本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【勝利貢献指標WARで振り返る2013〜21ドラフト】12球団成功度ランキング1位は西武。最下位は意外にもあの強豪球団<SLUGGER>
言うまでもないことだが、ドラフトの目的は将来、チームの勝利に貢献してくれる選手を指名することだ。では、2013年から21年のドラフトで最も成功したチーム、そして最も失敗したチームはどこなのか。勝利貢献度指標WARを使って、12球団の「ドラフト成功度」をランキング化した。...
別窓で開く

【どこよりも早い2023ドラフト候補ランキング│31〜50位】仙台育英・仁田、山形中央・武田など有力高校生左腕が登場<SLUGGER>
2022年のドラフト会議が終わってまだ2ヵ月余り。だが、プロ野球12球団のスカウトたちはすでに23年のドラフトに照準を定めている。年間400試合以上もアマチュア野球を取材するスポーツライターの西尾典文氏が、現時点での23年ドラフト候補ランキングを選定した。まずは31〜50位を紹介しよう。...
別窓で開く

まさかのWBC代表落選も?侍ジャパンを長年支えてきた坂本、山田、菊池の「微妙な立場」【氏原英明の直球勝負】<SLUGGER>
代表内定メンバーの中に、常連3選手の名前はなかった。 来年3月に開催される第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表のことだ。村上宗隆(ヤクルト)、源田壮亮(西武)や近藤健介(ソフトバンク)ら、すでに何人かの選手の選出が報じられているが、その中に山田哲人(ヤクルト)、坂本勇人(巨人)...
別窓で開く

ダルビッシュの完全試合阻止、サイン盗みへの関与——オリックスへ入団したゴンザレスはエピソード満載の超便利屋<SLUGGER>
オリックスが新外国人として、メジャー通算107本塁打の実績を誇るマーウィン・ゴンザレスを獲得した。今季はヤンキースで85試合に出場したゴンザレスは、さまざまな意味で記憶に残る個性派選手だ。 最大の特徴はその便利屋ぶり。メジャー11年間で捕手以外の8ポジションを守り、球界きってのスーパーユーティリティ...
別窓で開く

バファローズが悲願の日本一、佐々木朗希の完全試合、そして村上の56本塁打&三冠王……【SLUGGER編集部が選ぶ2022年プロ野球10大ニュース】<SLUGGER>
2022年のNPBでは、さまざまな話題や出来事が生まれた。SLUGGER編集部が独断と偏見で選んだ「プロ野球10大ニュース」を紹介しよう。●10位秋山翔吾が広島で日本復帰 2020年からMLBでプレーしていた秋山だが、今季はメジャーでの出場がないまま6月にパドレスから戦力外通告されて帰国を決断。...
別窓で開く

2022年シーズンをもってプロ野球を引退する選手たちの功績を振り返る
2022年シーズン、オリックス・バファローズが日本一に輝き、幕をとじた日本プロ野球界。日本シリーズの前にはドラフト会議が行われ、新たにプロの門を叩く野球人たちが決まった。来る者がいれば、去る者もいるのが“プロ”という世界。今回は、2022年シーズン限りでプロ野球のフィールドから去ることを決めた選手た...
別窓で開く

2年連続最下位からの脱却に成功した中嶋聡と高津臣吾。球界の“定説”をも覆した両指揮官の意外な共通点とは?
昨年に続いてヤクルトとオリックスの対戦となった日本シリーズ。結果はオリックスが4勝2敗1引き分けで昨年のリベンジを果たし、実に26年ぶりの日本一に輝いた。リーグ連覇を達成する前はともに2年連続で最下位に沈むなど、何かと比較されることの多い両球団だが、指揮を執る中嶋聡監督、高津臣吾監督も現役時代のポジ...
別窓で開く

「早く来年が来ないかな」31人の元NPB戦士たちが『PERSOL THE LAST GAME 2022』で見せた“終わり”と”始まり”<SLUGGER>
去る12月18日。『PERSOL THE LAST GAME 2022』がベルーナドームで開催された。 このイベントは、現役を引退する選手がファンや家族に最後の雄姿を見せる場を提供したいと、『スカパー!』が中心となって開催。今年1月に続く第2回目となる今回は、総勢31名の選手が参加し、家族やファンの...
別窓で開く

世界トップクラスの日本人投手! 21世紀最強のエースは誰だ?
これまでに数多くの素晴らしい投手を輩出してきた日本。NPBはもちろんのこと、世界最高峰のプロ野球リーグ・メジャーでもタイトルを獲得した選手がいるなど、世界を見渡しても「投手王国」と言っていいだろう。そんな数々の選手がいるなか、21世紀最強のエースピッチャーは、いったい誰なのだろうか。獲得タイトルなど...
別窓で開く

鶴岡慎也が「日本ハム→ソフトバンク」移籍決定の近藤健介に熱いエール!「第二のプロ野球人生に幸あれ!」
12月12日、ソフトバンクは、日本ハムから海外フリーエージェント(FA)権を行使した近藤健介を獲得すると発表した。背番号は「3」に決まった。【動画】観客が沸いた!近藤健介が魅せた“超絶キャッチ”をチェック 通算打率.307、2019年・2020年と2年連続でリーグ最高出塁率を...
別窓で開く


[ slugger オリックス オリックス slugger ] の関連キーワード

slugger persol ソフトバンク オリックス game
ジャパン 仙台育英 日本ハム last 佐々木
the