本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



大谷、近藤は文句なしで「よくできました」。一方、22年三冠王の村上は思わぬ不振に苦しむ【WBC侍ジャパン戦士の2023年通信簿:野手編】<SLUGGER>
第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を制覇し、日本中を熱狂の渦に巻き込んだ侍ジャパン。その後のレギュラーシーズンでどのようなパフォーマンスを見せたのか、通信簿形式で独自採点した。今回は野手編だ。...
別窓で開く

“日本のエース”山本由伸は貫禄の最高評価。ともに故障離脱の大谷と佐々木朗の評価は?【WBC侍ジャパン戦士の2023年通信簿:投手編】<SLUGGER>
第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を制覇し、日本中を熱狂の渦に巻き込んだ侍ジャパン。その後のレギュラーシーズンでどのようなパフォーマンスを見せたのか、通信簿形式で独自採点した。今回は投手編だ。...
別窓で開く

【山本由伸ドジャース入団会見一問一答】「ついにここまで来れたという嬉しさと、もっと頑張らないとという気持ちの両方がある」——待望のメジャー挑戦へ思いを明かす
現地12月27日、12年3億2500万ドルでドジャースと契約を結んだ山本由伸が、本拠地ドジャー・スタジアムで入団会見に臨んだ。会見での一問一答は以下の通りだ。【関連記事】由伸の巨額契約金は大谷の後払いのおかげ?両選手の規格外契約に見え隠れするドジャースの“深謀遠慮”<SLUG...
別窓で開く

33歳苦労人のメジャー初昇格にがんからの感動復帰劇、心温まる引退セレモニー...【20203MLBグッドストーリーズ】<SLUGGER>
乱闘騒ぎや問題発言で物議を醸す暴れ者がいれば、感動的でハートウォーミングなストーリーがいくつも生まれるのもメジャーリーグの魅力。苦労人のメジャー初安打から一時代を築いたスターの引退劇まで、2023年シーズンを彩った心温まるエピソードを紹介しよう。...
別窓で開く

大乱闘劇を繰り広げたラミレスとアンダーソン、ファンに食ってかかったレンドーン、シャーザーには不正投球疑惑...【2023MLBお騒がせ事件簿】<SLUGGER>
今季は日本プロ野球でもさまざまなスキャンダルが噴出した。だが、騒動の頻度やスケールにおいて、メジャーリーグには到底かなわない。今季も派手な乱闘に監督との確執、失言炎上などトラブルのオンパレード。...
別窓で開く

スナック片手のギャップ萌え写真にSNSが騒然、集合写真でまさかの影武者(?)登場...【2023大谷翔平 珍事件簿】<SLUGGER>
今やワールドワイドなスーパースターとなった大谷。文字通り、一挙手一投足に注目が集まる中、時には思わず笑ってしまうようなニュースも飛び込んでくる。激戦が続く中、ファンの気持ちを和ませた2023年の珍事件を一挙に紹介しよう。...
別窓で開く

ブルージェイズのキアマイアー再契約がベリンジャーの動向に与える影響。総額2億ドル規模の大型契約獲得は難しくなった?<SLUGGER>
現地12月26日、ブルージェイズは今季4度目のゴールドグラブを獲得した好守のセンター、ケビン・キアマイアーと1年1050万ドルで再契約したことを発表した。一見ささやかに見えるこの動きも、実は今オフのFA市場においては小さくない意味を持っている。なぜなら、「大谷翔平に次ぐNo.2野手」と位置付けられて...
別窓で開く

米メディアが「次にMLBで大型契約を得る日本人」を特集。佐々木や村上と並んで名前が挙がった意外な選手とは?<SLUGGER>
MLBの今オフ序盤は、日本人選手が席巻したと言っても過言ではないだろう。大谷翔平が史上最高額となる10年7億ドルでドジャースと契約しただけでなく、山本由伸も投手史上最長&最高額の12年3億2500万ドルでドジャース入りした。...
別窓で開く

大谷一色に染まった夏の祭典、ダブルヘッダーで完封&2本塁打の離れ業..【2018-23大谷翔平BEST GAME10選:後編】<SLUGGER>
エンジェルスでの6年間で、大谷翔平は奇跡のような名場面をいくつも生み出してきた。その中でも、とりわけ印象に残るパフォーマンスを厳選し、時代順に紹介しよう。今回は後編だ。...
別窓で開く

記念すべきメジャー初安打に日本人初のサイクル、初の“リアル二刀流”...【2018-23大谷翔平BEST GAME10選:前編】<SLUGGER>
エンジェルスでの6年間で、大谷翔平は奇跡のような名場面をいくつも生み出してきた。その中でも、とりわけ印象に残るパフォーマンスを厳選し、時代順に紹介しよう。...
別窓で開く