本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「2022ヒット予測」女優部門トップ10 上白石萌歌が“裏”ブレイク登竜門、福本莉子が次世代ヒロイン本命、今田美桜は国民的女優へ【モデルプレス独自調査】
【モデルプレス=2022/01/01】毎年恒例、女性向けエンタメ&ライフスタイルニュースサイト「モデルプレス」による「モデルプレスヒット予測」。7年目を迎える今回も、事前に自社SNSをベースに読者アンケートを実施。そこにモデルプレス編集部の目利きによる審査を加えて、独自にポイント化した。ここでは【女...
別窓で開く

イチローと大谷翔平。日本が生んだ2人の天才はいかにしてMLBの「頂点」を極めたのか?<2021百選>
2021年のスポーツ界における印象的なシーンを『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る当企画。今回は、日本が生んだ天才であり、互いにMLBのMVPとなったイチローと大谷翔平を好対照な頂点を極め方を取り上げる。記事初掲載:2021年11月20日——◆——◆—— 2019年の春にイチローが引退した...
別窓で開く

舞台女優としての存在感をみせた大竹しのぶ、吉右衛門最後の石川五右衛門など 演劇ジャーナリスト・大島幸久が振り返る、2021年お芝居myベスト
新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄された演劇界も2021年はようやく息を吹き返し、感染対策を施しながら、公演は前年より大幅に増加した。ちなみに観劇数は332公演となった。①栗山民也が演出した『the DOCTOR』(PARCO劇場。11月10日所見)、フィリップ・ブリーン演出『夜への長い旅路』(シア...
別窓で開く

鬼滅の刃フィーバー続く 米国までも魅了した【2021重大ニュース】
「鬼滅の刃」のフィーバーがまだまだ止まらない。劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の大ヒットの波に乗り、2021年もさまざまな旋風を巻き起こした。関連商品が発売されれば、それを買い求める人が殺到したり、転売行為が横行したり。作者・吾峠呼世晴さんが、米誌「タイム」が選ぶ「次世代の100人」に選出されたり、我が...
別窓で開く

宝塚歌劇の2021年を振り返る 増えた「日本物」と斬新演出、有料配信も定番に
昨年はコロナ禍で長期休演を余儀なくされた宝塚歌劇だが、2021年は休業要請に伴う4月26日〜5月10日の休演期間を除いて1年を通して作品が上演できた。生オーケストラや新人公演も再開され、コロナ前の姿を取り戻しつつある。21年の公演を振り返りながら、一年のトレンドを読み取ってみよう。...
別窓で開く

年末年始に見たい!韓ドラオタクが激推しする“隠れた名作韓国ドラマ”5選【ハングクTIMES】
『ヴィンチェンツォ』や『イカゲーム』など、昨年に引き続き数々の韓ドラに注目が集まった2021年。ですが取り上げられているのはほんの一部の作品。...
別窓で開く

仁科貴語った 父・川谷拓三さんの『仁義なき戦い』秘話と北野映画出演に涙した理由
「主演の戸田恵梨香さんや永野芽郁さん、ムロツヨシさん、監督も含め、ほとんどの人が初対面だったので、かなりアウェーな撮影現場。唯一、山田裕貴君だけは映画『闇金ドッグス』で共演して知り合いだったので、心強かったです」こう語るのは、‘21年の人気ドラマ『ハコヅメ』(日本テレビ系)の第6話で、パチンコにハマ...
別窓で開く

【独占】嵐・大野智、芸能活動休止中に「マザー牧場」デート! 【下半期スクープ】
女性と親しげに寄り添い、馬にエサをあたえる大野智。“牧場デート“を満喫していた 2021年も残るところあと数日。やっとコロナの終息が見えはじめてきたが、オミクロン株の出現により再び不穏な日々が続いている。2021年の下半期を振り返ってみると、東京五輪開催や総裁選、眞子さんの結婚など、大きな出来事があ...
別窓で開く

読者が選ぶ「2021年最も面白かった邦画」ランキング<1位〜10位>
【モデルプレス=2021/12/29】モデルプレスでは、このほど「2021年最も面白かった邦画は?」をテーマにウェブアンケートを実施。モデルプレス読者が選ぶ、2021年の“最も面白かった邦画”トップ10を発表する。...
別窓で開く

時空を超えて神奈川県内に迷い込んだ孫悟空一行と旅する『冒険者たち 〜JOURNEY TO THE WEST〜』
新芸術監督・長塚圭史のもと2021年度よりシーズン制を導入したKAAT 神奈川芸術劇場。春から夏のプレシーズンを経て秋からスタートしたメインシーズンは“冒”をテーマにしたさまざまなプログラムを上演している。その掉尾を飾る作品は、来年2月に開幕する『冒険者たち 〜JOURNEY TO THE WEST...
別窓で開く