本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



尹大統領、米国主導のIPEF首脳会談に出席…APECをきっかけに日米韓さらに緊密に=韓国報道
ユン・ソギョル(尹錫悦)大統領が8月のキャンプデービッドでの会議に続き、今月に予定されている米国訪問でも「日韓連帯」を強固にする方針だ。尹大統領はアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席することをきっかけに、日本と米国の首脳と会談し、経済や安保協力について話し合う予定だ。...
別窓で開く

<W解説>中国が韓国などへの団体旅行を解禁=旅行業界はあの手この手で中国人観光客を誘致
中国政府は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて制限してきた、中国人の韓国や日本など世界78か国・地域への団体旅行を今月10日から解禁した。2020年1月に禁止して以来、約3年半ぶりの再開。韓国政府は「新型コロナで困難を経験した観光業界だけでなく、航空、流通業界も新しい活力を得ることを期待する」と歓...
別窓で開く

中国、「韓国行き団体旅行」を全面解禁…「対中友好情緒」を促進か?
中国政府は、新型コロナウイルス感染症の防疫緩和にもかかわらずこれまで塞(ふさ)いでいた「韓国行き団体旅行」を全面解禁することにした。中国文化観光部(省)は10日、中国人の海外団体旅行許可対象国78か国を発表し、日本や韓国・米国などをその対象に含めた。...
別窓で開く

<W解説>またしても中国で「限韓令」発令?韓中関係の悪化が影響か
中国のバラエティ番組にゲスト出演する予定だった韓流スターが突如キャンセルとなったと韓国メディアが報じた。韓国の公共放送KBSは、「韓流文化の中国への流入を制限する、いわゆる『限韓令』が復活する兆しではないかとの見方が出ている」と伝えた。また、最近、中国では韓国最大のポータルサイト「NAVER」にアク...
別窓で開く

世界数十都市に拠点を構築している中国ハッカー部隊の怖さ
米国州政府のネットワークをハッキングした「APT41」、韓国の公共機関のウェブサイトを攻撃した「暁騎営(シャオチーイン)」など、中国のハッカー集団が外国企業や政府機関を攻撃したというニュースに触れる機会が近年多くなってきた。日本随一の中国ウォッチャーとして知られる宮崎正弘氏が、世界一とも言われる中国...
別窓で開く

中国が「過剰反応しない」理由 ゼレンスキー大統領「G7広島サミット」出席
戦略科学者の中川コージが5月23日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ・ゼレンスキー大統領のG7広島サミット出席について解説した。...
別窓で開く

北朝鮮がミサイル実験を急ぐ「もう1つの理由」 アメリカを振り向かせるためだけではない
ジャーナリストの須田慎一郎が2月20日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。2月18日に発射された北朝鮮の大陸間弾道ミサイル「火星15」について解説した。...
別窓で開く

<W解説>2022年も「日中韓首脳会談」は見送り=2か国間に懸案あっても開催の当初の原則に立ち返るべき
日本、中国、韓国3か国による首脳会談が今年も見送られることとなった。2019年12月に中国で開かれたのが最後で、3年連続の見送り。元徴用工訴訟問題を抱える日韓関係や、中韓関係が悪化していることが要因となっている。日中韓首脳会談は1999年に当時の小渕恵三首相の提唱により、フィリピンでの国際会議に合わ...
別窓で開く

「世界で最も反中感情が強いのは韓国人」「独特の嫌い方」米外交専門メディア
韓国人の反中感情が世界56カ国の中で最も強い水準だという調査結果が出ている。24日(現地時間)、米外交専門媒体「ディプロマット」によると、中央ヨーロッパアジア研究所(CEIAS)などが参加した国際研究陣が今年4月11日〜6月23日の間、韓国成人男女1364人を対象に中国に対する認識などを問う世論調査...
別窓で開く

<W解説>中国のOTTで韓国映画の上映が再開=「限韓令」解除につながるか?
韓国の大統領室は今月22日、中国のオンライン動画配信サービス(OTT)で、韓国映画の上映が再開されたことを明らかにした。中国は韓国と米国が2016年、米国の最新鋭地上配備型迎撃ミサイル「高硬度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に合意したことに反発し、韓流コンテンツの流通を制限する「限韓令」を発令...
別窓で開く


[ thaad アジア ] の関連キーワード

アメリカ 北朝鮮

<前へ1234次へ>