本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【2021展望:オリックス】宮城、太田ら“若手強化指定選手”は結果を残せるか。2年目ジョーンズにも期待
いよいよ2021年のプロ野球が開幕する。頂点を目指す12球団それぞれの浮沈を左右するキーポイントとは一体どこなのか。注目選手も含め、球団ごとに見ていこう。【2020年成績】勝敗:45勝68敗7分(6位)得点:442(6位)失点:502(5位)得失点差:−60(5位)【展望】 2年続けて最下位に沈んで...
別窓で開く

【パ6球団・開幕ローテ予想】楽天は注目度も充実度も球界最高級!千賀が出遅れのソフトバンクはどうなる?<SLUGGER>
いよいよ3月26日の開幕を迎える2021年のプロ野球。各球団の開幕ローテーションはどのような陣容になるのか。パ・リーグ6球団の最新事情を確認しておこう。●ソフトバンク1 石川柊太2 高橋礼3 和田毅4 笠谷俊介5 武田翔太6 大竹耕太郎 昨年の開幕投手を務めた東浜巨、投手三冠を獲得したエースの千賀滉...
別窓で開く

【球団別最高球速ランキング|パ・リーグ】大谷翔平、千賀滉大、伊良部秀輝をはじめ球界屈指の本格派がトップに!
スピードはロマン——バッターにとってのホームランがそうであるように、ピッチャーの放つ剛速球もまた、野球ファンを最も熱狂させるファクターの一つだろう。では果たして、プロ野球12球団の“歴代最速”投手は誰なのだろうか。まずはパ・リーグからだ。(対象はポストシーズンも含む。...
別窓で開く

【パ・リーグ各球団で在籍が最も長い助っ人は?】西武の大砲カブレラと並んで球団野手最長の現役選手は?ロッテは投打ともに助っ人10年選手が存在する唯一のチーム
プロ野球史において、実に1000人以上の助っ人外国人がプレーした。この記事では、その中でも各球団で史上最長の在籍年数を記録した選手を、投手・野手に分けてそれぞれ紹介する。今回はセ・リーグ編だ。今回はパ・リーグ編だ。...
別窓で開く

西武の平良海馬が目指す「防御率0点台と最優秀中継ぎ」の高み。最新機器でノビと制球に磨き<SLUGGER>
昨年のパ・リーグ新人王を獲得した西武の平良海馬投手がインタビューに応じ、順調に進む調整や、今シーズンの想いについて語った。 キャンプ3日目には、ブルペンで153キロのストレートを投げ込むなど、順調な仕上がりをアピールしている右腕は、「球速も出ているので、かなり調子はいい。練習量が増えている影響で、筋...
別窓で開く

【柳田悠岐のアマチュア時代】広島商の無名選手が花開いた大学時代、驚異のポテンシャルを示したある数字とは〈SLUGGER〉
毎年新たなスターが出現するプロ野球の世界。しかし年俸が数億円を超えるような選手も、必ずしもプロ入り前から高い評価を受けてきたわけではない。そんなスター選手のアマチュア時代の姿を年間300試合現地で取材するスポーツライターの西尾典文氏に振り返ってもらった。今回は昨年のパ・リーグMVPにも輝いた柳田悠岐...
別窓で開く

西武の内海哲也が完全復活に意欲「活躍できなければ最後、絶対にチャンスを掴む」〈SLUGGER〉
初日から、連日ブルペンでの投げ込みを続けている西武の内海哲也は、4日も83球を投じ、キャンプ第1クールを締めくくった。「年上なので、一番先にブルペンに入らせてもらっている」という内海。「思ったよりも(身体の)バランスが良くなかったので、ピッチングを修正している。やるからには開幕を目指す。...
別窓で開く

田中、菅野、千賀の動向から見る“移籍制度の歪み”。「FA、ポスティング」の問題点とは?〈SLUGGER〉
コロナ禍でNPBの春季キャンプが無事にスタートした一方、MLBは2月中旬から予定されるスプリングトレーニングに向けて状況が刻々と変化している。 まずは機構側が3月下旬への後ろ倒しを提案したが、選手会が反対の姿勢を示したことで4月1日の開幕へ準備が進められることになった。ただし、キャンプ地のアリゾナで...
別窓で開く

【パ・リーグ編】実力と球団事情から“ドラ1新人”の「2021シーズン」を占う!〈SLUGGER〉
いよいよキャンプインした今年のプロ野球。各球団新戦力が話題となるが、大きな注目を集めるのはやはりドラフト1位で入団したルーキーだ。しかし昨年はアマチュア野球の全国大会が軒並み中止になり、例年以上にプロ入り前の情報が少ないのではないだろうか。そこで各球団の“ドライチ”のルーキー...
別窓で開く

西武ドライチ渡部健人がフリー打撃!譲り受けた“山川のバット“は「細く重かった」〈SLUGGER〉
2年ぶりのパ・リーグ王座奪還に挑む埼玉西武ライオンズは、2月1日に宮崎県南郷市と、埼玉県所沢市で春季キャンプをスタートした。2軍のキャンプが行われる所沢のCAR3219(カーミニーク)フィールドでは、怪我を抱えるドラフト1位ルーキーの渡部健人や、山川穂高らが打撃練習に打ち込み、汗を流した。...
別窓で開く