本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ベラルーシの元世界1位、アザレンカがウインブルドンの除外措置を真っ向批判「スポーツが団結を示せる機会を失わせた」<SMASH>
今年2月に始まったロシアのウクライナ侵攻はスポーツ界に大きな影響を与えており、無論テニス界も例外ではない。特筆すべきは先の「ウインブルドン」で講じられたロシア・ベラルーシ人選手への出場禁止措置だ。 これまでに5000人以上の市民が犠牲となった今回の紛争を受け、ウインブルドンを主催するオールイングラン...
別窓で開く

西岡良仁が前週大会の優勝&準優勝者を破ってシティOPベスト16入り!「裏優勝は僕」とジョークも<SMASH>
男子テニスツアー「シティ・オープン」(8月1日〜7日/アメリカ・ワシントンDC/ハードコート/ATP500)は現地8月3日にシングルス2回戦が行なわれ、世界ランク96位の西岡良仁が登場。第11シードのアレックス・デミノー(オーストラリア/21位)を3−6、7−6(6)、6−2の逆転で下し、同大会3年...
別窓で開く

元王者マリーのウクライナへの賞金全額寄付に感銘を受け、ワシントンの大会も「正式に寄付をすること」を発表<SMASH>
ロシアの軍事侵攻で苦しむウクライナの人々を何とか助けたいという想いを胸に、かねてから同国を支援する意志を強く示してきた男子テニス元世界王者のアンディ・マリー(イギリス/現50位/35歳)。今年3月にはウクライナの子どもたちへ向けて、今季出場するツアー大会で獲得した賞金を全額寄付すると表明していた。...
別窓で開く

テニス界の“ビッグ3”を世界4位のチチパスが称賛!「彼らがいたからこそ、僕たちのレベルアップにつながった」<SMASH>
男子テニス世界ランク4位のステファノス・チチパス(ギリシャ)がテニス系海外メディア『Go Tennis』のインタビューに登場。自身のキャリアに影響を与えている「ビッグ3」(フェデラー、ナダル、ジョコビッチ)の存在の大きさについて語った。 ATPツアーで10度のシングルスタイトルを獲得している23歳の...
別窓で開く

ウインブルドンに続き、エストニアの大会もロシア&ベラルーシ選手を除外!「我々は明確なメッセージを送る」<SMASH>
今年2月に始まったロシアのウクライナ侵攻はスポーツ界にも大きな影響を与えている。無論テニス界も例外ではなく、今月初旬に行なわれた「ウインブルドン」ではロシア・ベラルーシ人選手の出場を禁止する強硬措置が講じられたばかりだ。 そしてこのほどウインブルドンに続き、ロシアの隣に位置するエストニアの大会でも両...
別窓で開く

「芝のマスターズは理にかなっている」ATP会長がグレードの高い大会を増やす構想を語る<SMASH>
ATP(男子プロテニス協会)の会長を務めるアンドレア・ガウデンツィ氏がウインブルドンの前哨戦として、新たに芝コートでグランドスラムに次ぐマスターズ1000の大会を開催することを前向きに検討していると発言した。 現在行なわれているマスターズ全9大会の内訳はクレーコートが3大会、ハードコートが6大会とな...
別窓で開く

ジョコビッチの全米欠場危機にマッケンローが苦言!「我々は彼を出させる方法を見つけなければならない」<SMASH>
新型コロナウイルスのワクチン接種を完了していないことから、接種義務が課されている「全米オープン」(8月29日〜9月11日/アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)の欠場が見込まれている男子元世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア/現7位)。 ところが現在は苦境に立たされる35歳のレジェンドへ向け、多...
別窓で開く

錦織圭の復帰が延期か。予定していた2大会の出場リストから名前が削除される<SMASH>
昨年10月の「BNPパリバ・オープン」2回戦で敗退して以降、左股関節のケガにより戦列を離れている男子テニスの錦織圭(世界ランク159位)。7月25日から開幕する「アトランタ・オープン」(アメリカ:アトランタ/ハードコート/ATP250)で約10カ月ぶりとなる公式戦出場を予定していたが、再び復帰時期が...
別窓で開く

テニス界のレジェンド、フェデラーの名前が世界ランキングから消える。本人は復帰に意欲「どのようにツアーに戻るのか」<SMASH>
7月11日にATP(男子プロテニス協会)が発表した最新の世界ランキングで、グランドスラム20度の優勝を誇る元世界王者のロジャー・フェデラー(スイス/40歳)の名前が消えたことが明らかになった。米テニス専門メディア『Tennis Majors』など複数の海外メディアが報じている。 昨年3月のカタール・...
別窓で開く

ウインブルドンが中国不明テニス選手を心配するTシャツ「ペン・シューアイはどこだ?」の会場内着用を許可<SMASH>
昨年11月に中国元副首相による性暴力をSNSで告発して以降、その行方がわからなくなっている女子テニスのペン・シューアイさん。今年2月には問題の鎮静化を図りたい当局によって北京五輪会場に姿を見せるなどしたが、五輪閉幕後は再び行方不明となっている。 そんな彼女を心配する活動家4人が7月5日、「ペン・シュ...
別窓で開く