本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



暴力事件を起こした大砲に20年最多勝右腕、快足自慢の韋駄天も【パ6球団の“逆MVP”】<SLUGGER>
12月15日にMVPが発表され、セ・リーグは村上宗隆(ヤクルト)、パ・リーグは山本由伸(オリックス)が受賞した。では、不振や故障などでファンやチームの期待を最も裏切った“逆MVP”を選ぶとしたら一体誰になるだろうか。パ・リーグ6球団から一人ずつピックアップした。...
別窓で開く

打率1割台、外野出場10試合でも票が入る「ベストナイン」。史上8人目の投手五冠でも満票選出されない理由を知りたい<SLUGGER>
「ベスト(best)」——広辞苑の定義によれば「1:最良、最優秀、2:できる限り、最善、全力」と書いてある。なるほど、プロ野球のアウォード投票であるベストナイン賞は、各ポジションの「最優秀選手」を称えるための賞となるわけだ。 12月14日、2021年のセ・パ両リーグのベストナインが発表された。...
別窓で開く

【2021主力選手通信簿|西武】開幕39試合連続無失点の平良は当然の最高評価。一方、2000安打達成の栗山は?<SLUGGER>
全12球団の主力選手の2021年シーズンを5段階の通信簿形式で振り返っていくこの企画。各選手のこれまでの実績や期待値も踏まえて査定し、評価していく。...
別窓で開く

【パ・リーグ6球団通信簿】オリックス、ロッテは高評価も3球団がまさかの「ガッカリ」<SLUGGER>
オリックスが昨年の最下位から下克上を果たしたの2021年のパ・リーグ。開幕前の戦力予想や実際の戦いぶりを踏まえて、全6球団の戦いぶりを通信簿形式で査定していこう。...
別窓で開く

【2021主力選手通信簿|ロッテ】佐々木朗や益田をはじめ投手陣は高評価。だが、次代を担う若手野手は不完全燃焼に<SLUGGER>
全12球団の主力選手の2021年シーズンを5段階の通信簿形式で振り返っていく同企画。各選手のこれまでの実績や期待値も踏まえて査定し、評価していく。...
別窓で開く

日本ハム新助っ人・ガントはどんな投手? 新庄監督も認める“バルカンチェンジ”が武器の「第2のマルちゃん」<SLUGGER>
これまでに決まった新外国人選手の中では、かなりの“大物”ではないか。日本ハムは12月9日、前ツインズのジョン・ガント投手と契約に合意したことを発表した。 29歳のガントはメジャー通算173試合に登板し、24勝26敗3セーブ、防御率3.89。今季も39試合(うち21先発)、11...
別窓で開く

【2021主力選手通信簿|楽天】田中将大は負け越しでも最高評価。10年目で初の打点王獲得の島内にも「よくできました」<SLUGGER>
全12球団の主力選手の2021年シーズンを5段階の通信簿形式で振り返っていく同企画。各選手のこれまでの実績や期待値も踏まえて査定し、評価していく。※A=よくできました、B=まずまずです、C=可もなく不可もなく、D=がんばりましょう、E=ガッカリです【投手】●田中将大[試合] 23 [勝敗] 4-9 ...
別窓で開く

【2021主力選手通信簿|オリックス】投手“五冠“を達成した山本以外にも宮城、宗ら若手が台頭!<SLUGGER>
全12球団の主力選手の2021年シーズンを5段階の通信簿形式で振り返っていく同企画。各選手のこれまでの実績や期待値も踏まえて査定し、評価していく。今回は、昨年の最下位から下克上を果たし、25年ぶりのリーグ優勝を果たしたオリックスだ。...
別窓で開く

「勝利数」や「完投数」を撤廃して「K/BB」を導入すべし!時代に合った「新しい沢村賞選考基準」を考える<SLUGGER>
2021年の沢村栄治賞は山本由伸(オリックス)に決定した。誰もが認める現役ナンバーワン投手は18勝、防御率1.39、206奪三振、勝率.783、4完封と5部門で1位。史上8人目の快挙であり、選考委員会でも満場一致だった。 ところが、これだけ凄い数字を残しても、沢村賞の受賞基準項目中のうち2つを満たし...
別窓で開く

【2021主力選手通信簿|日本ハム】東京五輪でも活躍の伊藤は納得の最高評価。だが、西川や大田らは不甲斐ない結果に<SLUGGER>
全12球団の主力選手の2021年シーズンを5段階の通信簿形式で振り返っていく。評価は各選手のこれまでの実績や期待値も踏まえて査定した。...
別窓で開く


[ slugger オリックス ] の関連キーワード

バルカンチェンジ slugger パ・リーグ オリックス 日本ハム
ロッテ 佐々木