本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【MLBプレーオフ展望:ナ・リーグ】世界一最右翼のブレーブスに死角は?フィリーズの“下剋上”再現にも注目<SLUGGER>
いよいよ明日(現地10月3日)からMLBのプレーオフが始まる。ワールドチャンピオンの座を賭けた争いを制するのは一体どのチームなのか。ナショナル・リーグ進出6チームの戦力を分析する。【山本萩子のMLBプレーオフ至上主義!│前編】球場の盛り上がり、選手の表情、起用法...何もかもいつもと違う独特の魅力<...
別窓で開く

【MLBプレーオフ展望:ア・リーグ】大躍進オリオールズよりも10月の舞台で強さを発揮するアストロズがリーグ制覇最右翼か<SLUGGER>
いよいよ明日(現地10月3日)からMLBのプレーオフが始まる。ワールドチャンピオンの座を賭けた争いを制するのは一体どのチームなのか。アメリカン・リーグ6チームの戦力を分析する。【山本萩子のMLBプレーオフ至上主義!│前編】球場の盛り上がり、選手の表情、起用法...何もかもいつもと違う独特の魅力<SL...
別窓で開く

【山本萩子のMLBプレーオフ至上主義!│後編】10月の大舞台で輝いてこそ真のスーパースター。今年の注目選手は?<SLUGGER>
いよいよ現地10月3日(日本時間4日)からMLBのプレーオフがスタートする。ワールドチャンピオンの座を賭けたシーズン総決算の戦い。『ワースポxMLB』のキャスターを務め、その豊富な知識で業界内をどよめかせている(?)山本萩子さんが「MLBのプレーオフならではの魅力」を語ってくれた(聞き手:久保田市郎...
別窓で開く

【山本萩子のMLBプレーオフ至上主義!│前編】球場の盛り上がり、選手の表情、起用法...何もかもいつもと違う独特の魅力<SLUGGER>
いよいよ現地10月3日(日本時間4日)からMLBのプレーオフがスタートする。ワールドチャンピオンの座を賭けたシーズン総決算の戦い。『ワースポxMLB』のキャスターを務め、その豊富な知識で業界内をどよめかせている(?)山本萩子さんが「MLBのプレーオフならではの魅力」を語ってくれた(聞き手:久保田市郎...
別窓で開く

大谷翔平のユニホームが販売数1位! MLB公式は「畏敬の念を抱かせるパフォーマンスでファンの共感を呼び続けた」と発表
ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平が、ユニホームの売り上げで初めてMLB1位に輝いた。MLB公式サイトは「2023年のダイヤモンドで畏敬の念を抱かせるパフォーマンスを見せて、世界中のファンの共感を呼び続けた」として、「ショウヘイ・オオタニがMLBで最も人気のある選手としてシーズンを終えた」と伝えて...
別窓で開く

NYの2球団は本当に大谷争奪戦に参加するのか。大型契約を抱えるヤンキースより「戦力移行期」のメッツが不気味?<SLUGGER>
ニューヨークに寂しい秋がやって来る——。9月24日、ヤンキースは本拠地でのダイヤモンドバックス戦に1対7で敗れ、同日、ブルージェイズが勝ったことで、プレーオフ進出を逃すことが決まった。メジャー最高の伝統チームは7年ぶりに最も大事な季節にプレーできなくなった。...
別窓で開く

「データは読者を納得させるために必要。でも、マンガ的な面白さはデータを超えたところにある」『ドラフトキング』の作者が語る“リアル”<SLUGGER>
破天荒ながらも、確かな眼力で選手の潜在能力を見抜くプロ野球スカウト、郷原眼力(オーラ)を主人公にした人気マンガ『ドラフトキング』(グランドジャンプ連載)。選手ではなく“裏方”のスカウトを主人公に据えるという斬新さと、抜群のリアリティで名作野球マンガに名を連ねる本作には、果たし...
別窓で開く

「僕個人の意見ではなく、さまざまな人の正義を描きたい」人気マンガ『ドラフトキング』の作者が語る“野球への敬意”と“今後の野望”<SLUGGER>
破天荒ながらも、確かな眼力で選手の潜在能力を見抜くプロ野球スカウト、郷原眼力(オーラ)を主人公にした人気プロ野球マンガ『ドラフトキング』(グランドジャンプ連載)。...
別窓で開く

大谷翔平だけでなくトラウトも移籍!? エ軍主砲の獲得狙う球団を地元メディアが大胆予想!「行きたがっている」と指摘された球団とは?
9年連続でプレーオフ進出を逃したロサンゼルス・エンジェルス。今オフにはフリーエージェント(FA)を迎える大谷翔平の去就がすでにMLB関係者の注目を集めるなか、同じくチームの顔であるマイク・トラウトの今後についても小さくない話題を呼んでいる。 現地9月23日、エンジェルス専門メディア『Halo Han...
別窓で開く

大谷翔平、藤浪晋太郎、そして鈴木誠也??1994年生まれの3人は試練を乗り越え、ただひた向きに前へ前へと進み続ける<SLUGGER>
「翔平と藤浪っていうのは、僕の世代の中でもずっとトップを走ってきた人たちだったんで、僕もそこに負けないように何とか頑張りたいなと思います」——鈴木誠也(9月19日、日本人の右打者で歴代最多の同一シーズン19本塁打を記録した夜)「先が見えなくなって不安になることもある」もがき苦しみながら、鈴木誠也は1...
別窓で開く