本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



早田、接戦をものにし2回戦へ 男女単で多くの日本代表が初戦<卓球・WTTシンガポールスマッシュ2022>
<卓球・WTTシンガポールスマッシュ2022 日時:3月7日〜20日 場所:シンガポール>11日、WTT最高峰の大会「グランドスマッシュ」のシンガポール大会の本戦は初日を迎えた。11日総括写真:戸上隼輔(明治大)/提供:WTT男子シングルス1回戦には戸上隼輔(明治大)が登場。...
別窓で開く

張本、伊藤が登場 WTT最高峰の大会いよいよ本戦へ<卓球・WTTシンガポールスマッシュ2022>
<卓球・WTTシンガポールスマッシュ2022 日時:3月7日〜20日 場所:シンガポール>WTT最高峰の大会「グランドスマッシュ」のシンガポール大会の本戦が、11日より開幕する。WTT(World Table Tennis)とはWTTとは、ITTF(国際卓球連盟)が新たにスタートさせた、卓球の国際大...
別窓で開く

海外遠征を目指すジュニアの熱き戦い「New Generation Tennis石黒杯」結果<SMASH>
日本テニス界のレジェンド石黒修氏の名を冠した「New Generation Tennis石黒杯」の全国大会が、2月24日〜26日に福岡県北九州市の三萩野庭球場、桃園庭球場、穴生ドームにて開催された。 この大会では、全国各地区で実施された予選を勝ち抜いた精鋭ジュニアが、男女各10歳以下(グリーンボール...
別窓で開く

試練のシーズンを送るジョコビッチが15年間師事したコーチと関係解消「彼がしてくれたこと全てに感謝している」<SMASH>
男子テニス世界ランク2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、長く自身のコーチを務めてきたマリアン・バイダ氏との契約を解消したことが明らかになった。 2006年から約15年にわたってバイダ氏の指導を受けてきたジョコビッチ。右ヒジのケガに苦しんだ17年シーズンに2人は一時的に解散したものの、翌18年に...
別窓で開く

テニス統括団体がロシアとベラルーシへの制裁を決定。団体戦出場を禁止、モスクワのツアー大会は中止に<SMASH>
IOC(国際オリンピック委員会)がロシア人の競技者を国際大会から除外するように通告するなど、ロシアによるウクライナ侵攻はスポーツ界にも大きな影響を及ぼしている。それを受けてテニス界でも、ロシアおよびそれを支援するベラルーシに対して各統括団体が制裁措置を課すことを決めた。...
別窓で開く

 元日本代表の本田圭佑がプロデュースする「SOLTILO FAMILIA SOCCER SCHOOL」を運営するSOLTILOが3月1日、2022年4月から新たに子ども及び大人向けテニススクール「SOLTILO TENNIS SCHOOL & ACADEMY(ソルティーロ テニススクール &...
別窓で開く

メキシコで5年ぶりに8強進出の西岡良仁、世界1位確定のメドベージェフに敗れるも「良い経験値が増えた」<SMASH>
現在開催中の男子テニスツアー「メキシコ・オープン」(2月21日〜26日/メキシコ:アカプルコ/ハードコート/ATP500)で5年ぶり2度目のベスト8進出を果たした予選勝者の西岡良仁(世界ランク103位)。現地2月24日に行なわれた準々決勝では第1シードのダニール・メドベージェフ(ロシア/同2位)と対...
別窓で開く

主審への“危険行為”で失格処分となったズベレフ「自分の振る舞いを後悔している」と謝罪<SMASH>
現在開催中の男子テニスツアー「メキシコ・オープン」(2月21日〜26日/メキシコ・アカプルコ/ハードコート/ATP500)に単複で出場していた世界ランク3位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が、失格処分を受けるという事態が発生した。...
別窓で開く

“9度目の正直”達成のオジェ-アリアシムへ。フェデラーから「よくやったよ!」と祝福メッセージ<SMASH>
2019年2月の「リオ・オープン」から実に8度にわたりツアー決勝に進出するも、あと一歩及ばずタイトルの逃し続けてきたフェリックス・オジェ-アリアシム(カナダ/世界9位)。決勝までは伸び伸びとプレーするものの、最後の最後で敗れてきたために「シルバーコレクター」と呼ばれていた。...
別窓で開く

まさに天国から地獄。激闘の末にタイトルを手にした米選手が、表彰式でまさかの罰金処分に!<SMASH>
前週の「ダラス・オープン」(2月7日〜13日/アメリカ・ダラス/インドアハードコート/ATP250)で2年ぶりのツアー優勝を飾ったライリー・オペルカ(アメリカ/世界ランク20位)。幸福の絶頂にあるはずの彼が、“あるルール”を破っていたことを理由にATP(男子プロテニス協会)か...
別窓で開く