本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『初恋の悪魔』「あなた誰?」“星砂”松岡茉優の豹変ぶりにネット騒然「二重人格?」
俳優の林遣都と仲野太賀が主演を務め、坂元裕二が脚本を手がける土曜ドラマ『初恋の悪魔』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の第3話が30日に放送され、松岡茉優扮する摘木星砂が豹変する姿が描かれると、ネット上には「えっ!?何??」「二重人格?」などの反響が巻き起こった。...
別窓で開く

舞台『HEISENBERG(ハイゼンベルク)』開幕 キャストコメント到着&舞台配信決定
舞台『HEISENBERG(ハイゼンベルク)』が、7月30日中野 ザ・ポケットにて初日公演を迎え、キャストの小島聖、平田満よりコメントが到着した。『HEISENBERG』は、『夜中に犬に起こった奇妙な事件』でトニー賞演劇作品賞を受賞した、脚本家サイモン・スティーヴンスによる2人芝居。...
別窓で開く

「国による医学的・経済的援助はゼロ」…終戦から12年間、原爆被害者が見殺しにされていた衝撃
「死ぬべきものは死んだ」広島・長崎原爆の「残留放射能汚染」をアメリカが徹底的に否定した理由 から続く 戦後、広島、長崎の両被爆地では、原爆放射線の急性障害や白血病といった原爆症に倒れ、急逝する人が相次いでいた。しかし、それにもかかわらず被爆者に対する国の支援が開始するまで12年もの年月を要した理...
別窓で開く

【2022年夏】読者が「最もハマっている韓国俳優」ランキング<1位〜15位>
【モデルプレス=2022/07/30】モデルプレスでは「今最もハマっている韓国俳優は?」をテーマにTwitter・Instagramにてウェブアンケートを実施。読者が今夏にハマった韓国俳優トップ15を発表する。...
別窓で開く

敵将が「対戦したくない」と恐れた大谷翔平が4タコ。冴えたオールスター左腕の老獪投球に苦戦のエ軍は連敗
現地時間7月29日、ロサンゼルス・エンジェルスは本拠地で行なわれたテキサス・レンジャーズで2対7と敗戦。この日は「2番・DH」でスタメン入りを果たした大谷翔平は、4打数ノーヒットに終わった。 前日に“リアル二刀流”で先発マウンドに立ったために休養日になるかと思われた大谷。...
別窓で開く

『初恋の悪魔』第3話 鈴之助が星砂への屈折した感情を抱える中、不思議な万引き事件が発生
俳優の林遣都と仲野太賀が主演を務め、坂元裕二が脚本を手がける土曜ドラマ『初恋の悪魔』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の第3話が30日の今夜放送される。 本作は『Mother』『Woman』『東京ラブストーリー』などのヒットドラマで知られる脚本家・坂元裕二が書き下ろす、小洒落てこし?れたミステリアスコ...
別窓で開く

「来年に白旗を振るようなもの」“大谷翔平のトレード”がもたらすダメージは? 米記者がエンジェルスの決断に迫る
104年ぶりの“偉業”は持ち越しとなっても、28歳のサムライに対する話題は尽きない。 現地時間7月28日に本拠地で行なわれたテキサス・レンジャーズ戦で、「1番・投手兼DH」で先発したロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、6回2失点11奪三振と力投したが、チームは0対2で敗戦...
別窓で開く

「正しく評価しよう」米アナリストが大谷翔平の“二刀流”の価値を再強調!「みんな十分に評価できていない」と不満
現地時間7月28日、テキサス・レンジャーズ戦に「1番・投手兼DH」で先発したロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、6回(98球)投げ、2失点、11奪三振を記録。6試合連続で2桁奪三振と好投も、味方の援護がなく黒星を喫した。...
別窓で開く

圧倒的なコミュニケーション能力だが…カメレオン俳優・中村倫也(35)が明かしていた、過去の意外な「コンプレックス」
 演技だけではなく、インタビューや舞台挨拶においても強く観客を惹きつけるタイプの俳優がいる。中村倫也はたぶん、日本の俳優の中でも指折りに、そうした場での言葉の力を持っているタイプだ。■舞台あいさつで見せる、圧倒的なコミュニケーション能力 演説のように論じ、名言を吐く、というタイプとは少し違う。...
別窓で開く

【7月29日は筋肉を考える日】読者が選ぶ「筋肉イケメン」ランキングを発表<1位〜20位>
【モデルプレス=2022/07/29】モデルプレスはこのほど、7月29日の「筋肉を考える日」にちなみ「あなたが思う“筋肉イケメン”は?」をテーマにウェブアンケートを実施。モデルプレス読者が選ぶ「筋肉イケメン」トップ20を発表する。...
別窓で開く


[ the 不二子 the ] の関連キーワード

heisenberg ハイゼンベルク