本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



織田裕二の『世界陸上』がもはや放送事故レベル!人種や容姿をそのまま発言、ヤバすぎる言語センス
織田裕二 俳優の織田裕二(54)中井美穂フリーアナウンサー(57)がメインキャスターを務めた『世界陸上オレゴン』(TBS系)。■ 13回連続でコンビを組む2人の安定感は抜群だったが、織田の時代遅れ感、古びた価値観と表現が耳に残る大会になった。■「顔見て、同じアフリカと思えない」 サニブラウン選手が、...
別窓で開く

太田光、「嫌いなMCランキング」で上位選出されショック「俺、恵より嫌われてんの!?」
週刊誌『女性自身』が今月発表した「嫌いなMCランキング」で2位に選出された爆笑問題の太田光。現在『サンデー・ジャポン』(TBS系)や『太田上田』(中京テレビ)など複数の番組でMCを担当している太田だが、「たまに度を越した冗談を言うときがある」「言葉の表現が強いときがある」などと過激な物言いが批判的に...
別窓で開く

人気美女アナがハマる「異常行動」を徹底検証(2)TBS・田村真子は観たこともない映画で号泣
 6月6日付で退社していたことがわかったのは、テレビ東京の西野志海アナ(31)だ。北海道テレビから16年7月にテレ東初の中途採用アナとして話題になると、20年3月にニューヨーク支局に栄転。「Newsモーニングサテライト」に現地から出演していた彼女が再び注目を浴びたのは、「裏アカ」の存在だった。...
別窓で開く

フリー芸人だからM-1にも噛みつける! エル上田のタブーなき漫才
エル上田とデロリアン林からなる、お笑いコンビがエル・カブキ。若手では珍しく時事ネタを主とする漫才スタイルで、さまざまな賞レースで爪痕を残している。最近では、上田がラッパーのダースレイダーや、ノンフィクション作家の田崎健太のトークライブに出演するなど、活動の幅を広げている。しかし昨年、10年近く在籍し...
別窓で開く

横浜流星に視線も心も釘付け! 映画『流浪の月』でも異彩を放ちまくる“恐るべき流星”の深淵をのぞく
『流浪の月』©2022「流浪の月」製作委員会■横浜流星という俳優2022年5月13日より全国公開中、広瀬すず&松坂桃李のW主演映画『流浪の月』。本作で主人公のひとり更紗(さらさ)の婚約者、亮を演じるのが横浜流星だ。こう言っては大げさに聞こえるかもしれないが、横浜は本作で前人未到の恐るべき演...
別窓で開く

稲葉友インタビュー! 初主演作『恋い焦れ歌え』教師とラッパーの歪な関係「観た後には街の景色が違って見える」
稲葉友2010年、ドラマ『クローン ベイビー』(TBS)で俳優デビュー後、多くのドラマ、映画、舞台に出演、近年では、田中みな実主演映画『ずっと独身でいるつもり?』(2021年)などの話題作に出演する俳優・稲葉友の初主演映画『恋い焦れ歌え』が、2022年5月27日(金)より公開となる。...
別窓で開く

日向坂46齊藤京子・加藤史帆ら、デビュー3周年で勢いに乗るグループを“歌唱力”で後押しする注目メンバー
日向坂46齊藤京子・加藤史帆ら、デビュー3周年で勢いに乗るグループを“歌唱力”で後押しする注目メンバー デビューから3周年を迎え、2022年5月11日には7thシングル「僕なんか」のリリースが決定するなど、さらなる飛躍に向けて走り始めた日向坂...
別窓で開く

友近、空気階段ら出演『有吉の壁』がまさかの映画化!「前バリなしで…」
『有吉の壁』(日本テレビ系、毎週水曜19:00〜)の年に1度の人気企画「カベデミー賞」が、まさかの映画化!『有吉の壁 カベデミー賞 THE MOVIE』として、6月11(土)、12日(日)に、全国の映画館のべ120スクリーン以上で公開される。「カベデミー賞」とは「日本アカデミー賞」のパロディ企画。...
別窓で開く

更年期も「第二の思春期」と思って。笑えて、元気もらえる一冊。
 「重ねる歳はあるけれど、明けない夜はないはずだ」 ジェーン・スーさんの『ひとまず上出来』(文藝春秋)は、いまの自分の「ちょうどいい」が見つかる、最新エッセイ集。「CREA」(2016年6月号〜2020年12月号)の連載「●●と▲▲と私」に加え、SNSで話題沸騰の推しエッセイ、楽しいお買い物について...
別窓で開く

オールナイトニッポン55周年記念公演、メインキャスト9人が決定! 三四郎・相田もプロデューサー役で特別出演!
ニッポン放送とストーリーレーベル「ノーミーツ」が共同で企画する、オールナイトニッポン55周年記念公演『あの夜を覚えてる』。今回出演する9人のメインキャストが決定、ポスタービジュアルが公開された。また、先行チケットの発売もスタートした。...
別窓で開く


[ the 不二子 the tbs ] の関連キーワード

ニッポン tbs 三四郎