本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



佐々木朗希ら若手のための投球制限は「過保護」なのか? メジャーでも話題となる“金の卵”を守る育成法の是非<SLUGGER>
4月のプロ野球で最大の話題は佐々木朗希(ロッテ)だった。 10日のオリックス戦では、プロ野球新の13者連続奪三振を含むタイ記録の1試合19三振を奪い、28年ぶりの完全試合を達成。7日後の日本ハム戦でも8回までパーフェクトを続けた。 その試合では、ロッテの井口資仁監督の決断が世間の注目を集めた。...
別窓で開く

FA権取得時期が延びる「投げ抹消」、年俸調停制度の拡充——日本にMLB並みの労使交渉があったら問題になり得る争点<SLUGGER>
このオフのメジャーリーグは、ロックアウトの話題で持ちきりだった。新労使協定をめぐってオーナー側と選手会が激しく対立。昨年12月に始まったロックアウトは99日間に及び、その影響で開幕が1週間延期となった。 争点はプレーオフ枠の拡大、ナ・リーグのDH制導入からFA補償、若手選手の待遇改善、ドラフト改革、...
別窓で開く

“デグロム超え”の豪腕グリーンより上! 佐々木朗希に現地メディアが感嘆。「日本にも同じクラスのスピードで、そして完全試合の男がいる」
かつて大台と言われた「150キロ」は、彼らの前では完全に過去のものになったと痛感させられる。 日本時間4月17日、ロッテの佐々木朗希は本拠地で行われた日本ハム戦に先発。8回を14奪三振でパーフェクトに抑え、先週10日に達成した史上16人目の完全試合をなんと17イニングまで継続させたのだ。...
別窓で開く

「重要な契約だった」地元メディア、菊池雄星加入による効果を強調 「キクチがいることで長いシーズンへの対応が可能だ」
2022年、新たにトロント・ブルージェイズの一員となった菊池雄星。昨シーズン終了後にフリーエージェントとなって以降、ロックアウトにより所属先が未定となっていたものの、解除後、真っ先にブルージェイズ入りが決まった事実も含め、メジャー4シーズン目を迎える日本人左腕の価値が決して低くはないことが証明された...
別窓で開く

菊池雄星の加入で厚みを増したブルージェイズ投手陣。「プレーオフへの準備が整った」と米メディアが太鼓判
MLBのロックアウトが終了した数日後に、トロント・ブルージェイズと3年総額3600万ドル(約42億円)の契約を結び、メディアの話題をさらった菊池雄星。現在フロリダでのスプリングトレーニングで開幕に向けて態勢を整えている。...
別窓で開く

元ヤクルト・風張蓮も米国へ“輩出”。「アジアンブリーズ」が提供する、アメリカ球界への新たな『移籍』の形
MLBのロックアウトが明け、広島からポスティングシステムで移籍を目指す鈴木誠也の動向が注目される一方、いち早く渡米し、アメリカ球界から這い上がろうとしている日本人選手たちがいる。 とりわけ興味深い選択をしたのが、昨季限りでDeNAを契約満了となった右腕投手・風張蓮だ。社会人野球やメキシコのプロ球団か...
別窓で開く

「新しい大好きな投手」直球“平均球速160キロ”・佐々木朗希にメジャー115億円男も惚れ惚れ!「ただただ非現実的」
大谷翔平と比較されてきた“モンスター”がその資質を大いに発揮し始めている。 3月5日に行われたソフトバンク対ロッテのオープン戦、ロッテの先発マウンドに上がった佐々木朗希は5回で63球を投げて2安打無失点9奪三振の好投を見せたのだが、その内容が規格外だった。...
別窓で開く

「彼の名前を覚えておこう!」佐々木朗希に米メディアも“熱視線”!「2月で163キロは信じられない」
“令和の怪物”のインパクトは日本国内にとどまらず、メジャーも無視できない存在のようだ。 アメリカスポーツメディア『FANSIDED』は現地時間2月21日、千葉ロッテの若き豪腕・佐々木朗希についての記事を寄稿。数々の理由を挙げながら「ロウキ・ササキの名前を覚えておこう!」と綴っ...
別窓で開く


<前へ12次へ>