本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ここは山岡しかいない」——崖っぷちのオリックスに救世主! 山岡泰輔が5ヵ月ぶりの“復帰戦”で見せた矜持【氏原英明の日本シリーズ「記者の目」】<SLUGGER>
日本シリーズを制覇するには救世主が必要だ。戦前から予測していた戦力とはまた別の存在、いわばラッキーボーイが出てきた時に、チームは大きく前進する。【日本S第5戦PHOTO】燕5-6オリ|オリが2勝目!壮絶なシーソーゲームはジョーンズ代打弾で決着! 完封勝利を挙げた投手や本塁打を放った打者が目立つのは確...
別窓で開く

石川とマクガフの“覚悟”がかけさせた王手——ヤクルト投手陣が見せた接戦だからこその踏ん張り【氏原英明の日本シリーズ「記者の目」】<SLUGGER>
2度は逃げられない。そんな覚悟だったに違いない。【PHOTO】球場を盛り上げるスワローズ・ダンスチーム『Passion』を一挙に紹介! 日本シリーズ第4戦はまたも1点を争う痺れるゲーム展開だった。特に9回表は、ヤクルトが1点をリードした展開で2死二塁のピンチを迎えるという局面だった。 打席にはオリッ...
別窓で開く

戦線を打開するための「決死の継投策」——ヤクルトが7回に石山を投入した理由【氏原英明の日本シリーズ「記者の目」】<SLUGGER>
なかなか決着の見えない試合だった。 先制しては逆転。すぐに追いつき、勝ち越したかと思ったら、再逆転。日本シリーズ第3戦は、いつ決着が着くのかがまるで見えなかった。 その要因の一つには、両軍になかなか追加点が入らなかったこと挙げられる。 オリックスは3回、1死満塁から宗佑磨の右翼前適時打で1点を先制す...
別窓で開く

「好投手を打ち崩す鉄則」を体現——青木の決勝打の裏にあった西浦のアシスト【氏原英明の日本シリーズ「記者の目」】<SLUGGER>
やや差し込まれた打球がセンターの前にポトリと落ちると、観衆からはため息が漏れた。 オリックス宮城大弥、ヤクルト高橋奎二による投手戦で推移した日本シリーズ第2戦は、8回表2死一、二塁から39歳のベテラン・青木宣親のタイムリーにより、1点を先行したヤクルトが2対0で制した。 やっぱり青木だったか——。...
別窓で開く

反省すべき送りバント失敗のはずが……流れを変えたヤクルトの“致命的ミス”【氏原英明の日本シリーズ「記者の目」】<SLUGGER>
当事者によれば、狙い通りではなかったという。「三塁手に捕らせるところに転がしたかった。ちょっと緩めになってしまって、狙ったところではなかったですね」 2点ビハインドの9回裏無死一、二塁。送りバントを敢行したオリックスの1番・福田周平は、反省すべきプレーとして、そのシーンを振り返った。 しかしこの場面...
別窓で開く

“間”を制す者こそが野球を制す。オリックスとロッテの勝敗を分けた2つの瞬間<SLUGGER>
独特な“間”だった。 2つ見られたその場面は、奇しくもどちらも試合が動かした。 パ・リーグ1位のオリックスが第3戦を3対3の引き分けで終えて、残り試合を消化することなく日本シリーズ進出を決めた。今振り返っても鮮明に蘇ってくるのは、球場が固唾を飲んで見守った“間&r...
別窓で開く

好打者ほど騙される?調子が悪くてもロッテ打線をシャットアウトした山本由伸の“速いカーブ”<SLUGGER>
捕手の若月健矢によれば、サインは一つしかないという。 「110キロくらいのものと130キロを超えてくるのと、それをこちらの意図を理解してしっかり投げ分けるんですから、凄いピッチャーだなと思います」 11月10日、両リーグのクライマックス・シリーズ、ファイナルステージが開幕した。パ・リーグは首位のオリ...
別窓で開く

ホークスの藤本博史新監督は「指導者育成」の賜物。常勝軍団は“新たなフェーズの象徴”をなぜ招聘したのか<SLUGGER>
ソフトバンクの来季監督に、藤本博史二軍監督の昇格が決定的となった。元日本代表監督の小久保裕紀一軍ヘッドコーチが今季から現場復帰していたのは「次期監督候補」との見方が強かっただけに、この人選には意外と受け取る向きが強いかもしれない。 しかし、あえて強調したい。...
別窓で開く

有識者ARAのドラフト通信簿:日本ハムとロッテは高評価! 課題を残した巨人と中日には不安が<SLUGGER>
今年のドラフトは投手の人材が豊富と言われ、逆に希少性の高まった野手が2巡目までに10人も指名された。そのため、今回は「野手を早々に確保したうえで、チームの補強ポイントを満たす投手を確保できたか」をポイントとして評価した。順に見ていこう。...
別窓で開く

氏原英明のドラフト採点:森木獲得の阪神、達を指名した日本ハムが最高評価。一方、目玉の小園を引き当てたDeNAは意外にも?<SLUGGER>
2021年はドラフト史において歴史的な節目になるかもしれない。 各球団のドラフトの方針が「いい選手を取ればいい」というだけのスカウティングから、チームの補強ポイントを軸に指名するチームが増えてきたからだ。もちろん、その中でも戦略的にうまくできたチームとそうでないチームはあった。評判に流されない、軸の...
別窓で開く


[ slugger オリックス ] の関連キーワード

slugger オリックス ホークス 日本ハム ヤクルト
ロッテ