本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ベースボールとファミリーをつなぐ存在へ——田澤純一が持ち込んだハイチュウはいかにアメリカで市民権を得たか<SLUGGER>
メジャーリーグのポストシーズンが長くなって以来、Holloween=ハロウィーン(10月31日)になっても、ワールドシリーズが行われるようになった。今年もフィリーズ対アストロズの第4戦がテキサス州ヒューストンで行われる予定になっていて、試合が始まる前後は、ハロウィーンの主役である子供たちが、魔女や吸...
別窓で開く

【ドラフトで西武が狙うべき選手】「まずは即戦力投手の武内、外れ1位で強打者を狙う」のが基本戦略。手薄な捕手や左のリリーフも補強ポイント<SLUGGER>
今季も435得点はリーグ最少と、貧打に苦しんだライオンズ。2018〜19年のリーグ連覇の原動力にもなった“山賊打線”復活に向け、当初は佐々木麟太郎(花巻東高)の指名が有力視されていた。中村剛也、山川穂高ら“ぽっちゃり系スラッガー”の系譜を継ぐ意味でも理...
別窓で開く

【ドラフトで日本ハムが狙うべき選手】佐々木麟太郎不在の今、「最も評価している選手」とは?将来を見据えて下位では高校生捕手や遊撃手も模索すべし<SLUGGER>
「その年に一番高く評価している選手を指名する」。それが日本ハムのドラフトの大原則だ。では、今年のドラフトで最も高く評価しているのは一体誰なのだろう。【2023ドラフト候補ランキング最終版|1〜10位】東洋大・細野、青山学院大・常広、国学院大・武内...1位は果たして<SLUGGER> 1年前の段階で...
別窓で開く

【ドラフトでヤクルトが狙うべき選手】投手は即戦力の大学生、野手は将来性豊かな高校生の「バランス型」が理想<SLUGGER>
ここ5年間で6位→6位→1位→1位→5位とジェットコースターのように順位が大きく変動したヤクルト。今季はチーム防御率がリーグ最下位に沈み、先発投手がイニングを稼げないという弱点が浮き彫りとなった。5年連続で投手をドラフト1位指名しているものの、リリーフ転向や故...
別窓で開く

【ドラフトでDeNAが狙うべき選手】今永、バウアーの流出に備えて即戦力投手の確保が必須。将来の主砲候補も欲しい<SLUGGER>
交流戦で優勝し、今季こそリーグ優勝との期待が高まっていたが、後半戦で大きく失速して最後は3位で終わった。メジャーのサイ・ヤング賞投手バウアーを獲得し、東克樹、今永昇太、牧秀悟、宮撝敏郎ら投打の主力がタイトルを獲得するほど活躍しただけに、落胆も大きい。...
別窓で開く

大谷翔平が28年ロス五輪に出場可能!? ハーパーが「誰もが夢見る」メジャーリーガーの五輪参加を熱望も、米メディアは”シーズン中断”を懸念
日本が誇る二刀流戦士がオリンピックの舞台で躍動する。そんな姿が見られるかもしれない。 現地10月16日、IOC(国際オリンピック委員会)はインド・ムンバイで理事会を開き、2028年に開催されるロサンゼルス五輪の追加競技に提案されていた野球・ソフトボール、クリケット、フラッグフットボール、スカッシュ、...
別窓で開く

大谷翔平はフィリーズでプレーするべきだ!——ブライス・ハーパーとフィラデルフィアの幸福な関係を見て思うこと<SLUGGER>
大谷翔平は、フィラデルフィア・フィリーズでプレーすべきだ。【山本萩子のMLBプレーオフ至上主義!│前編】球場の盛り上がり、選手の表情、起用法...何もかもいつもと違う独特の魅力<SLUGGER> チーム予算上も、チーム編成上もあり得ない話なのだが、大谷はもうこれ以上、「もしかしたら勝てるかも」などと...
別窓で開く

大音量の歓声と罵声??球界最高のホームフィールド・アドバンテージを誇るフィリーズは“最強”ブレーブスを倒せるか<SLUGGER>
アメリカ広しといえど、10月のシチズンズバンク・パーク(フィラデルフィア)ほど“ホームフィールド・アドバンテージ”を感じさせる場所は他にほとんど存在しない。【山本萩子のMLBプレーオフ至上主義!│前編】球場の盛り上がり、選手の表情、起用法...何もかもいつもと違う独特の魅力<...
別窓で開く

最後までプレーオフを争い、日本人右打者初の20本塁打も記録。それでも「悔しいシーズン」と表現した鈴木誠也の負けん気<SLUGGER>
10月1日、敵地ミルウォーキーで行われたブルワーズとの今季最終戦。ラインアップに名前がなかったのは、彼だけではなかった。コディー・ベリンジャー、イアン・ハップ、ニコ・ホーナー、ダンズビー・スワンソン、ヤン・ゴームズといった「2023年カブスの主力」が、今年最後の試合をベンチから見届けることになった。...
別窓で開く

平野が日米通算250セーブの偉業達成! 若手と切磋琢磨しながら投げ続ける守護神が目指す2年連続日本一【オリ熱コラム2023】
オリックスの守護神、平野佳寿が10月2日の日本ハム戦最終回に登板。先頭の中島卓也にヒットを許したものの後続を抑えて、日米通算250セーブを達成した。これは岩瀬仁紀(407セーブ)、佐々木主浩(381セーブ)、高津臣吾現ヤクルト監督(313セーブ)に次ぐ歴代4位の記録で、平野はNPBで242セーブ、M...
別窓で開く