本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“全豪方式”のコロナ対策はスタンダードには成り得ない。隔離を経験した選手たちの本音【現地発レポート】〈SMASH〉
「どちらか選ぶのではなく、早くノーマルな状態に戻れないかな?」 全豪オープンで実施された“2週間隔離とその後の自由”方式が良いか、あるいは、他のグランドスラムで行なわれた、ホテルと会場内のみに行動範囲が規制された“バブル”が良いか——?今大会、複数の選...
別窓で開く

体格のハンディを不屈の闘志で補ったヒューイット。驚異的なコートカバーとカウンターで頂点に!【レジェンドFILE37】〈SMASH〉
16歳のツアーデビュー戦でセンセーショナルな優勝を飾ったのがレイトン・ヒューイット。身長178センチと、男子選手の中では小柄な身体ながら、世界ランキング1位在位が80週と歴代10位の記録をマークしている。 オーストラリアの新人アレックス・デミノーが現れた時、ヒューイットのプレーを思い出したテニスファ...
別窓で開く

「引退を待つより勝ちに行け」。対ビッグ3に11勝20敗のナルバンディアンが攻略法を明かす〈SMASH〉
男子テニス元世界3位のダビド・ナルバンディアンが、世界ランク41位で21歳のミオミル・ケツマノビッチ(セルビア)の新コーチになることで、久しぶりにテニス界に戻ってきた。 ナルバンディアンと言えば、ビッグ3(ジョコビッチ、ナダル、フェデラー)に対抗できた数少ない選手の1人だ。...
別窓で開く

ビッグサーバーのフリッツはネットプレーの向上がカギ。近年は粘り強さも【若手有望選手の成長|第6回】〈SMASH〉
最近のテニス界は若手選手の活躍が目覚ましい。そんな彼らは、今から3年前の2018年頃から、その片鱗を見せていた。当時21歳以下の“NEXT GEN”として台頭してきた選手を、元プロテニスプレーヤーの辻野隆三さんに解説してもらった。現在の立ち位置とともに検証していく。...
別窓で開く

セルビア期待の星・ケツマノビッチがナルバンディアンをコーチに招へい「彼の経験が大きな助けになる」〈SMASH〉
男子テニス世界ランク41位のミオミル・ケツマノビッチ(セルビア)が、元同3位のダビド・ナルバンディアン(アルゼンチン)を新コーチとしてチームに迎え入れたことが、ATPツアー公式サイトで明かされた。 まだ21歳と若いが、昨年のジェネラリー・オープン(オーストリア/キッツビュール)でツアー初優勝を上げた...
別窓で開く

大会の裏方、ストリンガーも奮闘!完全隔離選手の工夫、大坂なおみのセッティングは?【全豪オープン/現地発レポート】〈SMASH〉
渡航者の人数規制や、入国後の2週間隔離を徹底した今年の全豪オープンテニスでは、選手たちもそれぞれ異なる環境下で、ベストパフォーマンスを出そうと創意工夫を凝らしていた。そのような“チャレンジ”に直面していたのは、大会を支えるスタッフたちも同様である。...
別窓で開く

「シングルス2試合は戦う。もしかしたらダブルスも」錦織圭が意気込み! ATPカップに挑む日本チームが会見〈SMASH〉
2月2日に開幕するATPカップ(男子国別対抗戦/2月2日〜6日)を控え、日本チームが2月1日に、開催地のメルボルンで会見に臨んだ。 ただニュージーランドに住むマクラクラン勉は、ニュージーランドからオーストラリアへの渡航が一時的に停止していたため、未だ現地入りできず。...
別窓で開く

ポスト・モンフィスの呼び声高いティアフォー。メンタル面の成長がカギを握る【若手有望選手の成長|第5回】〈SMASH〉
最近のテニス界は若手選手の活躍が目覚ましい。そんな彼らは、今から3年前の2018年頃から、その片鱗を見せていた。当時21歳以下の“NEXT GEN”として台頭してきた選手を、元プロテニスプレーヤーの辻野隆三さんに解説してもらった。現在の立ち位置とともに検証していく。...
別窓で開く


[ smash atp コーチ ] の関連キーワード

全豪オープン smash レジェンド セルビア atp
ヒュー なおみ

<前へ1234567次へ>