本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



トヨタで一番コンパクトなSUV「ライズ」 人気の理由は?燃費や価格が秘訣に
− トヨタライズの特徴とは −トヨタのSUVは、本格オフローダーのランドクルーザーを頂点に、ハリヤー、RAV4、カローラクロスなど、様々な種類のSUVをラインナップしています。その中でもライズは、トヨタブランドのSUVの中で一番コンパクトなデザインを採用したSUVとして知られています。...
別窓で開く

ホンダヴェゼルが超人気!その理由とは?他のSUVと一味違うポイントやハイブリッドシステム「e:HEV」も解説
− ホンダヴェゼルの特徴とは −ホンダ製SUVの中でも、ヴェゼルは同社が製造するミドルサイズSUV「CR-V」に次ぐ世界戦略車として知られています。2021年に現行型である2代目が登場し、日本国内では発売から約1ヵ月後に月間販売計画の5000台の6倍以上である3万2000台以上の受注を得たことで知ら...
別窓で開く

レクサス新型「RX」初公開 “踏ん張り”スタイルの5代目 電動化技術ぎっしり
「同じドライブでも、もっと気持ちいい感覚になれる」そう!秋ごろから販売開始 レクサスが2022年6月1日(水)、新型ラグジュアリーSUV「RX」を世界初公開しました。 5代目となるRXは、約95の国と地域で約350万台を販売するレクサスのコアモデル。今回は全面刷新で、「スピンドルボディ」と呼ばれる新...
別窓で開く

2022第26回広東・香港・マカオグレーターベイエリアモーターショーが深センで開催
2022第26回広東・香港・マカオグレーターベイエリア国際モーターショーが深センで開催され、100近くの自動車ブランド、1000種類近くの新車が披露されました。消費の潜在力の放出を加速させるため、広東省、深セン市は補助金の交付、指標の増加、中古車と新車の交換などの優遇措置を打ち出し、自動車の購入者に...
別窓で開く

5月19日、ホンダが「新型SUVデザインストーリー」というサイトを公開した。内容は、新型モデルのデザインができるまでの解説だ。その新型SUVの名前は「ZR-V」だという。一体このZR-V、どのようなクルマなのだろうか?端的に言えば、コンパクトSUVの「ヴェゼル」とミドルクラスSUV「CR-V」の間を...
別窓で開く

“EV”で“軽”の日産「サクラ」!そのメリットを享受できるのはどんな人?どんな使い方?
5月20日に発表、今年夏に発売予定の”軽EV(電気自動車)”、日産「サクラ」。SNSやwebの速報記事で早くも注目を集めていますし、日産初となるメタバース上での発表会もちょっとした話題となりました。軽自動車だったり、メタバースだったりと、「おぉ!」と思わせる仕掛けに満ちたサクラですが、政府の補助金を...
別窓で開く

ウクライナ「空飛ぶ砲兵隊」に「SUV砲兵隊」も!? 西側供与のM777榴弾砲 使い勝手抜群なワケ
NATO加盟国がウクライナへ大量に供与しているM777榴弾砲、その使い方が見えてきました。空を飛んで運ぶことよりも、陸上輸送時の使い勝手の抜群さが「目玉」だとか。持ち前の「軽さ」が戦い方を変えています。軽さこそ強さ! M777榴弾砲の使い方 ロシアによるウクライナ侵攻が長期化するなか、アメリカを始め...
別窓で開く

レクサス初となるEV専用モデル「RZ」はスポーツカーのように曲がる!!
販売するクルマを2035年までにすべてEV化するという目標を掲げているレクサス。その先陣を切るRZが世界初公開された。試乗した自動車研究家の山本シンヤ氏にその仕上がりなどを聞いた。* * *■EVブランドになるレクサスの先陣が登場山本 ついにトヨタのプレミアムブランドであるレクサス初のEV専用モデル...
別窓で開く

■価格が安く、デザインがよく、実用性が高いSUVダイハツ・ロッキーとトヨタ・ライズ ダイハツ・ロッキーとトヨタ・ライズは2019年末のデビュー以来、好調なセールスをキープしている。ダイハツは以前から、テリオスとキャミ、ラッシュとビーゴなど、トヨタにOEM供給するコンパクトSUVを開発/生産してきた。...
別窓で開く

「兄弟車」まだ必要? ノア/ヴォクシーはなぜ残ったか “中身同じで別車種”戦略の意義
トヨタ「ノア/ヴォクシー」のように、中身は同じで外側だけ変えて別車種にする「兄弟車」が数を減らしています。昔は3兄弟もありましたが、もはや別車種を用意する理由が希薄に。そのなかでなぜ「ノア/ヴォク」は残ったのでしょうか。絶滅近い、“一部の”兄弟車 クルマには“兄弟車”という関係が存在します。...
別窓で開く