本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



キャプテン山田は号泣! 高津監督は「崩れなかった」一体感を強調! 劇的サヨナラでヤクルトが2年連続9回目のリーグ優勝!
ヤクルトが2年連続9回目の優勝を決めた。 優勝へのマジックナンバーを「2」としていた東京ヤクルトスワローズは9月25日、本拠地・神宮球場で横浜DeNAベイスターズと対戦。ヤクルトは1対0でサヨナラ勝ちを収め、リーグ連覇を果たした。【動画】優勝の懸かる大一番で、エース対4番の対決!  試合は...
別窓で開く

ジャッジの62号記念球は3億円?所有権をめぐって法廷闘争、コレクターが“球質交渉”を展開——MLB本塁打ボール狂騒曲<SLUGGER>
現地9月23日、今季限りでの引退を表明しているカーディナルスのレジェンド、アルバート・プーホルスがドジャース戦で史上4人目となる通算700号本塁打を放った。敵地ドジャー・スタジアムのレフトスタンドに高々と弧を描いて打球が飛び込んだ瞬間、敵も味方も関係なく、誰もが快挙を祝福した。 だが、その記念ボール...
別窓で開く

「ガイジンに王の記録を破らせるな」—シーズン55号本塁打の聖域をめぐる“負の歴史”<SLUGGER>
9月13日に55号本塁打を放って以来、村上宗隆(ヤクルト)は足踏みが続いている。“球界最強打者”を各球団が徹底的にマークしている結果だが、「56」の壁をなかなか超えられない光景には、どこか既視感がある。少なくとも2013年にウラディミール・バレンティン(ヤクルト)が乗り越える...
別窓で開く

「どこへ行っても愛された」涙とともに現役生活を終えた福留孝介に米老舗誌も賛辞。「素晴らしいキャリア」と功績称える
9月23日にバンテリンドームで行なわれた巨人戦で、中日の福留孝介が24年の現役生活に別れを告げた。 6点をリードされた最終回、万雷の拍手の中で、代打として呼ばれた福留。現役最終打席をセカンドフライで終えた45歳のベテランは、ヘルメットを取ってスタジアム全体に一礼。ベンチに引き下がる際には溢れ出る涙を...
別窓で開く

プレーの主導権を再び選手たちの手へ——ピッチクロックやシフト禁止は行き過ぎたデータ野球への“防御壁”になるか<SLUGGER>
2023年から、MLBではいくつかのルールに変更が加えられる。1つは極端な守備シフトの禁止。2つはピッチクロック導入による投球時の秒数制限、および牽制回数の制限。3つ目はベースのサイズの拡大である。これらのルールは、実際の試合にどのような影響を及ぼすのだろうか。 まずシフト禁止だが、投手が球を投げる...
別窓で開く

村上宗隆の圧倒的打棒は“ボンズ級”!? 米メディアが伝えたMLBスカウトのリアル評「打撃に重きを置いた三塁手になるか」
アーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)がア・リーグのシーズン最多本塁打記録であるロジャー・マリス氏の61本まで、あと1本に迫っている。MLBでは過去6人しかいない60本の大台に乗せた怪物スラッガーの打棒には、日々ファンや現地記者、メディアが熱狂し続けている。...
別窓で開く

『東條登場』は勝利のプロローグ。ロッテ7回の男を務める東條大樹、プロ7年目の飛躍の「理由」<SLUGGER>
「すごくいい場面で投げさせていただいて、それに伴って結果も出たので良かったと思います」 今シーズン、千葉ロッテの「7回の男」として勝利の方程式に定着した東條大樹は前半戦を振り返ってこう語った。 9月20日時点で55試合に登板してで4勝3敗、防御率は1.70、リーグ4位の28ホールドを記録。プロ7年目...
別窓で開く

「ジャッジは甘い球が多いから打てる」は誤り。他の誰よりも“誤審”と戦いながら三冠王も狙う凄み<SLUGGER>
さらに言えば、ジャッジは“ジャッジ”=審判の誤審に苦しめられている選手の代表格でもあることも忘れてはならない。実は、ジャッジはストライクゾーンから外れた球をストライクと判定されたのが89球あり、こちらもメジャー最多。全投球における割合3.4%も2位と、球界で最も“...
別窓で開く

彼らはまだ折れてはいない——「異国のプロ野球への適応」に取り組む鈴木誠也と筒香嘉智の「リアルな今」<SLUGGER>
マサチューセッツ州ウースターに建てられたポーラー・パークは、レッドソックス傘下3Aウースター・レッドソックスの本拠地として、2021年に開場した収容人員1万人足らずの小綺麗な球場だ。親チーム=レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークとは正反対に、レフトに比べてライトまでの距離が近いため、右翼側に濃...
別窓で開く

コンバート? モデルチェンジ? 低迷する坂本勇人の今後のキャリアを思考する
鮮烈なデビュー以来、数々の輝かしい記録を残してきた坂本勇人が、今後の野球人生を占う岐路に立たされている。このまま数字は落ちていくのか? あるいは華々しい復活を遂げるのか? さまざな視点から考えていこう。■3度の怪我の離脱で陰りが見えたシーズン2022年、坂本勇人(読売巨人軍)にはキャリアで最多となる...
別窓で開く


[ slugger ] の関連キーワード

ヤクルト リアル mlb ロッテ