本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



新たな国内ツアー「SBCドリームテニス」がスタート。第1戦のチャンピオンは今井慎太郎と荒川晴菜!<SMASH>
日本のプロテニス選手に夢を——そんな掛け声のもと誕生した、湘南美容クリニック presents「SBC Dream Tennis Tour 2022」が、いよいよ熱戦の火ぶたを切った。 計4戦で構成されるシングルスの新国内テニスツアーで、「1stラウンド」から「3rdラウンド」までの優勝賞金は各10...
別窓で開く

張本智和、伊藤美誠ら日本勢6選手が選出 WTTチャンピオン出場選手リストが公開
24日、WTT(World Table Tennis)は、史上初の開催となる「WTTチャンピオン」の出場選手男女各30名を発表した。日本からは6選手が参加「地上最強の32名が集う大会」というキャッチコピーの「WTTチャンピオン」は、男女各32名の選手がトーナメント方式で優勝を争う。...
別窓で開く

ウインブルドンに挑む19歳の超新星アルカラス!右ヒジに不安抱えるも「プレー自体はいい感じ」<SMASH>
今季だけでツアー4勝を挙げている注目のカルロス・アルカラス(スペイン/世界ランク7位)が、テニス系海外メディア『UBITENNIS』のインタビューに登場。右ヒジのケガの状態を明かすとともに、間もなく開幕する「ウインブルドン」(6月27日〜7月10日/イギリス・ロンドン/グラスコート/グランドスラム)...
別窓で開く

伊達公子さんら日本女子テニス黄金期を築いたメンバーが、経験をジュニア世代に還元する新団体「JWT50」を設立<SMASH>
日本女子テニス界の黄金期を築いた名手が新団体「?般社団法?Japan Women’s Tennis Top50 Club」を設?した。 頂点を目指して世界中から選手が集結する過酷なWTAツアーで、トップ50に入った実績を持つ8名が集い、?本のテニス界の未来について話し合い、テニスに携わる...
別窓で開く

“地上最強の32名が集う”大会「チャンピオン」が史上初開催 ブダペストスマッシュの日程も変更に
16日、WTTはWTTシリーズの大会である「チャンピオン」を7月に開催し、7月11日〜24日に開催予定だった「グランドスマッシュ」ブダペスト大会(以下、ブダペストスマッシュ)の日程を変更することを発表した。WTT(World Table Tennis)とはWTTとは、ITTF(国際卓球連盟)が新たに...
別窓で開く

「日本のプロテニス選手に夢を」賞金とスポンサー獲得のチャンスがある新しい国内ツアー<SMASH>
ファイナルラウンドの優勝賞金が1000万円で話題の『湘南美容クリニック presents SBC Dream Tennis Tour 2022』の記者会見が、6月16日にジャパン・スポーツ・オリンピックスクエアで行なわれた。この新しく誕生するツアーのテーマは「日本のプロテニス選手に夢を」である。...
別窓で開く

元No.1ロディックが今年のウインブルドンで推す選手は悪童キリオス!「彼は芝コートで完璧にプレーできる」<SMASH>
男子テニス元世界ランク1位のレジェンド、アンディ・ロディック氏(アメリカ)が母国のテニス専門チャンネル『Tennis Channel』のインタビューに登場。テニス界で「悪童」の異名を持つ27歳のニック・キリオス(オーストラリア/世界ランク65位)に期待の言葉を寄せた。...
別窓で開く

全米オープンテニスはロシア・ベラルーシ人選手の出場を容認。一方でウクライナへの財政支援も推進予定<SMASH>
今年8月末から開催されるテニスの四大大会「全米オープン」(8月29日〜9月11日/アメリカ・ニューヨーク/ハードコート/グランドスラム)を主催する全米テニス協会(USTA)が、日本時間6月15日未明に同大会へのロシア・ベラルーシ人選手の出場を認めることを公式に発表した。...
別窓で開く

錦織圭がIMGに戻り練習動画を公開!「カッコ良すぎる」「段々と復帰が近づいてる感じ」とファン歓喜<SMASH>
男子テニスの錦織圭(世界ランキング84位)が6月9日、自身のインスタグラムとツイッター(@keinishikori)を更新し、活動拠点としているフロリダの「IMGアカデミー」での練習動画を公開した。 昨年10月の「BNP・パリバオープン」を最後にツアー離脱し、今年の1月に股関節の手術を受け、今夏の復...
別窓で開く

「ノバクには信念がなかった」コーチのイバニセビッチ氏がジョコビッチのナダル戦の敗北について厳しい評価<SMASH>
先週のテニス四大大会「全仏オープン」にディフェンディングチャンピオンとして臨んだ男子テニス世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)。だが順調に勝ち進んだ中で迎えた準々決勝では後に同大会14度目の優勝を果たしたラファエル・ナダル(スペイン/4位)に4時間を超える死闘の末に2−6、6−4、2−6、6−...
別窓で開く