本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「何て美しいスイングだ!」ジャッジの“片手一本”44号アーチに現地も感嘆。MVPも狙う主砲はシーズン64本ペースに復帰
怪物のバットが5試合ぶりに火を噴いた。 ニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジは現地時間8月8日、敵地で行なわれたシアトル・マリナーズ戦に「2番・ライト」で先発出場すると、9回の第4打席に今季44号となるソロ本塁打をマーク。1日の同カードで43号を放って以降、4試合連続で快音はなかったが、つい...
別窓で開く

打率.159の“強打者”の呪い!? ギャロ放出後のヤンキースは0勝5敗、獲得したドジャースは6勝0敗
現状は、“明暗”分かれるトレードの結果となっている。 現地時間8月2日に迎えたトレード・デッドライン。天才打者のホアン・ソトをはじめ大物選手が多数移動するなか、あまり注目されていなかった男がここにきてフォーカスされている。ニューヨーク・ヤンキースからロサンゼルス・ドジャースに...
別窓で開く

後半戦初のベンチスタートはなぜ? 大谷翔平を控えに回した舞台裏をエ軍指揮官が明かす「投げた翌日に動くのが好きなんだ」
次回登板に向け、球界屈指の偉才は万全を期するようだ。 現地時間8月8日に敵地オークランドで行なわれているオークランド・アスレティックス戦で、大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は後半戦初となるベンチスタートとなった。 44試合ぶりのベンチスタートだ。大谷は前日に行なわれたシアトル・マリナーズ戦で、...
別窓で開く

「彼の声を聞けば、映像なんて要らない」67年間ドジャース戦の実況を務めたヴィン・スカリーとファンの“幸福すぎる関係”<SLUGGER>
8月2日(現地時間)、ドジャース戦の実況アナウンサーとして67年の長きにわたってファンに親しまれたヴィン・スカリーが、94年の人生に幕を下ろした。 彼の名は「同一球団で最も長期間実況を務めた人物」としてギネスブックにも掲載されている。米スポーツ専門誌『Sports Illustrated』が2006...
別窓で開く

想定通りの継投だった市立船橋、突然の投手交代だった興南。指揮官の「準備の差」が招いたサヨナラデッドボール<SLUGGER>
起こるべくして起きた決着だったかもしれない。「(最後のチャンスを)副キャプテンの黒川(裕悟)に託したんですけども、本当にここまでいろんなことをチームのために動いてくれてた子だったので、黒川の気持ちが呼び込んだデッドボールだったのかなっていうふうには思ってます」 市立船橋高の海上雄大監督は、興南高戦を...
別窓で開く

「センガもいいけどロウキ・ササキに注目」佐々木朗希がレンジャーズ専門メディアから熱烈ラブコール!20歳の剛腕をより評価する理由とは?
千賀滉大(ソフトバンク)のメジャー挑戦の可能性が高まるなか、日本を代表するもう一人の剛腕投手も注目を集めている。 現地時間8月4日、米専門メディア『MLB Network』のジョン・モロシ記者が「MLB契約のオファーを検討すると見込まれている」と千賀のメジャー挑戦を示唆したことを機に、日米のメディア...
別窓で開く

【甲子園3日目のプロ注目選手たち】日本文理・田中と興南・生盛が今大会最速タイをマーク! 逆転劇に貢献した市立船橋の正捕手・片野も必見<SLUGGER>
いよいよ開幕した第104回全国高校野球選手権大会。大会3日目に登場したプロ注目の選手たちの活躍ぶりを振り返る。●田中晴也(日本文理3年・投手):6回 被安打8 7失点(自責点7) 3奪三振 1死球 右手人差し指のマメを潰した影響もあり、中盤に崩れて負け投手となったが、それでも随所にスケールの大きさを...
別窓で開く

足を踏まれても出続けた大谷翔平に最敬礼! 元ロッテの名将バレンタインも目を見張った精神力「サムライの魂を持っている」
真剣勝負の場で起きた予期せぬ接触プレーに球場全体もざわついた。 現地時間8月7日に行なわれたシアトル・マリナーズ戦で、大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は、不可抗力のアクシデントに苛まれた。 3回の第2打席に入る直前だ。二塁ランナーのフィル・ゴスリンがテイラー・ウォードのレフト前ヒットでホームに...
別窓で開く

“まさか”の1軍昇格後は打率4割! 阪神ロハスJr.のアピールに韓国メディアも熱視線「白鳥に生まれ変わるか」
逆境に立たされた猛虎の助っ人が、一転して快進撃を見せている。阪神タイガースのメル・ロハスJr.だ。 入団2年目の今季もロハスJr.の状態は決して芳しいものではなかった。7月末の時点での打撃成績は打率.200、本塁打4本、OPS.685。チームが新助っ人アデルリン・ロドリゲスを新たに獲得した理由の一端...
別窓で開く

“偽サイン”の出品に日ハム・伊藤大海が憤慨!「想いを込めて書いてます。踏みにじる行為はやめてください」
国内最大級のフリマアプリで偽サインが流出した日本ハムの伊藤大海が、自身のTwitterで怒りを露わにしている。 事の発端は8月7日の朝、とあるファンによるTwitterでの投稿だ。「伊藤大海選手の偽サイン。『海』の字が全然違います。他に出品しているカードの書体もどれも似ているので、非常に怪しいです」...
別窓で開く