本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「戦力充実度」と「財政余裕度」から診断! 23年オフのFA市場で大谷翔平と最もマッチするチームは?【ア・リーグ編】<SLUGGER>
2023年シーズン終了後にFAとなる大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)。その頃、彼に最もフィットする球団は果たしてどこなのか? 主力選手との契約内容や若手の育成状況、そして何より「24年以降に勝てるかどうか」。さまざまな要素から大谷との「マッチ度」を検証する。※SLUGGER2022年3月号の企...
別窓で開く

大谷翔平の表情に「純粋な喜びと感謝が溢れている」。イチローとの“再会ショット”に稀代の大谷マニアも注目
日本球界が誇る新旧2大スターの2ショットが現地で反響を広げている。【画像】稀代の愛好家も「表情が素晴らしい」と注目! “大谷&イチローの再会ショット”をチェック! 注目を集めているのは、現地時間6月17日に行なわれたシアトル・マリナーズとロサンゼルス・エンジェルス戦での一幕だ...
別窓で開く

仰木監督が見出した元ドラ1、MLB通算601セーブの殿堂入りクローザー。根尾昂の指針となり得る「投手転向の成功例」<SLUGGER>
中日の立浪和義監督が根尾昂の投手転向を発表した。 野手から投手へのコンバートは、日本では数少ないがまったくないわけではなく、アメリカではむしろ盛んに行なわれている。ここでは過去にあった日米における成功例をそれぞれ見ていこう。 NPBの投手コンバートについて特筆すべき名伯楽が、1994年から2001年...
別窓で開く

大物を相次いで外した楽天、ソフトバンクは“助っ人史上最悪の投手”と呼ばれた男【平成・令和パ・リーグ6球団のワースト助っ人は誰だ】<SLUGGER>
光があるところにはまた闇もある。優良助っ人がいれば期待外れな外国人もいる。ここでは、各球団の平成以降の“ワースト外国人選手”を紹介しよう。今回はパ・リーグ編だ。▼オリックスエリック・コーディエ(2016年在籍/投手) 往々にして豪腕投手の多くは荒れ球だが、コーディエはその極致...
別窓で開く

「彼には強い信念がある」イチローが太鼓判を押す21歳の新星。“グリフィー2世”がマリナーズの未来を変える【現地発】<SLUGGER>
開幕から低空飛行が続くマリナーズで、一人気を吐く若者がいる。21歳の黄金ルーキー、フリオ・ロドリゲスだ。チームの将来だけでなく、球界屈指のスーパースターへの成長が期待されるドミニカンの素顔を、地元紙『シアトル・タイムズ』紙の記者が記した。 フリオ・ロドリゲスはいつも笑顔を浮かべながらプレーしているよ...
別窓で開く

MLBから熱視線が送られる山本由伸の“リアル評”。メジャーでの将来像、スカウトが抱いている疑問符とは?<SLUGGER>
山本由伸(オリックス)は現在、日本で最高の投手だ。昨シーズンは勝利(18)・防御率(1.39)・奪三振(206)・勝率(.783)・完封(4)の五冠を獲得した。コマンドも、速球やカッター、スプリッター、カーブの球威も「プラス」評価をつけられる。力強い球を放り、変化をつけ、そして狙ったところに投げ込む...
別窓で開く

細部へのこだわりとシャキーラにのろける人間味。メッツ快進撃を支える66歳の老将ショーウォルター<SLUGGER>
新体制で今季に臨んだメッツが快調に勝ち続けている。5月23日、敵地でのジャイアンツ戦に13対3で大勝した時点で29勝15敗。その後に連敗を喫したものの、シリーズの負け越しはまだ2度のみという安定した強さを発揮し、ナ・リーグ東地区2位のフィリーズに7ゲーム差をつけて独走体制に入った。...
別窓で開く

開幕1か月の「ブレイク野手」は? “4割打者”・松本は危険フラグも、三森と石川は今後も活躍をキープか<SLUGGER>
プロ野球も開幕から1か月以上が経過。昨季上位のチームが下位に沈むなど、異なる様相を呈している。また、異なるのは選手も同様だ。昨季まで無名だった選手、あるいはルーキーのなかにも、ここまで非常に優れた成績を残している選手もいる。彼らは今後も活躍を維持できるのだろうか。3・4月にブレイクした野手3名をピッ...
別窓で開く

デビューから129球連続空振りなし!イチロー級のバットコントロールを誇るルーキーは日本にも縁<SLUGGER>
開幕直後にナ・リーグで鈴木誠也(カブス)の活躍が話題となっていた頃、ア・リーグでも1人のルーキーが躍動していた。ガーディアンズの24歳の外野手、スティーブン・クワンだ。 現地4月7日、ロイヤルズとの開幕戦に「7番・レフト」でデビューすると、メジャー初安打を含む1安打2四球、翌日の同カードでも2安打1...
別窓で開く

【開幕1ヵ月「MVP」と「逆MVP」|DeNA】“マダックス”達成の上茶谷、来日2年目のロメロは連続KOと明暗くっきり〈SLUGGER 〉
 3月25日に開幕したプロ野球は早くも1か月が経過。絶好調の選手、不振に苦しむ選手など早くも明暗が分かれている。全12球団の開幕1ヵ月「MVP」、「逆MVP」を挙げてみよう。今回はDeNAだ。●MVP ・上茶谷大河 開幕1か月MVPには、ここまで2勝負けなしの上茶谷を推したい。...
別窓で開く