本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



MLBから熱視線が送られる山本由伸の“リアル評”。メジャーでの将来像、スカウトが抱いている疑問符とは?<SLUGGER>
山本由伸(オリックス)は現在、日本で最高の投手だ。昨シーズンは勝利(18)・防御率(1.39)・奪三振(206)・勝率(.783)・完封(4)の五冠を獲得した。コマンドも、速球やカッター、スプリッター、カーブの球威も「プラス」評価をつけられる。力強い球を放り、変化をつけ、そして狙ったところに投げ込む...
別窓で開く

2週間で2度目の解雇。通算2635安打のカノ—が再び放出へ。3Aの秋山翔吾にチャンス到来?
大打者の晩年はつらい“旅”が続いている。 現地時間6月1日、サンディエゴ・パドレスが、ロビンソン・カノ—をリリースしたと発表した。5月13日に加入して以降、カノ—は11試合に出場しているが、11試合で33打数3安打(打率.091)、1打点、10三振と結果を残せず。...
別窓で開く

「キング独走の第16号」山川穂高が交流戦2本目の本塁打!上茶谷大河の超スローカーブをバックスクリーンへ叩き込む
5月28日、西武の山川穂高は、ベルーナドームで行なわれたDeNA戦に「4番・ファースト」で先発出場。今季16号となる2ランホームランを放ち、チームの勝利に貢献した。【動画】「キング独走の第16号」山川穂高がバックスクリーンへ叩き込んだ豪快な一発をチェック 2点リードの3回2死一塁で迎えた第2打席だっ...
別窓で開く

「毎日110人以上が銃によって殺され、200人以上が負傷している」銃乱射事件を受け、ヤンキースとレイズが公式SNSで異例の投稿<SLUGGER>
現地5月24日にテキサス州ユバルディの小学校で起こった銃乱射事件は、スポーツ界にも波紋を広げている。 レイズの公式アカウントは26日に行なわれたヤンキース戦を前に、「本日は試合をレポートする代わりに、ヤンキースと共同で、銃による暴力が及ぼす影響を伝えるためにこのアカウントを使用します」と宣言。...
別窓で開く

西武復帰説も浮上した交渉の舞台裏。アメリカに引き留めた“夢物語”への微かな期待【秋山翔吾“最後の挑戦”:後編】<SLUGGER>
4月最後の1週間、パイレーツの筒香嘉智選手を取材するため、ピッツバーグを訪れていた時のことだ。 日本から「西武の渡辺久信ゼネラル・マネジャー(GM)が、秋山奨吾と交渉していることを示唆した」との情報が飛び込んできた。正直な感想は「まあ、そうなるんだろうな」で、驚きはまったくなかった。...
別窓で開く

“ベースボールの吟遊詩人”ロジャー・エンジェルとの「終の別れ」。データではなく野球人生の機微を描き続けた不世出のコラムニストの生涯<SLUGGER>
史上最も愛された野球ライターの一人で、老舗雑誌『The New Yorker』で長年健筆を振るったロジャー・エンジェルが亡くなった。101歳の大往生で、同誌のデビッド・レムニック編集長は「人は誰も永遠に生き続けることはできない。しかし、彼ならばできるのではないかとすら思わせた」と追悼している。...
別窓で開く

ラプソードがもたらす“変革”と“進化”。ダルビッシュの名言にも通じる「正しい練習」の重要性<SLUGGER>
テクノロジーの波は、野球界にも確実に押し寄せている。 最近、野球中継などで「回転数」や「打球速度」、「打球角度」といったワードを頻繁に耳にするようになった。つい5年ほど前までほとんど使われることのなかったこれらの指標は、『トラックマン』『ホークアイ』、そして『ラプソード』といったトラッキング機器によ...
別窓で開く

「野球やってるなぁって感じが凄く楽しい」メキシコに近い田舎町で再起を期す安打製造機【秋山翔吾“最後の挑戦”:前編】<SLUGGER>
灼けつくような暑さを、乾いた空気が和らげていた——。 摂氏35度前後の高温なのに、汗がほとんど出なかった。テキサス州最西端の町エルパソ。メキシコ国境までほんの数ブロックというダウンタウンの片隅に、サンディエゴ・パドレス傘下のAAA級エルパソ・チワワズの本拠地サウスウェスト・ユニバーシティ・パークはあ...
別窓で開く

MLBの解説・実況も務める現役ドラマー、渾身の書。君も、音楽を聴くように野球を聴いてみないか!?
毎年、シーズンが始まると目が離せない! という日本のMLBファンは、今年は耳も離せなくなりそうだ。本書『ベースボール・イズ・ミュージック!』を手に取ったその日から——。映画『私を野球に連れてって』の誕生秘話。球場でのオルガン演奏の変遷。チームごとの定番ナンバーに、選手ひとりひとりのウォーク・アップ・...
別窓で開く

1000ドル奮発した16年ワールドシリーズ現地観戦の感動、そして鈴木誠也への期待【オカモト“MOBY”タクヤが語るカブス愛:後編】<SLUGGER>
鈴木誠也の入団もあって、日本でも再び注目度が高まっているカブス。「SCOOBIE DO」のドラマーで、日本一熱狂的なカブスファンと言っても過言ではないオカモト"MOBY"タクヤ氏に、MLBでも独特の立ち位置を持つカブスというチームの魅力について語ってもらった(聞き手:久保田市郎/...
別窓で開く