本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



最有力ドジャースはFAのマルティネスにクオリファイング・オファーを提示せず...大谷翔平獲得候補球団の“DH事情”【ナ・リーグ編】<SLUGGER>
ワールドシリーズが終わり、いよいよFA市場の幕が上がる。最注目はもちろん大谷翔平だ。来シーズンはマウンドに立たないとはいえ、2度目のMVPをほぼ集中に収めたも同然の二刀流の天才をめぐって、多くのチームが争奪戦を繰り広げることが予想される。そこで、獲得候補球団として頻繁に名前が上がる球団のDH事情を改...
別窓で開く

球界最高給でも大学アメフトHCの半分以下!カウンセル監督のカブス移籍で浮き彫りになったMLB監督の“薄給”ぶり<SLUGGER>
FA市場開幕を前に、ひと足早く“大物監督”の移籍が実現した。11月6日(現地)、カブスは新監督として、今季までブルワーズで指揮を執っていたクレイグ・カウンセルを招聘したことを発表。これに伴い、デビッド・ロス監督は解任されることとなった。...
別窓で開く

メジャー382本塁打が日本ではまさかの0本...“ダメ外人”と呼ばれたフランク・ハワードは心優しき巨人だった<SLUGGER>
10月30日に87歳で亡くなったフランク・ハワードは、日本でも有名な選手だった。それはメジャー通算382ホーマー、2度の本塁打王に輝いた強打者だったからではなく、1974年に太平洋クラブライオンズ(現西武)に入団しながら、1試合しか出ず帰国・退団してしまったのが理由である。...
別窓で開く

選手、フロント、オーナーが一丸となって手にした初の頂点——実は健全なレンジャーズの「カネで買った優勝」<SLUGGER>
意外なチーム同士の対決となった2023年のワールドシリーズは、レンジャーズが4勝1敗でダイヤモンドバックスを下し、球団創設63年目で初の頂点に立った。【山本萩子のMLBプレーオフ至上主義!│前編】球場の盛り上がり、選手の表情、起用法...何もかもいつもと違う独特の魅力<SLUGGER> 今回のレンジ...
別窓で開く

3年連続“沢村賞”選出の山本由伸、海外メディアからも賛辞!!「メジャーへ飛躍する前に母国の記録にその名を刻んだ!」
今季のプロ野球で最も活躍した先発完投型投手に送られる「沢村賞」に、オリックス・バファローズの山本由伸が選出された。初受賞となった2021年から3年連続での受賞となり、まさに球史に刻まれる大偉業を成し遂げることとなった。 2023年シーズンでは、同じく3年連続で主要タイトル4部門を独占するなど、チーム...
別窓で開く

FA権行使濃厚となった巨人・中田翔の獲得に動く球団はあるのか? ポジション、攻撃力、資金および熱意の3点からフィットするのはどこだ!
巨人の中田翔がFA宣言するかどうか注目されている。坂本勇人が三塁にコンバートされ、一塁へ回った岡本和真に押し出される格好となってしまい、レギュラーで出られる場所を求めているからだ。 しかしながら推定3億円の高年俸に加え、故障の多さ、さらには人的補償の必要なBランクとあって二の足を踏む球団も多そう。...
別窓で開く

生まれた時に父は刑務所、2度の刃傷沙汰...ワールドシリーズで大活躍中の“狂犬”トミー・ファムの壮絶人生<SLUGGER>
ワールドシリーズ第2戦、ダイヤモンドバックスのトミー・ファムが4打数4安打の大当たりで勝利に貢献した。あと1本出ればシリーズ新記録だったにもかかわらず、「チームメイトに大舞台での打席を経験させてあげたかったから」という理由で自ら交代を申し出たことでも話題を集めた。...
別窓で開く

藤浪晋太郎「巨人の岡本和真はメジャーで活躍できる」米データサイト『FanGraphs』のインタビューで回答「彼はコンタクト能力が高い」
米データサイト『FanGraphs』は10月29日、ボルティモア・オリオールズの藤浪晋太郎に行なったインタビュー記事を配信した。【動画】オリオールズ公式が配信!藤浪晋太郎の好投をチェック! 藤浪は日本で対戦した打者のうち、MLBでも優れたパフォーマンスを発揮できる選手として、読売ジャイアンツの岡本和...
別窓で開く

【有識者ARAのドラフト採点】バランスの良さが光ったオリックスが最高評価。狙い通り常広獲得に成功した広島は...<SLUGGER>
今年は投手の豊作年とあって、2巡目までに19人、支配下指名72人中47人を占める空前の投手ドラフトになった。故に、チーム事情に合わせた野手を逃さず指名できたかも重要と言えよう。投手と野手の顔ぶれだけでなく、編成上の狙いや将来の見通しなどを加味して評価した。【氏原英明のドラフト採点:セ・リーグ編】リー...
別窓で開く

大型補強で躍進したレンジャーズと若手中心に意気上がるDバックス——2023年ワールドシリーズの3つのポイントとは<SLUGGER>
2023年のワールドシリーズは、いずれも2年前に100敗を喫しながらも対照的な手法で大躍進を果たしたチーム同士の対戦となった。【山本萩子のMLBプレーオフ至上主義!│前編】球場の盛り上がり、選手の表情、起用法...何もかもいつもと違う独特の魅力<SLUGGER> テキサス・レンジャーズはスター選手の...
別窓で開く