本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



エンジェルスは泥沼13連敗も、監督代行の采配に「ネビンは天才だ」と米記者ら喜び!マッドン前監督に皮肉の声も
球団ワーストタイとなる12連敗に苦しむロサンゼルス・エンジェルス。現地時間6月7日、同球団は試合前に急遽、ジョー・マッドン監督を解任し、三塁コーチのフィル・ネビン氏が監督代行に就任すると発表した。 この電撃解任を受け、関係者やファンは動揺を隠しきれない。大谷翔平もそのひとりで、「明らかに(連敗の)す...
別窓で開く

最年長と最年少記録をともに独占、江夏と杉内の史上唯一の快挙とは? 今永だけじゃない“ノーヒッター左腕”の歴史を振り返る<SLUGGER>
6月7日の日本ハムファイターズ戦で、横浜DeNAベイスターズの今永昇太がノーヒットノーランを達成した。 今季では3人目の達成者となったのだが、実は左腕に限ると2019年9月14日の大野雄大(中日ドラゴンズ)以来実に3年ぶり、26度目(23人目)だ。今回はそんな左腕投手のノーヒッター・トリビアを紹介し...
別窓で開く

大谷翔平、初回に先制を呼び込む二塁打を放つも……エンジェルスは13連敗でワースト記録更新
現地時間6月7日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行われたボストン・レッドソックス戦に「2番・DH」で先発出場。第1打席で先制の呼び水となる二塁打を放つもチームは敗戦し、13連敗となってしまった。 ジョー・マッドン監督が電撃解任されるという衝撃の中で始まったこの試合。...
別窓で開く

史上最も不運なドラフト全体1位選手?エンジェルス監督代行に就任したフィル・ネビンの数奇な運命<SLUGGER>
現地6月7日、エンジェルスがジョー・マッドン監督を解任するという衝撃的なニュースが飛び込んできた。監督代行に任命されたのは、今季から三塁コーチに就任していたフィル・ネビン。彼は一体どんな人物なのだろうか。 1971年、アナハイムに程近いフラートンで生まれたネビンは、地元のカリフォルニア州大フラートン...
別窓で開く

エンジェルスへの恨み節も…途中解任された“元名将”ジョー・マッドンは時代に追い去られた存在なのか<SLUGGER>
俳優や歌手と同じように、監督にも「旬」があるようだ。 現地6月8日、エンジェルスはジョー・マッドン監督を解任した。前日に球団史上ワーストタイ記録となる12連敗を喫したばかり。5月24日時点では地区首位に1ゲーム、貯金10だったチームの急失速の責任を問われた形だ。ペリー・ミナシアンGMがマッドン監督の...
別窓で開く

80年代の「球界の盟主をかけた戦い」を彩ったレジェンドOBが集結!西武vs巨人の交流戦に先駆けた「レジェンド・エクスプレス・ツアー」が初開催
6月7日からベルーナドームにて西武vs巨人の交流戦3連戦が開催されるのに合わせ、西武鉄道は各試合に先駆けて「レジェンド・エクスプレス・ツアー」と銘打ったイベントを初めて開催。両軍の往年の名選手たちが集結し、ファンと交流する。「レジェンド・エクスプレス・ツアー」は、池袋駅から西武球場前駅まで、ツアー専...
別窓で開く

【大谷翔平の仲間たち】“雷神ソー”のニックネームだけじゃない。豪腕復活を目指すシンダーガードの濃すぎるキャラクター性<SLUGGER>
エンジェルスは大谷翔平とマイク・トラウト以外にも、個性豊かな選手が数多く在籍している。大谷とともに先発投手としてチームを支える剛腕ノア・シンダーガードもその一人だ。彼は昨オフ、1年2100万ドルでエンジェルスに加入したばかりの新顔だが、球界全体ではすでに屈指の知名度を誇るスター選手だ。...
別窓で開く

最下位脱出どころかCS争いに食い込む!? 阪神のさらなる上昇を示唆する「データ」とは?<SLUGGER>
セ・リーグワースト記録の開幕9連敗と文字通り最悪のスタートを切った今季の阪神。5月31日には、2000年以降では最速の54試合目にして自力優勝消滅という不名誉な記録を作ってしまった。だが、ここへ来てようやく調子が上がってきた。6月1日から5連勝を飾り、自力優勝の可能性を復活させるとともに、5位のDe...
別窓で開く

【5月の投打部門別ベスト3:パ・リーグ】ソフトバンクで2人の“4割打者”が躍動!4月未勝利の上沢も5月に急浮上<SLUGGER>
6月9日に5月の月間MVPが発表されるのを前に、投打各部門の月間トップ3を紹介する。今回はパ・リーグ編だ。【打者部門】■OPS ※60打席以上1位 牧原大成(ソフトバンク) 1.1622位 山川穂高(西武) 1.1183位 今宮健太(ソフトバンク) 1.002 リーグ全体で投高打低の傾向が顕著だった...
別窓で開く

【5月の投打部門別ベスト3:セ・リーグ】2年目の牧が打撃ランキングを席巻。投手は小川や大貫が開幕当初の不振から脱却<SLUGGER>
6月9日に5月の月間MVPが発表されるのを前に、投打各部門の月間トップ3を紹介する。今回はセ・リーグ編だ。【野手部門】●OPS ※60打席以上1位 牧秀悟(DeNA) 1.1002位 村上宗隆(ヤクルト) .9803位 小園海斗(広島) .888 リーグ1位の牧は、打率が3位・本塁打も2位に入る圧巻...
別窓で開く