本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【5月の投打部門別ベスト3:パ・リーグ】ソフトバンクで2人の“4割打者”が躍動!4月未勝利の上沢も5月に急浮上<SLUGGER>
6月9日に5月の月間MVPが発表されるのを前に、投打各部門の月間トップ3を紹介する。今回はパ・リーグ編だ。【打者部門】■OPS ※60打席以上1位 牧原大成(ソフトバンク) 1.1622位 山川穂高(西武) 1.1183位 今宮健太(ソフトバンク) 1.002 リーグ全体で投高打低の傾向が顕著だった...
別窓で開く

長打力を示すISOは本塁打王の岡本以上—?プロ5年目で見えつつある清宮幸太郎の確かな「成長」<SLUGGER>
新庄剛志が新監督に就任して以降、日本ハムへの注目度は急上昇。しかし一方で、開幕後は連敗が続き、5月を終えた段階でチームは最下位と確たる結果はまだ残せていない。そのなかで、どうしても槍玉に挙げられてしまいがちなのが、“未完の大器”清宮幸太郎だ。 リトルリーグ時代からその名を轟か...
別窓で開く

新庄日本ハムの「強み」と「弱点」。積極性が増した打線は長打力増も、先発4番手以降に課題<SLUGGER>
開幕から日本ハムのビッグボス=新庄剛志監督が大きな話題を集めている。もっとも、驚きの発言や行動が注目される一方で、「実際のチーム」がどのような状態にあるのかは触れられる機会が少ないように思う。 現在、日本ハムはパ・リーグ最下位。果たして彼らはどれほどの実力を持ったチームなのか、どういった課題があるの...
別窓で開く

ラプソードがもたらす“変革”と“進化”。ダルビッシュの名言にも通じる「正しい練習」の重要性<SLUGGER>
テクノロジーの波は、野球界にも確実に押し寄せている。 最近、野球中継などで「回転数」や「打球速度」、「打球角度」といったワードを頻繁に耳にするようになった。つい5年ほど前までほとんど使われることのなかったこれらの指標は、『トラックマン』『ホークアイ』、そして『ラプソード』といったトラッキング機器によ...
別窓で開く

DHルール勘違いに岡田監督ドヤ顔、完封でも不名誉記録樹立……交流戦の珍事件簿<SLUGGER>
5月24日からいよいよ始まる交流戦は、今年で17回目を迎える。ここでは、これまでの交流戦で、さまざまな選手が残した珍記録や珍エピソードを紹介しよう。▼広島のDHルール勘違いにオリ岡田監督ニヤリ いまだ予告先発が導入される前の2011年5月20日。京セラドーム大阪で行われたオリックス対広島戦で、前代未...
別窓で開く

数々の迷エピソードに彩られた“愛すべき負け犬”【オカモト“MOBY”タクヤが語るカブス愛:前編】<SLUGGER>
鈴木誠也入団もあって、日本でも再び注目度が高まっているシカゴ・カブス。「SCOOBIE DO」のドラマーで、日本一熱狂的なカブスファンと言っても過言ではないオカモト"MOBY"タクヤ氏に、MLBでも独特の立ち位置を持つカブスというチームの魅力について語ってもらった(聞き手:久保田...
別窓で開く

出番激減中のロッテ田村獲得、将来のため首位打者の松本放出も? 新庄ビッグボスにオススメしたい「4つのトレード案」<SLUGGER>
「ドラフトというよりトレード。どんどんできたらなと。7対7くらい。大型すぎるでしょ(笑)」。5月上旬、日本ハムの新庄ビッグボスはこのように発言した。トレードの権限が監督にあるわけではないし、あったとしてもこのレベルの大型交換劇はまず実現しないだろう。だが1対1の個別案件でなら、「トライアウト」で実力...
別窓で開く

レギュラーシーズン初の日米同日快挙! ソフトバンクの東浜巨が自身初のノーヒットノーランを達成<SLUGGER>
ソフトバンクの東浜巨が、5月11日に行なわれた西武戦でノーヒットノーランを達成。2四球で出塁した走者をいずれも併殺で仕留め、打者27人で西武打線を抑え込んだ。 現在、パ・リーグ本塁打王の山川穂高らを擁する“山賊打線”を相手に、東浜の右腕が唸りを上げた。...
別窓で開く

開幕1か月の「ブレイク投手」は? 新人クローザーの大勢&北山は今後も期待大。一方で赤星は成績悪化の可能性も?<SLUGGER>
プロ野球も開幕から1か月以上が経過。昨季上位のチームが下位に沈むなど、異なる様相を呈している。また、異なるのは選手も同様だ。昨季まで無名だった選手、あるいはルーキーのなかにも、ここまで非常に優れた成績を残している選手もいる。彼らは今後も活躍を維持できるのだろうか。4月にブレイクした投手3名をピックア...
別窓で開く

開幕1か月の「ブレイク野手」は? “4割打者”・松本は危険フラグも、三森と石川は今後も活躍をキープか<SLUGGER>
プロ野球も開幕から1か月以上が経過。昨季上位のチームが下位に沈むなど、異なる様相を呈している。また、異なるのは選手も同様だ。昨季まで無名だった選手、あるいはルーキーのなかにも、ここまで非常に優れた成績を残している選手もいる。彼らは今後も活躍を維持できるのだろうか。3・4月にブレイクした野手3名をピッ...
別窓で開く