本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



有力候補が次々脱落する中、一時はブルージェイズ入り間近との報道も——大谷争奪戦に全世界が翻弄された狂乱の1ヵ月を振り返る<SLUGGER>
全米が、いや、全世界が注目した大谷翔平のFA争奪戦は、ドジャースとの10年7億ドルの“プロスポーツ史上最高額契約”で決着した。その結末に至るまでの過程を、改めて振り返ってみよう。【関連記事】契約総額7億ドルでも年俸はたった200万ドル!?大谷が提案した前代未聞レベルの「後払い...
別窓で開く

カブスはどこまで本気だったのか?ウィンター・ミーティングの現場から見た“大谷争奪戦狂騒曲”の顛末<SLUGGER>
大谷翔平がドジャースと10年総額7億ドルの契約を交わした、というニュースが流れた時、カブスの地元シカゴのファンの反応は「まあ、最初からそう決まってたんじゃねーの」的な感じだった。...
別窓で開く

「純粋に他人を思いやる心遣い」バレロ代理人が大谷翔平の契約内容を明かす「ショウヘイのやることは何でも前代未聞で、非の打ちどころがない」
大谷翔平はロサンゼルス・ドジャースと10年7億ドルで契約した。『The Athletic』によると、年平均7000万ドルの年俸のうち6800万ドルが後払いで、大谷が契約期間中に手にするのは年間わずか200万ドル。残りは契約期間終了後の2034年から10年間にわたって利息なしで支払われるという。...
別窓で開く

「受け取れない」——大谷翔平はプレゼントを“拒否”されてどう切り返した?ヌートバーが明かすふたりの友情秘話
セントルイス・カーディナルスに所属するラーズ・ヌートバーが『GQ MEN OF THE YEAR 2023』に選出された。男性総合誌「GQ JAPAN」は、公式インスタグラムで今をときめく26歳にさまざまな質問を投げかけた。...
別窓で開く

「史上最高にもなりうる!」ドジャースの大谷翔平&ベッツ&フリーマンが MLB公式“2024年のベストトリオ”に選出!
偉才の“新天地決定”に米球界の期待は高まるばかりだ。 現地12月11日、MLB公式サイトのアンソニー・カストロビンス記者は、「2024年に史上最高のトリオが見られるかもしれない」と見出しを打ち、来季注目の3人組をランキング形式で発表。...
別窓で開く

契約総額7億ドルでも年俸はたった200万ドル!?大谷が提案した前代未聞レベルの「後払い」の詳細が明らかに<SLUGGER>
ドジャースと10年7億ドルという前代未聞の超大型契約を交わした大谷翔平。そのうち、「かなりの額」が後払い形式になることはすでに報道されていたが、ついにその内実が明らかになった。...
別窓で開く

予想以上の好投を見せた楽天・荘司は「よくできました」。二刀流で話題を呼んだ日本ハムの矢澤は...【ドラフト1位選手通信簿:パ・リーグ】<SLUGGER>
2022年のドラフト1位で指名され、大きな期待とともにプロの世界へ飛び込んだ12人の選手たち。彼らはどのようなルーキーイヤーを過ごしたのか。通信簿形式で振り返ってみよう。今回はセ・リーグの6人を紹介する。...
別窓で開く

阪神・森下は3番として「アレ」に貢献、巨人・浅野、DeNA・松尾ら高卒新人も健闘【ドラフト1位選手通信簿:セ・リーグ】<SLUGGER>
2022年のドラフト1位で指名され、大きな期待とともにプロの世界へ飛び込んだ12人の選手たち。彼らはどのようなルーキーイヤーを過ごしたのか。通信簿形式で振り返ってみよう。今回はセ・リーグの6人を紹介する。...
別窓で開く

夢の舞台で放った苦手カーショウからの一打、サイクル王手をかけた特弾..大谷翔平ドジャー・スタジアム名場面集<SLUGGER>
大谷翔平が名門ドジャースへの移籍を決断した。新たな主戦場となるドジャー・スタジアムで、これまで投手としては未登板ながら、打者としては通算15試合で打率.357、1本塁打、OPS1.136。試合数は決して多くないが、その中でも印象的なシーンをいくつか残している。...
別窓で開く

大谷翔平の次のターゲットはエース級先発投手!ドジャースが照準を定める4人の“大物”<SLUGGER>
10年7億ドルというスポーツ史上最高額契約で大谷翔平の獲得に成功したドジャース。だが、そもそもチーム最大の弱点である先発投手陣の補強はまだ手付かずのまま。大谷が市場から消えたことにより、ストーブリーグ戦線が一向に動きだしそうな気配を見せる中、ドジャースも今後さらに積極的に動くことが予想される。...
別窓で開く