本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【ポジション別ランキング:捕手】強打の森に強肩の甲斐、赤丸急上昇の木下…扇の要ナンバーワンは誰だ?<SLUGGER>
今、それぞれのポジションで最強選手は一体誰なのか? 昨季の活躍やこれまでの実績などを基にトップ5までランク付けした。今回は捕手編だ。...
別窓で開く

【ポジション別ランキング:一塁手】ビシエド、マルテ、レアード…外国人スラッガーがしのぎを削る中でトップに立ったのは?<SLUGGER>
今、それぞれのポジションで最強選手は一体誰なのか? 昨季の活躍やこれまでの実績などを基にトップ5までランク付けした。今回は一塁手編だ。...
別窓で開く

【ポジション別ランキング:遊撃手】史上屈指の遊撃手・坂本の1位に異論なし。“たまらん”源田や新人盗塁王の中野も続く!<SLUGGER>
今、それぞれのポジションで最強選手は一体誰なのか? 昨季の活躍やこれまでの実績などを基にトップ5までランク付けした。今回は遊撃手編だ。...
別窓で開く

【西尾典文が選ぶ『最もすごいストレートを投げた高校生5人』】“令和の怪物”佐々木に加えて意外な顔ぶれが<SLUGGER>
 長年アマチュア野球を見ていると、「これまで見た選手のなかで誰が一番凄かったですか?」という質問をよく聞かれる。投手や野手、カテゴリーによっても異なるため絞るのはなかなか困難だ。 しかし、ここではテーマとカテゴリーに分けてランキング形式で5人ずつ紹介していきたいと思う。対象は現在の記録をとるスタイル...
別窓で開く

ジンクスはあるのか?「2年目」に明暗分かれた過去のルーキーたち<SLUGGER>
栗林良吏(広島)、牧秀悟(DeNA)、宮城大弥(オリックス)、伊藤大海(日本ハム)、中野拓夢(阪神)、伊藤将司(阪神)、佐藤輝明(阪神)……。2021年はルーキーが躍動したシーズンだった。 今年、彼らは「2年目のジンクス」に挑むことになる。...
別窓で開く

【ポジション別ランキング:三塁手】有力スラッガーがひしめく超激戦区。MVPの村上と二冠王の岡本、1位はどっち?<SLUGGER>
今、それぞれのポジションで最強選手は一体誰なのか? 昨季の活躍やこれまでの実績などを基にトップ5までランク付けした。今回は三塁手編だ。...
別窓で開く

【ポジション別ランキング:右翼手】1位は球界最強打者・柳田で決まり!マーティンとオースティンはどちらが上?<SLUGGER>
今、それぞれのポジションで最強選手は一体誰なのか? 昨季の活躍やこれまでの実績などを基にトップ5までランク付けした。今回は右翼手編だ。...
別窓で開く

【ポジション別ランキング:中堅手】柳田の右翼コンバートで頂点は丸に決まり!トップ5すべてをセの選手が占める<SLUGGER>
今、それぞれのポジションで最強選手は一体誰なのか? 昨季の活躍やこれまでの実績などを基にトップ5までランク付けした。今回は中堅手編だ。...
別窓で開く

【プロ野球10代選手歴代ベストナイン】投手は新人王9人がひしめく激戦区。三塁は村上と中西ならどちらを選ぶ?<SLUGGER>
昨季は宮城大弥(オリックス)や佐々木朗希(ロッテ)など、「10代」の選手の活躍が目立ったが、本来プロ野球で20歳未満の選手が活躍するのは至難の業。ここでは、80年以上のプロ野球史でも稀な、10代から活躍した選手のベストナインを選定した。...
別窓で開く

大物も特別扱いなしのソフトバンクは二遊間競争が熾烈に。新庄監督の日ハムは清宮に期待【全12球団春季キャンプの注目点/パ・リーグ編】
2月1日からいよいよ春季キャンプでは、2022年シーズン開幕へ向け、それぞれのチームで激しいポジション争いが展開される。セ・リーグ6球団で最も注目すべきポイントをそれぞれリストアップした。■オリックス:二塁での若手開花が連覇のカギ 昨年は若手のブレイクで25年ぶりのリーグ優勝を手繰り寄せたが、開花が...
別窓で開く