本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【ポジション別ランキング:右翼手】1位は球界最強打者・柳田で決まり!マーティンとオースティンはどちらが上?<SLUGGER>
今、それぞれのポジションで最強選手は一体誰なのか? 昨季の活躍やこれまでの実績などを基にトップ5までランク付けした。今回は右翼手編だ。...
別窓で開く

【ポジション別ランキング:中堅手】柳田の右翼コンバートで頂点は丸に決まり!トップ5すべてをセの選手が占める<SLUGGER>
今、それぞれのポジションで最強選手は一体誰なのか? 昨季の活躍やこれまでの実績などを基にトップ5までランク付けした。今回は中堅手編だ。...
別窓で開く

【プロ野球10代選手歴代ベストナイン】投手は新人王9人がひしめく激戦区。三塁は村上と中西ならどちらを選ぶ?<SLUGGER>
昨季は宮城大弥(オリックス)や佐々木朗希(ロッテ)など、「10代」の選手の活躍が目立ったが、本来プロ野球で20歳未満の選手が活躍するのは至難の業。ここでは、80年以上のプロ野球史でも稀な、10代から活躍した選手のベストナインを選定した。...
別窓で開く

大物も特別扱いなしのソフトバンクは二遊間競争が熾烈に。新庄監督の日ハムは清宮に期待【全12球団春季キャンプの注目点/パ・リーグ編】
2月1日からいよいよ春季キャンプでは、2022年シーズン開幕へ向け、それぞれのチームで激しいポジション争いが展開される。セ・リーグ6球団で最も注目すべきポイントをそれぞれリストアップした。■オリックス:二塁での若手開花が連覇のカギ 昨年は若手のブレイクで25年ぶりのリーグ優勝を手繰り寄せたが、開花が...
別窓で開く

オリックス・椋木は勝利の方程式へ、日本ハム・達とホークス・風間は二軍でじっくり——【ドラ1の目標課題/パ編】<SLUGGER>
いよいよ来週に迫ったプロ野球のキャンプイン。中でも毎年大きな注目を集めるのがドラフト1位で入団したルーキーたちだ。 しかし、同じ「ドラ1」という括りでも、高卒と大卒では1年目から求められるハードルは大きく異なり、同カテゴリーの選手でも完成度は大きな差がある。...
別窓で開く

【パ球団別最高年俸】田中将大が2年連続で歴代最高9億円、“ギータ”も野手最高額を更新! オリックスは山本由伸がどこまで食い込むか<SLUGGER>
新年を迎え、いよいよ3月にプロ野球の2022年シーズンが幕を開ける。果たして、今年の年俸各球団トップ選手は誰なのだろうか。今回はパ・リーグだ。...
別窓で開く

【2000〜15ドラフト総検証:第4回】00年以降のドラフト総決算! 最も“評価”を高めたのはどの球団?<SLUGGER>
第4回は「2000〜15年ドラフト球団別総決算」がテーマ。期間中のドラフトで指名した選手の全通算プレーヤーズ・バリュー(PV)の合計を高い順に並べ、各チームがどれだけ成功を収めたかを総ざらいする。 なお、第1回で述べたように、あくまでPVはリーグ平均の選手と比較した数字だ。マイナスだからといって、必...
別窓で開く

【セ球団別最高年俸】巨人は菅野&坂本が6億円でセ界トップ! 複数年契約の選手が軒並み上位に<SLUGGER>
新年を迎え、いよいよ3月にプロ野球の2022年シーズンが幕を開ける。果たして、今年の年俸各球団トップ選手は誰なのだろうか。まずはセ・リーグからチェックしよう。...
別窓で開く

性格は「優等生」でも選手としては「ダイヤの原石」——「勝負の4年目」を迎える根尾昂に贈りたいイチローの金言<SLUGGER>
中日の根尾昂が「勝負の」4年目を迎える、ことになっているらしい。 確かに、周囲がそう煽りたくなる気持ちも分からないではない。プロ入り同期の小園海斗(広島)はすでに遊撃のレギュラーを獲得。さらに昨年は、ポジションこそ違うが1学年下の奥川(ヤクルト)や宮城大弥(オリックス)、佐々木朗希(ロッテ)も一軍で...
別窓で開く

【球団別最高球速男|パ】大谷、千賀、伊良部…球史を代表する豪腕がずらり。160キロ未到達のチームは果たして <SLUGGER>
スピードは浪漫——。バッターのホームランがそうであるように、ピッチャーの放つ剛速球もまた、ファンを熱狂させるファクターだろう。では、プロ野球12球団の“歴代最速”投手は誰なのだろうか。そして2022年、最速記録を更新する投手は現れるのだろうか。まずはパ・リーグからだ(対象はシ...
別窓で開く