本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



EV中国最大手今年になりテスラも抜いたBYD、「日本上陸」の真の狙いとは何か
中国のポータル/ニュースサイトである網易は23日、広東省深セン市に本社を置く電気自動車(EV)メーカーの比亜迪(BYD)が2023年に日本で乗用車3車種を発売する件について、同社の狙いを読み解く記事を掲載した。BYDは4月、傘下企業を含めて従来型のエンジン車の販売を終了した。...
別窓で開く

第2世代e-POWER搭載に4WDの追加!日産「キックス」のマイチェンはアップグレード感増し増しでした
いま、日本のSUVマーケットでもっとも人気となっているジャンル。それがコンパクトSUVセグメントです。トヨタの「ヤリスクロス」をはじめ、同じくトヨタの「カローラクロス」、ホンダ「ヴェゼル」、そしてスバル「XV」など人気モデルが勢ぞろい。魅力はなんといっても運転しやすい車体サイズとその割に広い荷室、さ...
別窓で開く

さる2022年6月24日、トヨタとスズキはインドにおける両社の協業を発表。7月20日に新型SUV「グランドビターラ」を公開した。この新型SUVはスズキが開発したもので、インドのトヨタ・キルロスカ・モーターで8月より生産。インド国内のマルチ・スズキ・インディアとトヨタ・キルロスカ・モーターの両社から、...
別窓で開く

中国製・電気自動車BYD「2023年1月、SUVの『アットスリー(ATTO3)』日本で販売開始! 」
 2022年7月21日、世界で急速にシェアを伸ばしている中国電気自動車最大手BYD(中国広東省深セン市)。BYDジャパンは、子会社のBYDオートジャパンを設立し、2023年1月から乗用車の販売を開始すると発表した。 2023年1月にミドルサイズSUVの「アットスリー(ATTO3)」、同年中ごろにはコ...
別窓で開く

EV世界級大手のBYD、いよいよ乗用車ラインアップが“日本上陸”へ
BYDジャパンは21日、2023年1月から日本市場に乗用車3種を投入していくと発表した。BYDジャパンは中国広東省深セン市に本社を置く、世界最大の電気自動車(EV)メーカーの一つである比亜迪(BYD)の日本法人。設立は2005年で、日本市場でEVバスやEVフォークリフトの販売などの事業を展開してきた...
別窓で開く

日本の乗用車市場に黒船? 中国BYDついに参入 EV3車種 販社設立し攻勢へ
やっぱりバスだけじゃなかった!独自開発バッテリー搭載の3車種発表 中国のEV大手がついに日本の乗用車市場へ参入です深センを拠点とするBYDの日本法人ビーワイディージャパンは2022年7月21日(木)、日本販売するEVを公開するとともに、販売会社としてBYDオートジャパンを設立したと発表しました。...
別窓で開く

日産「エクストレイル」がデビューしたのは2000年。筆者は当時のことを今もよく覚えている。ライバルとして想定されていたのは、少し前にデビューしていたトヨタ「RAV4」とホンダ「CR-V」だった。この2台は、ともに横置きエンジン前輪駆動(FF)のセダンのプラットフォームを活用していたことが特徴だった。...
別窓で開く

日向坂46加藤史帆、“本当に幸せ”だった『FNS歌謡祭』コラボを回想「テンションブチ上がりました」
日向坂46加藤史帆、“本当に幸せ”だった『FNS歌謡祭』コラボを回想「テンションブチ上がりました」 7月19日深夜に放送された文化放送『レコメン!』にて、日向坂46・加藤史帆が、7月13日にフジテレビ系で放送された『2022 FNS歌謡祭 夏...
別窓で開く

こんにちは、恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラーの堺屋大地です。 僕はLINE公式サービス『トークCARE』にて、年間約1500件のペースでチャット恋愛相談を受けています。また知人経由で対面の相談を受けることも多く、性別・年齢問わずさまざまな方の恋のお悩みをうかがってきました。 こうして数多くの相談を...
別窓で開く

かねて待たれていた日産「新型エクストレイル」が、2022年7月20日に正式発表された。“かねて待たれていた”としたのは、新型エクストレイルが2020年に先行して発表されていた北米向け「ローグ」と基本的に同一のクルマだからだ。普段から自動車メディアをチェックしている人なら、すでにそのデザインや概要をつ...
別窓で開く