本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



菊池雄星の加入で厚みを増したブルージェイズ投手陣。「プレーオフへの準備が整った」と米メディアが太鼓判
MLBのロックアウトが終了した数日後に、トロント・ブルージェイズと3年総額3600万ドル(約42億円)の契約を結び、メディアの話題をさらった菊池雄星。現在フロリダでのスプリングトレーニングで開幕に向けて態勢を整えている。...
別窓で開く

元ヤクルト・風張蓮も米国へ“輩出”。「アジアンブリーズ」が提供する、アメリカ球界への新たな『移籍』の形
MLBのロックアウトが明け、広島からポスティングシステムで移籍を目指す鈴木誠也の動向が注目される一方、いち早く渡米し、アメリカ球界から這い上がろうとしている日本人選手たちがいる。 とりわけ興味深い選択をしたのが、昨季限りでDeNAを契約満了となった右腕投手・風張蓮だ。社会人野球やメキシコのプロ球団か...
別窓で開く

エンジェルスがプレーオフに進むには?マーリンズ元社長が改革案を提示「モレノの停職、レンドーンのトレード、オオタニの契約延長だ」
MLB機構と選手会が3月10日(日本時間11日)、ようやく合意に達し、99日間も続いたロックアウトが明けた。これにより春季キャンプは3月13日(同14日)に、オープン戦は3月17日(同18日)に始まることが決まった。開幕試合は3日遅らせた4月7日(同8日)で、ダブルヘッダーなどを挟み、予定通り162...
別窓で開く

4月7日開幕が決定! プレーオフ枠拡大、ドラフト・ロッタリー、ボーナスプール制度…MLB新労使協定の内容を徹底解説<SLUGGER>
ついに、ついに、この時がやってきた。MLB機構と選手会は現地3月10日、新たな労使協定に合意し、4月7日のシーズン開幕が決定。昨年12月2日から続いていたロックアウトが99日間で終了することになった。新たな労使協定の下、いくつかの制度変更・新制度導入が決まった。主な変更点を解説していこう。...
別窓で開く

大谷翔平がエンジェルスを“卒業”する日——ワールドチャンピオンを目指すならFA移籍は不可避?〈SLUGGER〉
昨年9月26日、マリナーズ戦に先発した大谷翔平(エンジェルス)は7回5安打1失点、10奪三振と好投しながら10勝目を逃した。7回表に同点に追いつかれた後の攻撃が無得点に終わると、大谷はダグアウトでバットを叩きつけ珍しく怒りを露わにした。 試合の後の会見で、大谷は次のように語っている。「ファンの人も好...
別窓で開く

またもオーナー側と選手会の交渉が決裂。開幕は4月14日以降にずれ込み、ジャッキー・ロビンソン・デー開催が危機に<SLUGGER>
ロックアウト妥結へ向けての努力は、またも実らなかった。3月9日(現地)、MLBコミッショナーのロブ・マンフレッドは2022年のシーズン開幕が早くとも4月14日以降にずれ込むことを発表。当初の予定から、計4シリーズ分が中止となった。 3月1日の交渉決裂で、すでに最初の2シリーズの中止は決まっていたが、...
別窓で開く

「新しい大好きな投手」直球“平均球速160キロ”・佐々木朗希にメジャー115億円男も惚れ惚れ!「ただただ非現実的」
大谷翔平と比較されてきた“モンスター”がその資質を大いに発揮し始めている。 3月5日に行われたソフトバンク対ロッテのオープン戦、ロッテの先発マウンドに上がった佐々木朗希は5回で63球を投げて2安打無失点9奪三振の好投を見せたのだが、その内容が規格外だった。...
別窓で開く

ロックアウトでも「スズキの固い決意は変わらない」。鈴木誠也の新天地はレッドソックス、またはジャイアンツか
プロ野球は全12球団がキャンプを終え、すでに各本拠地でのオープン戦が始まっている。公式戦もセ・パ両リーグとも予定通り3月25日に開幕すると順調な動きを見せている。【動画】MLBスカウトをも唸らせる一撃! 鈴木誠也が放った特大アーチをチェック 一方、メジャーリーグは労使交渉が難航し、公式戦開幕が遅れる...
別窓で開く

ロブ・マンフレッドを「MLB史上最悪のオーナー」と断言できるこれだけの理由<SLUGGER>
ロブ・マンフレッドがMLBのコミッショナーになって、何か一つでもいいことがあっただろうか? 探せばあったかもしれないが、すぐに挙げられるような明確な功績は思い浮かばない。 反対に、目を覆いたくなる失政ならいくつも指摘できる。今回、オーナー側によるロックアウトが長期化し、開幕延期/シーズン短縮すら現実...
別窓で開く

で、鈴木誠也は結局どこに入団するの?候補チームの現状を改めておさらい<SLUGGER>
MLBのロックアウトが解決へ向け、徐々に動き出している。3月31日(現地)に予定されている開幕を無事迎えるためには、2月28日までに妥結しなければならない。オーナー側、選手会側とも開幕延期は避けたいという点では一致しており、28日までに妥結する可能性は十分ある。 新たな労使協定が結ばれれば、今度は眠...
別窓で開く