本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「あの発言に憤りを覚えた」大谷翔平を支持したA・ロッドに元選手が激怒!「都合のいいときだけドミニカ人だ」
元ニューヨーク・ヤンキースの主砲アレックス・ロドリゲスは、事あるごとに“二刀流”大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)に賛辞を贈ってきた。だが、そんな彼の言動に不満を覚える者もいるようだ。...
別窓で開く

映画『異動辞令は音楽隊!』内田英治監督インタビュー「キャスト陣の演奏に感動」「セリフじゃない良さ、感情を味わっていただけたら」
第44回日本アカデミー賞で最優秀作品賞ほか数々の賞に輝いた『ミッドナイトスワン』を手掛け、映画界でいま最も注目される内田英治監督が、YouTubeで偶然目にした警察音楽隊のフラッシュモブ演奏の映像から着想を得たオリジナル脚本で描く『異動辞令は音楽隊!』。...
別窓で開く

【1万円からはじめる暗号資産】大幅下落は買い増しチャンス!? 動き出す明大と北大【暗号資産バトル 第12節】
調整局面が続いていた暗号資産相場は今週(2022年8月15日週)、大幅な下落。動きが激しくなってきたことで、明治大学の城正人さんは「大局としては下げ止まりの方針は維持し、元気よく買い増しを続けます」と、分析を進めていたイーサリアムを買いに動いた。北海道大学の花野直樹さんも、次週の荒れ相場に期待を寄せ...
別窓で開く

“ゴジラ松井”以来の記録を生んだ三塁打! 球史に残るクラッチぶりが浮き彫りにするエンジェルスの「大谷翔平頼み」
高水準のクラッチヒッターぶりを発揮した。現地時間8月26日に敵地で行なわれたトロント・ブルージェイズ戦に「3番・DH」で先発した大谷翔平である。 見せ場はチームが2点を先行していた2回に訪れた。なおも1死二、三塁という得点機で2打席目に入った大谷は、相手先発右腕ミッチ・ホワイトが投じた初球、インコー...
別窓で開く

女性経営者が多い企業の株価が上がる? 世界“経済”フォーラムがジェンダーギャップを調査する理由とその「落とし穴」
「日本はジェンダーギャップ指数で先進国最下位」の“本当の意味” 「来年の順位は改善する」といえるシンプルな理由とは から続く 世界経済フォーラムが発行する『グローバル・ジェンダーギャップ・レポート』で、日本は今年も116位(146カ国中)という先進国最下位の悲惨な順位だった。...
別窓で開く

『競争の番人』若手女優がかわいすぎると大好評「人形みたいな顔」
杏 坂口健太郎 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 8月22日、坂口健太郎と杏がダブル主演する月9ドラマ『競争の番人』(フジテレビ系)の第7話が放送された。この回にゲスト主演した若手女優が話題となっている。刑事の白熊楓(杏)は、ミスが原因で公正取引委員会審査局・第六審査へ異動させられてしまう。...
別窓で開く

エンジェルス売却は大谷翔平に影響!? 日本でも市場価値がある“二刀流”を米記者が高評価!「新オーナーのモチベーションになる」
現地時間8月23日、ロサンゼルス・エンジェルスのオーナーを務めるアート・モレノが球団売却の意向を発表した。この一報を受け、球団関係者やファンをはじめ、各メディアの間でも衝撃が走っている。 昨季アメリカン・リーグMVPに輝いた大谷翔平を擁する同球団。来オフにFAを迎える二刀流スターを今夏のトレードで出...
別窓で開く

【カンフー俳優SP:第2弾】ブルース・リー “神”の軌跡! 子役出演作から未完の傑作『死亡遊戯』までを辿る
■生後3ヶ月で子役デビュー!生涯で出演した映画は5本のみ……と思っている人も多いと思うが、ブルース・リーは生後3ヶ月で『金門女』(1941年)に出演して以来、数多くの映画に出演したベテラン子役であった。1958年にアメリカに渡るまでに出演した映画は、先の『金門女』を含めて25本。...
別窓で開く

アメリカ政府に蔓延していた敵対勢力の工作員。彼らはアメリカの対中政策を祖国の利とするため、ルーズヴェルト大統領名義で送られる中国宛の公電にも、自らの党派の主張を盛り込んでいた。なぜ、不適切な表現は修正されることなく蒋介石のもとに届いていたのだろうか? インテリジェンスヒストリー(情報史学)に詳しい山...
別窓で開く

まんま「ルパン三世」なジャン=ポール・ベルモンド! 有名作品の“意外な元ネタ”ほか解説!「傑作選」第3弾開催
『カトマンズの男』LES TRIBULATIONS D’UN CHINOIS EN CHINE a film by Philippe de Broca © 1965 TF1 Droits Audiovisuels All rights reserved.ジャン=ポール・ベルモンドを映画史的...
別窓で開く


[ the 不二子 the アメリカ ] の関連キーワード

ブルース ドミニカ ゴジラ ポール ジャン