本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



大野雄大は「笑顔」と「感謝」、そして「ユーモア」を忘れない。完全試合が幻に終わっても——<SLUGGER>
ああそうだ、この男は常に「仲間」のことを想う優しい選手だった——5月6日の阪神戦、10回2死まで完全試合の快投を演じた中日のエース・大野雄大のことである。 本拠地バンテリンドームで行われた阪神戦。大野は序盤からタイガース打線を手玉に取る。ビシエドや高橋周平、岡林勇希のファインプレーも後押しし、気づけ...
別窓で開く

大野雄大、9回27人をパーフェクトに抑えるも……延長10回2死で無念の初安打を許す
もっと早くに点が入っていれば、大野雄大(中日)の快投は報われていたはずだった。 6日、大野は阪神戦で9回27人をパーフェクトに抑えながらも、延長10回2死から佐藤輝明に初安打を打たれ、大記録を逃した。 この日の大野は打たせて取る投球が冴えた。初回は近本光司を見逃し三振に仕留めた後、2番の中野拓夢をセ...
別窓で開く

大野雄大、パーフェクトのまま試合は延長戦に突入!ドラゴンズ史上初の快挙達成なるか?
果たして快投は報われるのか。 中日の大野雄大が6日、阪神戦で9回27人をパーフェクトに抑える快投を披露。完全のまま試合は延長に突入した。 この日の大野は打たせて取る投球が冴えた。初回は近本光司を見逃し三振に仕留めた後、2番の中野拓夢をセカンドゴロ、3番の佐藤輝明をサードゴロに打ち取った。その後も9回...
別窓で開く

ライバル球団は佐々木朗希をどう打ち崩すべきか? データで探る“令和の怪物”攻略の糸口は——<SLUGGER>
ロッテの佐々木朗希が休養を経て一軍の舞台に帰ってくる。ふたたび歴史的な投球を期待するファンも多いだろう。ただ相手も選りすぐりの人材が集まるプロ野球。指をくわえて見ているわけがない。 当然、ライバルたちも佐々木のこれまでの投球を研究し、対策を練っているはずだ。そこで今回は対戦チームから見て、佐々木攻略...
別窓で開く

FA権取得時期が延びる「投げ抹消」、年俸調停制度の拡充——日本にMLB並みの労使交渉があったら問題になり得る争点<SLUGGER>
このオフのメジャーリーグは、ロックアウトの話題で持ちきりだった。新労使協定をめぐってオーナー側と選手会が激しく対立。昨年12月に始まったロックアウトは99日間に及び、その影響で開幕が1週間延期となった。 争点はプレーオフ枠の拡大、ナ・リーグのDH制導入からFA補償、若手選手の待遇改善、ドラフト改革、...
別窓で開く

開幕1か月の「ブレイク投手」は? 新人クローザーの大勢&北山は今後も期待大。一方で赤星は成績悪化の可能性も?<SLUGGER>
プロ野球も開幕から1か月以上が経過。昨季上位のチームが下位に沈むなど、異なる様相を呈している。また、異なるのは選手も同様だ。昨季まで無名だった選手、あるいはルーキーのなかにも、ここまで非常に優れた成績を残している選手もいる。彼らは今後も活躍を維持できるのだろうか。4月にブレイクした投手3名をピックア...
別窓で開く

開幕1か月の「ブレイク野手」は? “4割打者”・松本は危険フラグも、三森と石川は今後も活躍をキープか<SLUGGER>
プロ野球も開幕から1か月以上が経過。昨季上位のチームが下位に沈むなど、異なる様相を呈している。また、異なるのは選手も同様だ。昨季まで無名だった選手、あるいはルーキーのなかにも、ここまで非常に優れた成績を残している選手もいる。彼らは今後も活躍を維持できるのだろうか。3・4月にブレイクした野手3名をピッ...
別窓で開く

デビューから129球連続空振りなし!イチロー級のバットコントロールを誇るルーキーは日本にも縁<SLUGGER>
開幕直後にナ・リーグで鈴木誠也(カブス)の活躍が話題となっていた頃、ア・リーグでも1人のルーキーが躍動していた。ガーディアンズの24歳の外野手、スティーブン・クワンだ。 現地4月7日、ロイヤルズとの開幕戦に「7番・レフト」でデビューすると、メジャー初安打を含む1安打2四球、翌日の同カードでも2安打1...
別窓で開く

大谷翔平、右足の張りで今季初の途中交代。エンジェルスは投手陣が9回に打ち込まれるも“薄氷の勝利”
現地時間5月1日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、敵地で行なわれたシカゴ・ホワイトソックス戦に「3番・DH」でスタメン出場。2試合連続のノーヒットに終わり、右足の付け根に張りが出たため9回に代打を送られた。 この日のホワイトソックス先発は、通算8打席で1安打、打率.125で本塁打ナシと苦手に...
別窓で開く

開幕から閑古鳥が鳴くアスレティックスの“歪み”。1試合で2703人しか集められなくても利益を上げられる理由とは?<SLUGGER>
開幕からアスレティックスの観客動員が振るわない。4月18日のホーム開幕戦(対オリオールズ)ですら、収容人員(約3万5000人)の半分程度となる1万7503人にとどまり、20日の同カードでは何とわずか2703人。1980年9月9日のレンジャーズ戦で2443人を集めて以来の低水準だった。4月30日時点で...
別窓で開く


[ slugger ] の関連キーワード

ブレイク イチロ 佐々木