!
ブリーフケースは、ビジネスパーソン必携の王道バッグ。ノートPCの常時携帯がスタンダードになった現在では、使い勝手や材質の良さだけでなく、これまで以上に内部の構造や機能性、収納性の高さがバッグ選びにおける重要なファクターとなっています。...
別窓で開く


[ thule ] の関連キーワード

ルーフトップテント way