本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



大谷翔平、“オールドスタイル”の着こなしで2安打!エンジェルスも打撃戦を制して7対6で勝利
現地時間4月24日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたボルティモア・オリオールズ戦に「1番・DH」で先発出場。4打数2安打2得点1四球と躍動し、チームの勝利に貢献した。 この日はいつもと異なり、ストッキングを見せるオールドスタイルな着こなしで登場した大谷は初回、まず先頭打者で...
別窓で開く

「涙出てきた」佐々木朗希の“完全投球”をいきなり止めた福田周平にファンも熱狂「バリバリ最強すぎる」
見事な打撃だった。4月24日、京セラドーム大阪で行なわれた千葉ロッテ戦で、オリックスの福田周平は、相手先発で、52人連続完全投球を続けていた佐々木朗希から、初回の第1打席でライト前にヒットを放った。【動画】オリックス福田周平が佐々木の完全投球を破るライト前ヒット! 初球を一振りで決めた。...
別窓で開く

メジャーデビュー戦でのサヨナラ弾、最強守護神を粉砕した一撃——ミゲル・カブレラ「3000安打から厳選した珠玉の5本」<SLUGGER>
現地4月23日、ミゲル・カブレラ(タイガース)が史上33人目の通算3000安打に到達した。20年にわたるメジャー生活でカブレラが積み上げてきたヒットの中から、特に印象深い5本を紹介しよう。▼メジャー初安打はサヨナラ弾(通算1安打) 1999年にベネズエラ出身選手史上最高額(当時)の契約金180万ドル...
別窓で開く

「ついに打たれたんか」佐々木朗希の“完全投球”ストップにSNS騒然!「また新しい伝説を作ろう」
4月24日、ロッテの佐々木朗希が、京セラドーム大阪で行なわれたオリックス戦に先発出場。初回先頭打者の福田周平に初球を打たれ右前安打を許し、継続していた“完全投球”は17回で止まった。【動画】オリックス福田が佐々木朗希の完全投球を破るライト前ヒット! ついに佐々木の記録が途切れ...
別窓で開く

「音だけしてボールが消えた」あのダルビッシュも認めた天才ミゲル・カブレラが到達した3000安打&500本塁打の偉業<SLUGGER>
彼らしい芸術的な右打ちで快挙を成し遂げた。 現地時間4月23日、デトロイト・タイガースのミゲル・カブレラは、本拠地で行なわれたコロラド・ロッキーズ戦の初回にライト前にヒットを放ち、史上32人目となる通算3000安打を達成した。昨年8月22日には史上28人目の通算500本塁打にも到達しており、史上7人...
別窓で開く

【ポジション別ランキング:左翼手】吉田、島内、佐野に荻野。短所を補ってあまりある長所を備えた個性派たちがランクイン!<SLUGGER>
今、それぞれのポジションで最強選手は一体誰なのか? 昨季の活躍やこれまでの実績などを基にトップ5までランク付けした。今回は左翼手編だ。...
別窓で開く

【ポジション別ランキング:救援投手】連続無失点記録の平良、新人王・栗林、キューバの至宝モイネロ。剛腕ぞろいで1位に輝いたのは?<SLUGGER>
今、それぞれのポジションで最強選手は一体誰なのか?  昨季の活躍やこれまでの実績などを基にトップ5までランク付けした。今回はリリーフ投手編だ。...
別窓で開く

記録か、選手生命か——。佐々木朗希の8回完全降板で思い出した“幻の名投手”伊藤智仁の悲劇<SLUGGER>
記録か、それとも選手生命か。 4月17日に行なわれた日本ハム戦、史上初の2試合連続完全試合を目前にした佐々木朗希(ロッテ)は8回を投げ切って降板した。試合後に井口資仁監督は「もし(味方が)点を取っていても8回で代わってました。7回が終わった時点で朗希がへばりつつあったので」と、マウンドから下ろした理...
別窓で開く

【ポジション別ランキング:先発投手】若手からベテランまで多種多様な顔ぶれ。1位の昨季“投手七冠”の山本由伸に続くのは?<SLUGGER>
今、それぞれのポジションで最強選手は一体誰なのか? 昨季の活躍やこれまでの実績などを基にランク付けした。今回は先発投手編だ。...
別窓で開く

MLBの“試合時間長すぎ問題”を劇的改善?新ルール「ピッチ・クロック」がマイナーリーグで大評判!<SLUGGER>
近年、MLBの試合時間は“長すぎる”と問題となっている。 昨季の平均試合時間は3時間10分で史上最長記録を更新。これだけ長いと試合のテンポが悪くなるとあって、近年は“時短”に血道を上げている。その対策として、投手が打者に投球するまでの時間に制限を設ける...
別窓で開く


[ slugger ] の関連キーワード

オールド キューバ 佐々木 mlb ミゲル