本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“中国序列3位”に会う尹大統領…「中韓首脳会談」「サード」が “最大課題”
中国共産党の序列3位である、中国全国人民代表大会(全人代)の栗戦書(りつせんしょ)常務委員長が15日、66人の大規模な中国代表団を引き連れ訪韓する。先月には米国序列3位のナンシー・ペロシ米国下院議長が訪韓したが、当時「電話会談」だけを行なったユン・ソギョル(尹錫悦)大統領は、16日午後に栗常務委員長...
別窓で開く

韓国・星州に「THAADミサイル装備搬入」で市民らが猛反発
韓国・キョンサンブクト(慶尚北道)ソンジュ(星州)の駐韓米軍THAAD基地地上アクセス正常化のための政府当局の措置が、去る4日未明に本格に施行された。THAAD反対団体によると、日曜日だったこの日午前1時30分ごろ、装備やオイルを積んだ車両1台、ワゴン車などおよそ10台がTHAAD基地に搬入された。...
別窓で開く

韓国・ユン大統領の就任から4ヶ月 日本はどこまで彼を信頼できるのか
ムン政権の5年間、日韓関係は戦後最悪とまで言われた。しかし、今年5月、日韓関係の改善と発展を目指すユン政権が誕生したことで、日韓関係が飛躍的に改善することが内外で大きく期待された。■日韓関係からの脱却に暗雲もちろん、就任から4ヶ月あまりで同政権の全てをジャッジできるわけではない。...
別窓で開く

<W解説>韓中国交正常化30周年、韓国は今後、中国とどう向き合うべきか?
韓国と中国は24日、国交正常化30周年を迎えた。かつて敵対関係にあった中韓は、朝鮮戦争後、脱冷戦の流れによる関係強化を図ってきた。しかし、中国は、米国主導の対中包囲網に取り込まれた韓国をけん制。現在の中韓間には微妙なムードが漂っている。韓国大統領室は、「これからの30年は、一層成熟し、内実ある関係へ...
別窓で開く

中国、中韓修交30周年にも「サード問題が最も重要」
中韓修交30周年を迎えた24日、中国メディアは「両国の関係において、サード(THAAD:終末高高度防衛ミサイル)のようなデリケートな問題が再発しないようにしなければならない」と主張した。中国の官営英字紙“グローバルタイムズ”はこの日の記事で「中韓関係において、最もデリケートで重要な事案はサード問題の...
別窓で開く

韓国大統領室、中国の “3不1限”の主張に「サードは自衛的防衛手段・安保主権」
韓国大統領室は11日、サード(THAAD:終末高高度防衛ミサイル)の配置・運用に関して韓国政府が「3不1限を宣言した」とする中国政府の主張に対して「政府はサードが北核とミサイル脅威から国民の生命と安全を守るための自衛的防衛手段だということを改めてお伝えする」と一蹴した。...
別窓で開く

米中両国に都合のいい態度をとる韓国の「先にあるもの」
数量政策学者の高橋洋一が8月10日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。8月9日に行われた中韓外相会談について解説した。2022年5月18日、韓国・光州で開かれた光州事件の追悼式典で演説する尹錫悦大統領(共同) 写真提供:共同通信社中韓外相会談、中国が韓国に圧力中国の王毅国務委...
別窓で開く

中韓外相が「チップ4」「サード」など率直な対話…「中韓関係が変わった」=韓国報道
中韓外相が300分間、両国の懸案において熾烈(しれつ)な外交戦を繰り広げた。米国主導の半導体供給網協議体「チップ4」(米・日・韓・台)から「サード」(THAAD:終末高高度防衛ミサイル)「限韓令」(韓流制限令)まで、すべての懸案を議題のテーブルにのせた。修交30周年を迎え和気あいあいとした雰囲気の中...
別窓で開く

アメリカの戦略が見えなかった「ペロシ氏の台湾訪問」 日本はどのような「メッセージ」を示すべきか
国際政治学者で慶應義塾大学教授の神保謙が8月5日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ペロシ米下院議長の台湾訪問について解説した。台湾の立法院(国会)を訪れるペロシ米下院議長=2022年7月3日、台北(ロイター=共同)写真提供:共同通信社中国が弾道ミサイル発射、日本のEEZに5...
別窓で開く

「中国の代案はヨーロッパ」と宣言したが…新たな中韓関係は「宿題」=韓国
スペイン・マドリードで開かれたNATO(北大西洋条約機構)首脳会議の日程を終え、きょう(1日)帰国した韓国のユン・ソギョル(尹錫悦)大統領は、自由民主主義に基づいた価値規範の連帯を掲げ、NATOと米国・日本など西側諸国と「密着」した。一方、朝鮮半島情勢と韓国経済においてかなりの割合を占めている中国と...
別窓で開く


[ thaad ] の関連キーワード

ヨーロッパ アメリカ ペロシ