本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロジャー・フェデラーが明かした妻への感謝「ミルカは僕に本来送るべき人生を忘れさせないようにしてくれた」<SMASH>
右ヒザのケガで1年以上にわたってツアーを離れている男子テニス元世界王者のロジャー・フェデラー(スイス/現47位)。グランドスラム20度の優勝をはじめ、数々の輝かしい功績を残してきた41歳のレジェンドをいつもそばで支えてきたのが妻でかつてプロ選手としても活躍したミルカ・フェデラー氏だ。...
別窓で開く

ウインブルドンに対してATPとWTAが「ランキングポイント付与中止」を決定!<SMASH>
今年6月末に開催されるテニスの四大大会「ウインブルドン」(6月27日〜7月10日/イギリス・ロンドン/芝/グランドスラム)での「ロシアとベラルーシ選手の除外」に対し、ATP(男子プロテニス協会)とWTA(女子テニス協会)は共に「公平性を保つための措置」として、出場する選手にランキングポイントを付与し...
別窓で開く

1年で4人のコーチと別れた全米女王ラドゥカヌ。周囲の批判にも「決断は正しく、かなり自信がある」と反論<SMASH>
昨年9月の全米オープンで当時18歳ながらグランドスラム初優勝を成し遂げた女子テニスのエマ・ラドゥカヌ(イギリス/現19歳/世界12位)。彼女はこの1年で4人のコーチと別れを告げ、現在は暫定的にイギリス・ローンテニス協会(LTA)のサポートを受けながらツアーを転戦している。...
別窓で開く

「フェデラーやナダルを見て、自分も達成したいと」ジョコビッチがツアー1000勝達成。男子テニス史で5人目の偉業<SMASH>
現在開催中の「イタリア国際」(5月8日〜15日/イタリア:ローマ/クレーコート/ATP1000)に出場している、世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、男子テニス史に残る大記録を打ち立てた。 現地時間5月14日に行なわれたキャスパー・ルード(ノルウェー)との準決勝で、6−4、6−3とスト...
別窓で開く

ロシア排除のウインブルドンに制裁措置か? ATPがランキングポイントを与えない案を検討中<SMASH>
ロシアのウクライナ侵攻をめぐり、テニスの四大大会の一つである「ウインブルドン」(6月27日〜7月10日/イギリス・ロンドン/芝/グランドスラム)は同大会からのロシア・ベラルーシ人選手の除外を発表している。そして新たにこの決定に対し、大会に出場した選手にランキングポイントを付与しない可能性が浮上してい...
別窓で開く

イズナー&シュワルツマンの身長差38センチの凸凹コンビが初タッグで初勝利!<SMASH>
男子テニスツアー「イタリア国際」(5月8日〜15日/イタリア:ローマ/クレーコート/ATP1000)は現地5月9日にダブルス1回戦が行なわれ、ジョン・イズナー(アメリカ)/ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)組が5-7、6-3、10-1で、サンティアゴ・ゴンザレス(メキシコ)/アンドレス・モルテ...
別窓で開く

ジョコビッチに数々の栄冠をもたらした元コーチが激白。関係解消理由は「数を減らしたいと望んだ」<SMASH>
男子テニス現世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)の元コーチで、今年3月初旬に同選手との関係を解消したマリアン・バイダ氏が、米テニス専門メディア『Tennis Majors』のインタビューに応じ、互いに別々の道を歩んだ理由を明かした。...
別窓で開く

ロシア選手排除を不公平というナダルをスタコフスキが痛烈批判「ウクライナの人々が死んでいくのはフェアなのか?」<SMASH>
ロシアのウクライナ侵攻を受け、テニスの四大大会の一つである「ウインブルドン」(6月27日〜7月10日/イギリス・ロンドン/芝/グランドスラム)は同大会からのロシア・ベラルーシ人選手の除外を発表している。ところがこの決定には男子テニス現世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を含め、不服を唱える選手...
別窓で開く

優勝賞金1000万円!日本国内に新しい大会「SBCドリームテニスツアー2022」が誕生<SMASH>
日本国内で優勝賞金1000万円という夢のようなテニス大会、『湘南美容クリニック presents SBC Dream Tennis Tour 2022』の開催が決定した。 世界中を転戦してトップレベルの大会でプレーし、賞金やスポンサーを獲得している有名テニス選手は、多くの現役選手の中の限られた存在。...
別窓で開く

ジョコビッチ初戦敗退をコーチが分析!「ワクチン未接種で大会出場が不透明になり心を揺さぶられている」<SMASH>
現在開催中の男子テニスツアー「モンテカルロ・マスターズ」(4月10日〜17日/モナコ・モンテカルロ/クレーコート/ATP1000)で、初戦敗退を喫した世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)。今年5月に35歳を迎える彼は「身体を気遣うため」という理由で新型コロナウイルスのワクチン未接種を貫い...
別窓で開く