本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



トヨタに迫る3つの試練とは?...東洋経済「独走トヨタ」、ダイヤモンド「激変!大学」、エコノミスト「世界経済総予測」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。...
別窓で開く

世界一の富豪、“友人の妻”との不倫疑惑を否定「もう長い間してない」
先週末、世界一の富豪で天才起業家として知られるイーロン・マスク氏と、グーグル共同創設者セルゲイ・ブリン氏の妻との不倫疑惑が報じられた。これに対し、マスク氏は「完全なでたらめ」といちはやく報道を否定。そして今度は、ブリン氏の妻ニコール・シャナハン氏(37)が沈黙を破り、疑惑についてコメントを発表した。...
別窓で開く

これがフェラーリ渾身の12気筒モデル!フェラーリ デイトナSP3に試乗 約2億6000万円。世界限定599台。もちろん即完売
フェラーリのラインナップは古くからV8エンジン搭載モデルとV12エンジン搭載モデルに大別でき、現在ではここにV8エンジンとV6エンジンのハイブリッドモデルが追加されている。...
別窓で開く

「車の月の平均維持費」昨年から約1100円の大幅増「ガソリン代や走行距離の増加」が大きいか
− SUVやミニバン、コンパクトカーの月の維持費とは −ソニー損害保険株式会社が2022年6月17日〜20日の間、自家用車を所有し月に1回以上車を運転する18歳〜59歳の男女1000名におこなった「全国カーライフ実態調査」によると、1カ月あたりの車の維持費は平均1万2800円で、昨年より1100円の...
別窓で開く

—[道路交通ジャーナリスト清水草一]— ◆弱点は1つだけ! やっと輸入車ファンにオススメできる、ハイブリッド車が登場’97年にトヨタが初代プリウスを発売してから25年——。これまでも輸入車でハイブリッドカーを謳うクルマはあったものの、国産ハイブリッド車と比べてイマイチ燃費がよくなかったわけですが、つ...
別窓で開く

「これからの時代は電気自動車(EV)を買うか買わないかではなく、いつ買うかだ」7月21日に開催された発表会でこう語ったのは中国EV大手の日本法人・BYDジャパンの劉学亮社長だ。同社は7月21日、日本の乗用車市場への参入と乗用車の販売・サービス新会社「BYD Auto Japan」の設立を発表した。同...
別窓で開く

輸入車の墓?日本が米中韓のEV激戦地に=韓国ネット「韓国車は売れない」「日本の国民性は…」
2022年7月26日、韓国・マネートゥデイは「『輸入車の墓』と呼ばれる日本の自動車市場が世界各国の自動車メーカーの電気自動車(EV)激戦地となっている」とし、「今年2月に12年ぶりの日本再進出を宣言した韓国現代自動車に続いて中国BYDまで参戦し、静かだった日本の電気自動車市場に火がついた」と伝えた。...
別窓で開く

日産のプレミアム電動SUV「アリア」リーフとの違いは?新時代の電気自動車を解説
− 日産アリアの特徴とは −欧州を中心に、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンで動く従来の内燃機関車の新車販売禁止の流れで、自動車の電動化が注目されています。自動車の電動化とは、電気を動力として使う自動車の事を表しており、内燃機関とモーターを使って走行するハイブリッド車(HEV)や、燃料電池内で水素...
別窓で開く

三菱エクリプスクロスPHEVを購入すると補助金はいくらもらえる?条件や注意点とは
− 三菱PHEVの補助金を徹底解説 −ガソリン価格が高騰している現在、車を買い替えるのであれば燃費が良くて災害発生時に役に立つ車が欲しいところです。そうなると候補に上がるのはEVやPERVといった家に給電できる“蓄電池”としても活用できる車ではないでしょうか。PHEVでありながらSUVという、いわば...
別窓で開く

■高級セダンの代表格「クラウン」新型車が占う国内営業改革の行方 トヨタ自動車の国内での代表車種である「クラウン」の16代目発表が大きな話題となった。7月15日にトヨタは、幕張メッセで「新型クラウン ワールドプレミア」と題した発表会を開催した。クラウンは、かつて「いつかはクラウン」と呼ばれた高級セダン...
別窓で開く


[ suv ] の関連キーワード

フェラーリ デイトナ トヨタ